This site
is mobile
responsive

>リソース

貴社がマレーシアで事業を開始・運営する助けとなる貴重なリソース

MIDAを主要な連絡先とすれば、貴社にしかるべき人と場所を紹介し、堅実なリターンを得るために十分な知識に基づいた決定ができるよう、豊富なリソースを提供することで、貴社のマレーシアでの投資の開始を円滑化します。

マレーシアでの事業運営

マレーシアでの事業運営

投資ネットワーク

投資ネットワーク

センター・オブ・エクセレンス (CoE)

センター・オブ・エクセレンス (CoE)

科学、技術、研究開発

科学、技術、研究開発

投資レポート

投資レポート

イベント

イベント

1. マレーシアでの事業運営

マレーシアは多数の機会と競争力があるバリュー・プロポジションに恵まれています。当地で事業を行うのは容易です。当地での貴社の事業の成長を支援するために、一体となった情報とサービスが探索できます。

設立

貴社がマレーシアで事業ベンチャーを開始するためになくてはならないガイドラインです。

事業の円滑化

MIDAはマレーシアにおける貴社の事業設立や拡張を支援するためのさまざまなファシリティを提供します。

2. 投資ネットワーク

私たちは、マレーシアを投資の目的地とする貴社の計画を加速できる適切な人材とリソースを紹介します。

国際通商産業省(MITI)

MITI はマレーシアを質の高い投資の目的地とし、世界的に競争力が高い貿易国としての地位を高めるための拠点となる組織です。

マレーシア財務省 (MOF)

MOFは、マレーシアの発展と経済の進歩を保証するために経済政策および財務関連の法令・規制を監督します。また政府の歳出配分および資金調達の責任を負います。

マレーシア移民局

移民局は移民政策とサービスを監督します。また、査証、旅行許可証、就労許可証の発行の責任を負います。

人的資源省(MOHR)

MOHR は技能開発、労働、労働安全衛生、労働組合、労使関係、労働裁判所、労働市場の情報および分析、社会保障を担当します。

労働局

労働局はMOHR 傘下の連邦政府部局で、産業協調を維持するために労働法を管掌します。

労働安全衛生局

MOHR 傘下の労働安全衛生局(DOSH)は労働安全衛生関連の法制の管轄および執行に当たります。

マレーシア保健省(MOH)

MOH は保健関連の主務機関で、質の高いヘルスケアへのユニバーサル・アクセスを保証するより効率的で効果的な保健システムの提供に責任を負います。

環境局(DOE)

環境・水省傘下の連邦部局であるDOEは、環境面で健全な、かつ持続可能な開発に責任を負います。投資家は、プロジェクト立案の初期段階において環境に関する要素を考慮するよう求められます。

マレーシア税関

税関は国の間接税政策と国境警備の実施、麻薬犯罪の取り締まりを担当します。

建設産業開発庁(CIDB)

CIDB は公共事業省傘下の法定組織で、建築サービス部門の振興を担当しています。

ハラル開発公社(HDC)

域内の主導的ハラル・ハブというマレーシアの位置づけにより、HDC は、マレーシアのハラル・エコシステムの開発において業界関係会社の成長を振興・促進するための中心的な調整機関の役割を果たします。

マレーシア内国歳入庁(IRBM)

IRBM は財務省の主要な税徴収機関の一つで、直接税全体を管理します。

マレーシアデジタル経済公社(MDEC)

マレーシア・コミュニケーション・マルチメディア省の主要機関であるMDECは、マレーシアにおけるICT およびデジタル経済の成長を振興・促進します。

テナガ・ナショナル(TNB)

TNB はマレーシア最大の電力事業会社で、その中心事業はマレーシアの家庭、企業、産業に電気を供給することです。

テレコム・マレーシア(テレコム)

ブロードバンド、データ、固定回線の分野で幅広い通信サービスおよびソリューションを提供するマレーシアの通信会社です。

マレーシアにおけるその他の通信サービスプロバイダー一覧

マレーシアにおけるその他のエネルギー・サービスプロバイダー一覧

3. センター・オブ・エクセレンス(CoE)

多数の企業や機関が、域内運営の基地およびセンター・オブ・エクセレンス(CoE)としてマレーシアを選択しています。それらの投資ベンチャーを支援するのは、我が国の戦略的位置、世界クラスのインフラストラクチャー、熟練人材の入手可能性、堅牢さを増す産業エコシステムです。今こそマレーシアの優位性とCoE を、事業でリードするための戦略的ツールとして利用する時です。

サプライチェーンの能力(ネットワーク、可動性、小売り情報)

マレーシア・サプライチェーン・イノベーション大学(MISI)-センターズ・オブ・エクセレンス

石油・ガスおよび海産業

マレーシア・マリーン・アンド・ヘビー・ エンジニアリング(MMHE) センター・オブ・エクセレンス

先端エレクトロニクス

応用電磁気研究センター

マイクロエレクトロニックおよびナノテクノロジー – シャムスディン研究センター(MiNT-SRC)

先端材料および製造業

軟質土研究センター(RECESS)

先端材料・製造業センター(AMMC)

ハラル・センター・オブ・エクセレンス

セルナイ・コマース

人的資本開発・促進

鉄道産業センター・オブ・エクセレンス(ICOE REL)

技術職業教育訓練(TVET)

銀行業および金融業

ササナ・キジャン

公立高等教育機関におけるセンター・オブ・エクセレンス

マレーシアの高等教育機関の大半は学際的なセンター・オブ・エクセレンスを有しています。これらは、企業と社会一般に相互に利益となり、影響の大きい成果を得るために、業界関係会社、政府内ステークホルダー、学会全般の間で形成される戦略的パートナーシップのための持続可能なプラットフォームの役割を果たします。

ウタラ・マレーシア大学(UUM )

UUM はさまざまな分野で CoE を設立しています。その一つが試験・測定・評価センター(CeTMA)で、事業・経営領域におけるこの分野 の発展を目的としています。

マレーシア国民大学(UKM )

UKMのメディカル・センター・オブ・エクセレンスは、最も広汎な専門分野と革新的医療機器を有するエコシステムです。

マレーシア大学ペルリス校(UniMAP)

UniMAP は、産業および社会に影響と利益をもたらす質の高い研究を優先するさまざまなCoEを設立しています。

マレーシア・プトラ大学(UPM)

UPM はセンター・オブ・エクセレンス・フォー・アグリカルチャーなど複数のリサーチ・センター・オブ・エクセレンスを有しています。

マレーシア科学大学 (USM )

USM は、日本の名古屋大学が実施する国連大学の持続可能な開発のための教育プログラムに関する認定済みの地域センター・オブ・エクセレンスで、多方面での学際的なセンター・オブ・エクセレンスです。

マレーシア工科大学(UTM )

UTM 国内最高の高等機関センター・オブ・エクセレンスで、5G 技術から振動工学までニッチな分野で傑出しています。

ペトロナス工科大学(UTP )

UTP は業界関係会社と緊密な関係にあり、産業協力と戦略的研究における強みという理想的な組み合わせを提供します。

テナガ・ ナショナル大学(UNITEN )

再生可能エネルギー研究所は、再生可能エネルギーの研究開発を目的とするUNITEN ワンストップ・センターです。

4. 科学、技術、R&D

貴社の研究能力、開発能力、革新能力を増進させるためにこれらの機関がもつ専門知識を利用して、貴社の事業競争力を高めてください。

SIRIM(マレーシア工業試験所)

40 年以上にわたり技術研究と革新ベンチャーに携わってきた SIRIM は、国内産業標準開発において積極的役割を果たすとともに、技術および認証訓練プログラムを提供しています。

マレーシア・バイオエコノミー開発公社

バイオエコノミー公社は農業・食品産業省(MAFI)の傘下組織で、バイオ関連企業に対する支援、促進、アドバイザリー・サービスを提供します。

マレーシア技術開発公社 (MTDC )

MTDC はマレーシアにおける技術導入および商業化を推進し、資金管理、インキュベーション、アドバイザリー・サービスを提供します。

マレーシア・ハイテク産官管機構(MIGHT)

MIGHT は官民の間の戦略的パートナーシップを構築します。MIGHT は市場情報と予見的研究に依拠しつつ、ハイテク産業のための戦略と政策を論ずるシンクタンクであり、技術取得と能力育成の取り組みを支援します。

マレーシア科学技術情報センター(MASTIC)

科学技術イノベーション省の傘下にあるMASTIC は、科学、技術、イノベーション情報に関して最初に照会すべきセンターです。

CREST (工学・科学・技術共同研究センター)

CREST は市場主導のR&D およびE&E 業界における人材開発のための産業主導の共同プラットフォームです。

5. 投資レポートおよび統計

MIDAが精選した投資実績レポート、競争力レポート、主要統計を用いて、貴社の情報データバンクを作成してください。

マレーシア公式統計

マレーシアの経済実績と社会発展に関する最新でリアルタイムの正確なデータをご利用ください。

投資統計

マレーシアの投資実績に関してMIDAが行う年次および四半期ごとの統計をご利用になり、十分な情報を得てから決定してください。

マレーシアの投資実績レポート

一次産業、製造業、サービス業に関する年次投資実績レポートによりマレーシア経済を継続的に把握できます。

6. イベント後の資料

MIDA は種々のイベントを利用し、業界企業と主要なステークホルダーが、マレーシアにおける事業ベンチャーを支援するために入手可能な最新情報と設備をアップデートできる機会としています。ここに挙げたイベントから、貴社はすべてのプレゼンテーション・スライドおよび関連資料にアクセスできます。

イベント後の資料

wpChatIcon
X