This site
is mobile
responsive

環境管理

環境管理

環境に対し健全で持続的な開発を促進するため、マレーシア政府は環境保護の法律的かつ制度的な枠組みを設けています。投資家は、事業計画の初期段階において環境という要素を考慮するよう奨励されています。汚染防止に努めるということは、汚染防止を生産工程の一部ととらえ、自主規制の文化など再利用の選択肢を重視しつつ、排出物の発生を最小限に抑えるべく生産工程を修正する可能性もあるということです。

マレーシアの国家環境政策(DASN)は、経済、社会、文化の継続的な発展のため、また環境に配慮した健全で持続可能な開発を通じてマレーシア人の生活の質を向上させるために、樹立されました。DASNの目的は、以下のことを達成することにあります。

i. 現在そして次世代のための、清潔な環境、安全、健康で生産的な環境

ii. すべての社会構成員の効果的な参加による、マレーシア独特の多元的な文化と自然遺産の保全

iii. 持続可能なライフスタイルと持続可能な消費・生産パターン。

経済発展の目標と環境的責務を調和させるために、DASNは8つの指針を定めています。

• 環境への責務

• 自然の生命力と多様性保全

• 環境の質の継続的な向上

• 天然資源の持続可能な利用

• 統合的な意思決定

• 民間部門の役割

• 誓約と説明責任

• 国際社会への積極的な参加

DASNは、長期的な経済発展と人類の発展を促進し、環境を保護し向上させるために、開発活動およびあらゆる意思決定において環境に対する配慮を組み込むことに努めています。DASNは、林業や工業などにおける、その他の国家政策の環境的側面を補完し強化するものであり、地球規模の課題に関する国際条約に対応するものです。

環境に関する必要事項

1974年環境基準法と附属規則は、環境影響評価、用地適性評価、汚染管理評価、モニタリング、法令遵守における自己規制を求めています。工業活動実施にあたっては、下記について環境基準事務局長の事前認可を取得する必要があります。

i. 規制対象事業に対する環境影響評価

ii.  建設告知書または許可書

iii.  焼却炉、燃料燃焼設備、煙突の設置に対する認可書

iv. 規制対象建物および規制対象乗り物の占有および使用ライセンス。

さらに詳しく…

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp

MIDA の担当者に連絡を

私たち の国際的プレゼンスは、常に事業に対応できることを意味します。今すぐにもマレーシアに参入し、投資を始めてください。
wpChatIcon
X