This site
is mobile
responsive

>サービス産業>教育サービス

教育サービス

教育サービスのサブセクターは、幼児教育から第3次レベルおよび職業技能訓練までの幅広い範囲を対象としています。域内での傑出した教育ハブを目指す国の方針に沿って、マレーシア教育ブループリント(2015-2025年)が示す今後の道筋は、第4次産業革命(IR4.0)の技術が到来した世界で成長できる将来性のある卒業生と産業分野の有用な人材を育成することに重点を置いています。

ここ数十年の間に、私立の高等教育機関(PHEIs)が成長を遂げ、国内とASEAN域内に絶え間なく人的資源を提供しています。マレーシアにはディプロマおよび学士プログラムを有する400超の私立大学があり、多くの機関では修士および博士課程への進学を奨励しています。

2019年9月 30日時点で、マレーシアにおける第3次教育課程にある学生総数は 132万人存在し、うち 49.7% が公立大学に、50.3%が PHEIに在籍していました。 PHEI産業の規模は2018年には315億リンギットでしたが、2026年には650億リンギットまで拡大する可能性があります。

マレーシアの多元化したPHEIの全体像の特徴は、国際的なキャンパスにあります。スウィンバーン工科大学サラワク分校(オーストラリア)、カーティン大学サラワク分校(オーストラリア)、モナッシュ大学サンウェイ分校(オーストラリア)、ノッティンガム大学マレーシア分校(英国)、ヘリオット・ワット大学マレーシア分校(英国)、ニューカッスル大学医学部マレーシア分校(英国)、サウサンプトン大学マレーシア分校(英国)、レディング大学マレーシア分校(英国)、厦門大学マレーシア分校(中国)などがあります。

TVET および PHEIで技能ギャップの穴埋めを

IR4.0 技術の普及が職業の未来を変えます。PHEIに加え、技術職業教育訓練 (TVET)が、国内の潜在的な人的資源の技能を正しく改善するために、決定的に重要だと認識されています。これらの教育機関は、第4次産業革命、スマート製造業、デジタル化の課題に適する教育とスキルアップのための機会を提供します。

MIDA は引き続き、人的資源のスキルアップへの貢献を通じて生産性および能力を改善するため、企業に対して人材および技術に投資するよう奨励します。MIDAは当地にお ける貴社の投資計画のリターンを最適化する助けとなるいくつかの施設を提供します。TVET 機関の新規および拡張プロジェクトとPHEIの拡張プロジェクトは、以下のような優遇措置の対象となります。

10年間に実施された適格資本的支出の100%に投資税額控除(ITA)が適用されます。この控除で各賦課年度の法定所得の70%を相殺できます。

株式所有

100%

単科大学 / 総合大学 / TVET機関 に認められる外国資本の株式保有割合

投資家のご意見

自動車分野での重要な教育機関であるオトモティフ・カレッジは、1,870万リンギットの追加投資により、2021年に第2キャンパスを開校します。

- The Otomotif College (TOC)

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
教育、職業訓練サービス・サブセクターにおける政策、優遇措置、制度についての詳細は上記のサイトで得られます。
wpChatIcon
X