This site
is mobile
responsive

>製造業>ライフスタイル

繊維およびアパレル産業

マレーシアは繊維およびアパレル・ウェアの分野において世界のトレンドセッターになっています。マレーシアのデザイナーはセレブリティ、王族、さらには国の首脳が着用する衣服を制作してきました。マレーシアの繊維およびファッションの起業家たちは、その多彩な才能により、国際的実業家の役割を十二分にこなしています。

 

繊維およびアパレル産業は常に成長を続ける市場であり、主な競争相手は中国、EU 、米国、インドです。それでもマレーシアの成熟し、確固とした繊維およびアパレル産業は、十分な成長可能性を提供します。事業機会は、世界のバリューチェーンの最上部に、また付加価値のより高い多角的生産にあります。

 

今後の業界の成長は、才能、技能、革新性に重点を置いたより強力で競争力が高いエコシステムの構築にかかっています。オートメーションなどのインダストリー 4.0の技術は、業界のフロントエンドにもバックエンドにも影響を与えます。 デジタル・トランスフォーメーションは、まったく新しく効率的な事業モデルへの道を開きました。

 

繊維およびアパレル産業が引き続き重要であることは、国の第3次産業マスター・プラン(IMP3)にもこれから公表されるIMP4にも特筆されています。それによると、工業用および技術用繊維、機能性生地、ハイエンド生地、民族生地は成長カテゴリーとなっています。私たちは、製品の質を高めつつ、手ごろな価格でメンテナンスを提供し、マレーシアの輸出収益に貢献する投資を歓迎します。

54.9%

国内投資

(RM2億4,208万)

RM4億4,095万

2019年の認可投資総額
2019

40%

45.1%

国外投資

(RM1億9,887万)

RM440.95 mil

Total Approved Investments
2019

54.9%

Domestic Investments

(RM242.08 bil)

45.1%

Foreign Investments

(RM198.87 bil)

28

認可プロジェクト件数

1,421

就業機会

RM158.2億

繊維輸出額

主なサブセクター

ライフスタイル産業は2つの主要サブセクターに分類されます。

繊維

は、上流の1次繊維と重合、紡績、織り物、編み物、湿式処理などの事業から成ります。

 

紡績

 

織り物

 

編み物

アパレル

は、衣服、履物、レザーウェア、宝飾品から成ります

衣服

既製服、個人用防護具 (PPE)アクセサリー(ラベル、ボタン、ジッパー、パッケージング等)など

履物

 

ブーツ、靴、サンダル、スリッパ、木靴など

レザー

種々のアクセサリー作製に使います。履物、自動車用シート、衣服、バッグ、製本、ファッション・アクセサリー、家具など

 

宝飾品

 

宝石または貴金属製の装身具に使う装飾品、またはブローチ、指輪、ネックレス、イヤリング、ペンダント、ブレスレット、カフリンクのようなコスチューム・ジュエリー。

マレーシアにおける主要企業

Federation of Malaysian Fashion,
Textile & Apparel Industrial

Ramatex Textiles
Industrial Sdn. Bhd

Recron Malaysia Sdn Bhd

Jin Huo Gold & Jewellery
Industries (Malaysia) Sdn Bhd

Habib Jewels Sdn. Bhd.

Bonia Corporation Berhad

Fibertex Nonwovens Sdn Bhd

Penfabric Sdn Bhd

Bata (Malaysia) Sdn Bhd

マレーシア・ファッション・繊維・アパレル連合会(FMFTA)

マレーシア・ファッション・繊維・アパレル連合会(FMFTA)は2019年、インダストリー4.0の導入を加速するマレーシアの取り組みに基づき、MIDAと共同で結成されました。

連合会結成のきっかけは、繊維およびアパレル産業のフロントエンド、バックエンドのどちらにも影響を与えてきた技術の到来によるものでした。すなわちモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、デジタル印刷、クラウド・コンピューティング、システム・インテグレーションなどの技術です。

FMFTAの目標は以下の通りです。

  • マレーシアのファッション繊維・アパレル産業の漸進的発達を調整、推進、先導し、国内消費を押し上げるとともに、国際バリューチェーンへの統合を図る
  • 業界全体を代表する意見を述べ、メンバー企業の国際的なプロモーション活動を円滑化する
  • 業界の成長を妨げる問題に関して、政策提言、戦略立案、優遇措置や戦略プログラムの推奨に当たり、政府と関係省庁間の中心的な相談役を務める

投資事例

46年におよぶ輝かしい歴史を持つボニア・グループは、数多くの成功とマイルストーンを刻んできました。その元となったのは、他に類をみない従業員と 支援的な事業環境です。マレーシアの豊富で多様な人材、優れたインフラ、堅調な経済、政府の力強い支援、手厚い投資優遇措置、戦略的位置づけ、安定した政治情勢のすべてが、ファッション業界における同社の影響力の伸張と、地域を超えた人気への道を開きました。今日では、ボニア・グループは世界的なプレゼンス、繁栄するデジタル・プレゼンスと、成長するe-コマースのプラットフォームを確立しました。

- ボニア社グループ・エグゼクティブ・ディレクターのダトスリ・ダニエル・チアン氏 (2020年)(Dato’ Sri Daniel Chiang, Group Executive Director, BONIA (2020))

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
マレーシアの製造業部門での事業開始を支援するために必要な書類とガイドラインについてはこちらをご覧ください。
企業は、investmalaysia.mida.gov.my上のInvestMalaysia ポータル経由で、申請の提出と申請状況の確認ができます。
wpChatIcon
X