This site
is mobile
responsive

>事業開始

ガイド #1

MIDAとのエンゲージメント

MIDAとのつながりを

マレーシア投資開発庁(MIDA)はマレーシアにおける製造業およびサービス業を振興するための主要な政府機関です。

 

MIDAとのネットワーク

MIDAのさまざまな投資振興イベントに注目してください。これらの取り組みは、貴社が多くの分野で最新情報を入手し、主要なステークホルダーとの事業機会やネットワーク求めるための優れたプラットフォームを提供します。

ガイド #2

事業の必要条件の確認

MIDA は貴社がマレーシアで事業を開始する前に知っておく必要がある重要情報を提供します。

 

投資機会:

マレーシアの健全な産業とサブセクターにおけるさまざまな投資機会を探しましょう。

 

外国投資保護のための出資比率政策

政府はマレーシア投資家と外国人投資家による合弁 / パートナーシップを奨励しています。

 

認可とライセンス附与

貴社の投資の認可と必要なライセンスの取得に関するガイドライン。

 

推奨される活動

税制優遇措置の考慮対象となる推奨活動および製品の一覧。

 

優遇措置

直接・間接の税制優遇措置は、投資推進の転換点となるもう一つのツールです。

 

事業体の登記

マレーシアで事業を行う企業は、マレーシア会社登記所(SSM)に登記する必要があります。

 

事業所の市場レート

スタートアップまたは最新鋭の工場のための事業所用地について、マレーシアにはソリューションがあります。

 

税制

マレーシアに由来する収入には所得税がかかります。税制上の必要事項を知っておいてください。

 

銀行業、金融、為替の管理

マレーシアの金融システムは、国内経済の大きく変化した複雑なニーズに対応した、多様な範囲の金融機関から成り立っています。

 

知的財産の規制と保護

マレーシアの知的財産法は国際標準に準拠しています。

 

環境管理

投資家は、プロジェクト立案の初期段階で、環境に関する要素を考慮することが求められます。

 

インフラ支援

マレーシアは、事業を助成する環境を提供するため、インフラの強化を続けています。貴社の事業が得られるインフラ支援を、マクロな視野で見てください。

ガイド #3

労働力、ビザ、移民

教育のある国内人材、または国際的なプロフェッショナルによる貴社の事業の成長をMIDAがお手伝いします。

 

雇用条件

製造業部門で専門訓練を受けた労働者への需要が拡大しているのを受け、マレーシア政府は熟練労働者の増加策を実施しています。

 

学習と開発

業界に熟練労働者を安定的に供給するための政府の取り組み。

 

賃金レート

マレーシアの労働費用は競争力のある水準に保たれる一方、生産性水準は、他の大半の工業国に比して高い水準にあります。

 

人的資源開発基金

高所得国を目指すマレーシアのビジョンに貢献する有能な国内労働力の開発を促進するために。

 

法定拠出

マレーシアには、被雇用者積立基金(EPF)と社会保障機関(SOCSO)の「法定拠出」があります。

 

海外駐在員の雇用

企業は海外駐在員の雇用を認められている一方、国内の人材を訓練することが強く求められます。

 

マレーシアへの入国

マレーシアに入国するすべての人は、有効なパスポートか、マレーシアへの旅行に有効なその他の渡航書類を所持する必要があります。

 

労働者の雇用

外国人労働者は、製造業、建築業、プランテーション、農業、サービス業、家内労働のために雇用できます。

 

友好的な労使関係

マレーシアの労使関係概要。

 

リクルートの手段

雇用者と求職者は、適切な求職者と適切な職種を探すため、ジョブズマレーシア・ポータルに無料で登録できます。

ガイド #4

プロジェクト実施とコンプライアンス

 

認可後および投資後の必要事項

税制優遇措置やその他のスキームにより受けられる支援の利益を享受するために、企業は認可を受けてから24 か月以内にプロジェクトを開始し、プロジェクトのための優遇措置の条件を遵守する必要があります。

ガイド #5

事業の拡張

 

拡張、多角化、再投資

事業運営の拡張と多角化によりマレーシアの成長する競争力を利用しようとする企業は、引き続き顧客に特化したMIDAの支援および助言サービスを受けます。

wpChatIcon