This site
is mobile
responsive

>サービス産業>研究開発 (R&D)

研究開発 (R&D )

R&D は企業の長期的な成功にとって決定的な役割を果たすもので、これがひいては関連する経済圏の成長につながります。MIDAは、主要な事業分野において新たな顧客価値を創造する成長戦略とR&D活動を推進します。R&D はどの国でも、ウェルビーイングのために重要です。価値を創造し、その国が世界経済の中で競争性を保つようにしてくれるからです。

マレーシア科学技術情報センター(MASTIC)が毎年実施する国内R&D 調査によると、2020年までに労働者10,000人当たりの研究者数を70人とする国家目標が達成されました。

この達成は、2007年に開始された政府のマレーシア研究大学(MRU)プロジェクトに帰せられます。MRU プロジェクトは韓国とシンガポールの類似の計画に範をとったもので、マレーシアにおけるR&D の種をまき、商業化を増進し、大学院卒業生・博士号取得者の採用を増やし、マレーシアの国際的な地位を高めることを目的としたものです。

21%

国内投資

(RM1,150万)

RM5,700万

2019年の認可投資総額

79%

79%

外国投資

(RM4,560万)

RM57.0 mil

Total Approved Investments in

2019

21%

Domestic Investments

(RM11.5 mil)

79%

Foreign Investments

(RM45.6 mil)

RM30億3,000万

設備投資総額

(2019時点)

193

認可プロジェクト数

(2019年時点)

6,729

創出されたハイテク関連の就職機会

(2019年時点)

大学と連携した6企業に
R&D ステータスを認定 (2019年時点)

R&D ステータス保有企業の顧客は、R&D支出に対し二重の控除を受けられる

これにより協業が奨励され、業界パートナー企業にとって、イノベーションと競争力を改善する価値創出的研究結果とその効果にプロジェクトの重点が置かれることが保証される

マレーシアの R&D 環境は活発

8

アジア経済の中で 最も革新的な国

(世界知的所有権機関(WIPO)の 2020年世界技術革新力指数)

我が国におけるR&D エコシステムを育成しようという私たちの努力は実を結び、世界知的所有権機関(WIPO)の2020年世界技術革新力指数において、マレーシアはランクを2つ上げて全体では33 位となりました。アジアでは17の国・地域のうち 8位でした。その要因は、世界クラスの第3次教育制度、高度な資本市場、特にハイテク輸出とクリエイティブな商品の輸出に優れた堅実な民間部門にあります。

 

マレーシアは、広範な産業において、企業がR&D の願望を達成するのを、さまざまな優遇措置と資金援助を通じて、支援し続けます。資金援助は観念化から商業化まで、イノベーションのバリューチェーンを網羅します。主要なR&D 関連優遇措置には、R&D ステータス、契約R&D企業、 R&D 企業、社内R&D などがあります。

政府の援助

R&D 企業とは、マレーシアにおいて、関連会社やその他の会社にR&Dサービスを提供する企業のことです。

 

100%

10年間の 適格資本的支出の 100%が対象。

 

70%

70% この控除により各賦課年度の 法定所得の70%を 相殺することができる。

Our Success Stories

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
R&Dサービス・サブセクターにおける政策、優遇措置、施設について、詳細はこちらから。
wpChatIcon
X