This site
is mobile
responsive

>事業の円滑化

プロジェクト加速化・調整室(PACU)

MIDA に最近設置されたPACUは、すべての認可済みプロジェクトにエンド・ツー・エンドの円滑化支援を提供します。PACU は貴社プロジェクトの認可から実行までのプロセスをさらに加速化することを保証します。プロジェクトのステータスは、MIDA のデジタル化されたシステムを通じて、リアルタイムにモニターおよび追跡ができます。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
私たちはいつでもマレーシアにおける貴社の事業ベンチャーに関与し、それを支援する用意があります。
どうかご相談ください!

マレーシアのライトハウス・プロジェクト:未来のマレーシア産業のビーコン

マレーシアのライトハウス・プロジェクトは、2018年、世界経済フォーラム(WEF)の取り組みの一つとしてマッキンゼーと共同で開始したもので、第4次産業革命(4IR)/インダストリー4.0 (I4.0)/スマート・マニュファクチャリングを可能にする技術の実現の前線にいる製造企業を確認し、指定することを目的としています。

ご不明な点がございましたら、[email protected] までご連絡ください。

マレーシアのライトハウス・プロジェクトの構成企業は、パイロット段階から大規模統合段階まで4IR/I4.0/スマート・マニュファクチャリングを採用しているキー・プレーヤーです。このため、財務上でも営業上でも大きな利益を得ています。「ライトハウス」という用語は、現在でもまだ人工知能、付加製造業、その他のインダストリー4.0 の柱となる技術の適用法を模索し、既存の生産システムのアップグレードにおける課題を克服しようとしている何千社もの他の企業にとって、これらの会社が探照灯(ビーコン)の役割を果たすことを暗示しています。ライトハウス・モデルの導入により、諸産業は現在の生産性の停滞を突破し、営業および財務に関する重要業績評価指標(KPI)のベンチマークをリセットすることができます。また、この技術により、製造業および関連エコシステムにおける効率性が新たな水準を達成することで、より良い、より清潔な世界を作ることができます。

MIDAによるライトハウスの取り組みの目的は以下の通りです。

1)    最新技術の導入およびイノベーションにより、マレーシアの位置づけを世界のトップ製造業国に変更する

2)    インダストリー4WRDを実現するための取り組みを推進するMIDAの継続的努力の勢いを継続する

3)    既存の産業セクターがライトハウスになるための支援をする

本調査用紙は、マレーシアにおける潜在的ライトハウス企業の関心を拾い上げ、記録します。附属のガイドラインが貴社の参考になるかもしれません。

MIDA ライトハウス・ガイドラインをダウンロード
MIDA ライトハウス・スライドをダウンロード
「ライトハウスへのロードマップ」記事をダウンロード
私たちはいつでもマレーシアにおける貴社の事業ベンチャーに関与し、それを支援する用意があります。
直接ご相談いただくか、下記にメールをお送りください。 [email protected]

技術の導入

未来の中心は技術にあり、その眼目は、人々の暮らし、職場、レジャーが、デジタル化とモノのインターネットを中心とした第4次産業革命(4IR)によりどう変わるかにあります。

 

インダストリー4.0(インダストリー4WRD)に関する国家政策は、第4次産業革命に対するマレーシアの応答であり、技術的集中の新時代に向けた政府のコミットメントを強調するものです。それは、生産性の向上、さらなる雇用創出、製造業における熟練した人材を集めるための、政府、産業界、学界の共同の努力です。

 

製造業は、製造関連サービスおよびエコシステム・パートナーたちと連携して、より価値が高く、多様で複雑な製品とサービスへと移行して行くものと思われます。この移行は触媒となる3つのサブセクター、すなわち電気・電子(E&E)、機械・設備(M&E)、化学薬品と、高い潜在成長性を有する医療器具、航空宇宙などの産業に押し上げられるとともに、移行を下支えする研究開発(R&D)活動を引き受けることにより、さらに強化される見込みです。

 

産業内のプレーヤー企業は、長期的な強さを保つために、イノベーションまたはR&D主導の成長を優先する必要が出てくるでしょう。研究、開発、商業化、イノベーション(R&D&C&I)に重点を置く一方、産業内プレーヤー企業はまた、スマート技術の導入により営業効率を強化するよう求められます。

 

これらの技術の導入に際して、MIDA は 貴社の事業目標達成のための、重要な戦略実行パートナーとなります。

 

私たちは、企業が社内R&D活動を行うのを奨励し、認可を受けたR&D 企業と共同作業を行うか、あるいはマレーシアにおける官民研究機関と戦略的な協力関係を結びます。私たちはまた、製造業部門の勢いをインダストリー4WRD政策の目的と同調させるために、さらなる努力を行います。

 

MIDAは引き続き、国内外の企業と技術ソリューション・プロバイダーとを結ぶネットワーク上の導管の役目を果たし、業界内プレーヤー企業がデジタル化を果たすまでの道のりを支援し、円滑化します。MIDAはまた、第4次産業革命(4IR)のための国家政策の枠組みに関して国際通商産業省と協力し、サービス業や1次産業を含むマレーシアの非製造業部門のデジタル・トランスフォーメーションを先導します。

 

投資候補企業は、MIDAの施設、報奨金、優遇措置を利用して、貴社の事業を拡大することを奨励されます。

 

私たちはいつでもマレーシアにおける貴社の事業ベンチャーに関与し、それを支援する用意があります。
どうかご相談ください!

3重らせんプログラム

知識と技術の産業への移転と知識の商業化の重要性を理解するMIDA は、国内の研究機関/大学および産業界と協力して3重らせんプログラムを開始しました。

 

このプログラムは、科学研究、イノベーション、大学発の製品および技術の商業化を通じて、大学と産業界とのさらなる連携、相互作用、スマート・パートナーシップおよび共同作業を育成するためのものです。
 

イノベーションと技術のための正しい投資は、技術部門全体を発達させ、成長を促進します。このため、官民パートナーシップの提案は、マレーシアの技術を強化しイノベーションを起こすためのきわめて大きな機会になるだけでなく、国民経済に対する激励となります。

私たちはいつでもマレーシアにおける貴社の事業ベンチャーに関与し、それを支援する用意があります。
どうかご相談ください!

投資優遇措置ポータル(i-インセンティブズ)

i-インセンティブズは、マレーシア連邦政府が提供する投資優遇措置に関する情報を提供するポータルです。マレーシア投資開発庁(MIDA)に設置された優遇措置調整・協力室(ICCO)を中心に、すべての投資優遇措置が国の投資アジェンダに沿うよう作業しています。ICCOは将来的に、優遇措置提供に関する助言を事業に行い、事業を調整するとともに、政府機関を横断する見える化を提供するためのワン・ストップ・センターとなります。優遇措置の適用範囲は流動的であるため、全省庁が提供する優遇措置のリストは随時アップデートされます。

詳細については、i-Incentivesポータルにアクセスしてください。
私たちはいつでもマレーシアにおける貴社の事業ベンチャーに関与し、それを支援する用意があります。 どうかご相談ください!

グローバル・サプライチェーンの調整

MIDA は、サプライチェーン会議や他のネットワーキング・イベントなど多数のプラットフォームを通じて、地場企業や中小企業を多国籍企業(MNC)や国内の大企業(LLC)に結び付ける働きを先導してきました。

 

国の経済成長を推進するための国内企業の可能性を認識したMIDAは、地場企業に対し、グローバル・サプライチェーンの不可欠な一部となることで、市場への働きかけを拡大し、ベスト・プラクティスを採用するよう常に奨めています。MIDAは以下の活動に関心がある企業を手助けします。

 

  1. 現地調達活動
    • サプライチェーンの強化とさらなる波及効果を得るために、MNC / LLC の存在を活用する。
    • 国内企業のために機会を創出し、サプライチェーンのギャップを緩和する。
    • MNC/ LLC を支柱として協力体制を築いた上で、ベンダー開発プログラムを通じて既存の地元ベンダーを開発、アップグレードする。
  2. ローカル・エンジニアリング・サポート
    • マレーシアの強力なエンジニアリング・サポート産業(ESI)の利用。我が国のESI は、非常に広範囲の事業に従事する企業を包括しています。例えば金型・ダイ、機械加工、金属プレス加工、金属鋳物、表面工学、熱処理、鍛造などがあります。さまざまな経済部門とのつながりがあるため、開発が必要な重要産業です。

 

私たちはいつでもマレーシアにおける貴社の事業ベンチャーに関与し、それを支援する用意があります。
どうかご相談ください!

資金調達ニーズ

MIDA は地場企業、とくに中小企業(SMEs)を支援して、とくに潜在的な財務上および技術上のギャップを埋めることで、付加的な資金源を利用できるようにします。MIDA は地域規制当局、技術プロバイダー、金融機関や、株式・事業アドバイザリー会社と緊密に協力して、地場企業の資金調達ニーズを円滑に満たすようにします。

 

私たちはいつでもマレーシアにおける貴社の事業ベンチャーに関与し、それを支援する用意があります。
どうかご相談ください!

クロスボーダー投資

MIDA は海外におけるクロスボーダー投資/直接投資を支援し、円滑化します。マレーシア企業は、市場の拡大、新たな投資機会の発見、新技術獲得のため、海外への進出が奨励されています。
 

私たちはいつでもマレーシアにおける貴社の事業ベンチャーに関与し、それを支援する用意があります。
どうかご相談ください!

MIDA のMOU パートナー

 

番号

MOU パートナー

国/

協業領域

 

1.

アムバンク (M)

 

マレーシア
(2021年)

アムバンク (M) との協業は、スマート・オートメーション助成金に基づく、専用の加速プログラムです。企業/クライアントは、一連の会合を経て、シミュレーション訓練と評価を通じ、オートメーションおよびデジタル化に関する知識を深めます。

 

2.

サイバービュー

 

マレーシア
(2020年)

下記のような価値が高いサービスに持続可能な投資を行うべく、国際的企業を勧誘するとともに国内企業を発見するための戦略的協業。

  • プリンシパル・ハブおよび国際流通センター、および
  • スマート・モビリティ、スマート・ヘルスケア、デジタル・クリエイティブなどの技術クラスターにおける革新的で技術に裏打ちされたサービス。

 

3.

スタンダード・チャータード

 

マレーシア
(2020年)

目標とする世界的な投資をマレーシアに呼び込むため。対象分野は、下記のような価値が高く、ハイテクでインパクトが高い投資。

  • 電気および電子、
  • 機械および機器、
  • 医療機器、
  • 航空宇宙、
  • 再生可能エネルギー、
  • 消費者向け技術。

スタンダード・チャータード・マレーシアの国内における専門的知識と世界的活動力により、潜在的な外国投資家は、銀行サービスおよび外国直接投資(FDI)に関する助言を受けることができます。

 

4.

ユナイテッド・オーバーシーズ銀行 (UOB)

 

マレーシア
(2020年)

付加価値の高い分野により多くの外国直接投資(FDI)を呼び込むため。優先分野は以下の通り。

  • 電気および電子、
  • 機械および機器、
  • 医療機器、
  • 航空宇宙、
  • 再生可能エネルギー、
  • 消費者技術。

本 MoU はまた、地元企業のための技術および知識の移転を円滑化し、国内に熟練労働力を育成する機会を創出します。

 

5.

カタール投資促進庁 (IPAQ)

カタール
(2019年)

本 MoUは、マレーシアで開催された第2回マレーシア・カタール合同貿易委員会会合 (JTC)で調印されたもので、経済および産業の発展に関するパートナーシップと、両国間の投資家を対象とした共同の促進活動を目的としています。

 

6.

DHL エクスプレス

ドイツ
(2019年)

DHLの潜在的な多国籍企業の顧客に対し、移転のためであれ、域内業務機能(域内業務)集中化のためであれ、また事業拡大のためであれ、マレーシアを投資目的地として検討するよう目を向けさせるため。

 

7.

中国交通建設

中国
(2019年)

工業団地、インフラ、物流ハブ、東海岸鉄道(ECRL)に準じた運輸関連の開発における協業を強化するため。
これらの経済加速化プロジェクトに含まれる可能性があるもの。

  • ECRL 回廊に沿って貿易および投資を誘致するための半島マレーシア東岸における工業団地
  • ハイテク産業およびエネルギー部門、その他の領域に関して、ECRL 回廊に沿って貿易および投資を誘致するための半島マレーシア西岸における工業団地。
  • 物品の接続性と運輸を促進するための、輸送接続地における物流ハブ。
  • 新規開発を促進し、工業団地の成長を支援するための、ECRL プロジェクトの7つの駅における運輸関連開発 (TOD) 。

 

8.

大韓貿易投資振興公社 (KOTRA)

韓国
(2019年)

文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領のマレーシア訪問に際して調印された本 MoUは、投資環境および機会、販促活動およびベストプラクティスに関する情報交換についてのパートナーシップを締結するものです。

 

9.

CIDB(建設業開発庁)

マレーシア
(2016年)

マレーシアにおける建設業界の環境に関する持続可能性と建設材料標準に関して、工業化建築システム工法 (IBS) および関連する実践の採用を強化するための協業における相乗的パートナーシップを促進するため。意識、訓練、教育の促進など。

 

10.

中国工商銀行 (マレーシア) (ICBC)

中国
(2016年)

ICBC は、両国の投資家に対する MIDAの投資促進活動と財務円滑化の実施を支援します。

11.

国際協力銀行 (JBIC)

日本
(2004年)

マレーシアにおける工業部門の促進と開発、およびマレーシア・日本間の海外投資および貿易において協力するため。

 

12.

東海銀行

 

日本
(1990年)

マレーシア・日本間の投資および貿易の促進および財務支援で協力するため。

13.

三井銀行
(三井住友銀行) [SMBC]

 

日本
(1989年)

マレーシア・日本間の工業および貿易の促進および発展を支援するため。
14.

三菱東京 UFJ銀行
(東京銀行)

日本

(1987年)

マレーシアにおける国際貿易および投資の協力および円滑化を継続するため。

 

wpChatIcon
X