This site
is mobile
responsive

>製造業>建築技術

建築技術

マレーシアの建築技術製造業の中心は、非金属鉱物業と工業化建築システム(IBS)産業です。

非金属鉱物

35.8%

国内投資

(RM20.7億)

RM57.9 億

認可投資総額

35%

64.2%

国外投資

(RM37.1億)

非金属鉱物

RM57.9 億

認可投資総額

35.8%

国内投資

(RM20.7億)

64.2%

国外投資

(RM37.1億)

29

認可プロジェクト件数

RM 137.8 億

マレーシアの貿易額に占める輸出総額

非金属鉱物製品

非金属鉱物製品産業の対象は、ガラス、セラミック、粘土製品、セメントとコンクリート、高純度アルミナHPA)の他、生石灰、重晶石、大理石、花崗岩などが含まれます。

非金属鉱物

ガラス製品
    • フロートガラス
    • ソーラーガラス
      • ソーラーガラスはソーラー技術とガラス技術を組み合わせたもので、集熱器と太陽電池モジュールの上面によく使われます。
    • 安全ガラス
    • ホウケイ酸ガラス管
    • ガラス製品
    • 建築用ガラス
    • グラスファイバー
    • ハイテク精密ガラス製品

    建設およびソーラー産業の需要増加に応えるため、本サブセクターには、機能性材料や、低放射ガラス、高性能ガラス、特殊コーティングガラスなども含まれるようになるとみられています。

セラミック製品・粘土製品
  • 従来のセラミック製品
    • 壁材、床材、屋根用タイル、浴室備品、テーブルウェア、レンガなど
  • ファインセラミックおよび先端セラミック

こちらはマレーシアでは比較的新しい分野で、エレクトロニクス、航空宇宙、医学など、幅広い先端技術に使われます

セメント製品
  • ポルトランドセメント、水硬性セメント、スラグセメント、フライアッシュセメント、混合セメント、セメント系材料など
ガラス製品
  • フロートガラス
  • ソーラーガラス
    • ソーラーガラスはソーラー技術とガラス技術を組み合わせたもので、集熱器と太陽電池モジュールの上面によく使われます。
  • 安全ガラス
  • ホウケイ酸ガラス管
  • ガラス製品
  • 建築用ガラス
  • グラスファイバー
  • ハイテク精密ガラス製品

建設およびソーラー産業の需要増加に応えるため、本サブセクターには、機能性材料や、低放射ガラス、高性能ガラス、特殊コーティングガラスなども含まれるようになるとみられています。

セラミック製品・粘土製品
  • 従来のセラミック製品
    • 壁材、床材、屋根用タイル、浴室備品、テーブルウェア、レンガなど
  • ファインセラミックおよび先端セラミック

こちらはマレーシアでは比較的新しい分野で、エレクトロニクス、航空宇宙、医学など、幅広い先端技術に使われます

セメント製品
  • ポルトランドセメント、水硬性セメント、スラグセメント、フライアッシュセメント、混合セメント、セメント系材料など

工業化建築システム(IBS)

44.7%

国内投資

(RM4億7,779万)

RM10.7億

認可投資総額

44%

55.3%

国外投資

(RM5億9,111 万)

工業化建築システム(IBS)

RM10.7億

認可投資総額

44.7%

国内投資

(RM4億7,779万)

55.3%

国外投資

(RM5億9,111 万)

工業化建築システム(IBS)

工業化建築システム(IBS)は、プレハブ建築の創出・組立方法です。プレハブ/プレハブ建築、現代建築法(MMC)、オフサイト建築などさまざまな呼称があります。建設業開発庁(CIDB)の定義によると、部材を(オンサイトまたはオフサイトの)管理された環境で製造し、輸送、設置後、現場での最小限の追加作業により組み立てる建築技術を指します。

 

IBSを利用すれば、建築期間の短縮、費用の低減、現場で出る廃棄物の最小化により、建築の生産性と品質が改善されます。プレハブ部材は環境に優しく、労働衛生および安全性の増進に寄与します。 

 

マレーシアの建設産業では、デジタル式IBSの導入 が奨励されています。公共事業省傘下の CIDB は、建設業改造プログラムCITP)を開発しました。 CITP は、環境の持続可能性に広く重点を置きつつ、マレーシアの建設産業が堅牢で、世界的な競争力を有するようになることを目指しています。

 

国内建設業は、効率化の増大、問題領域の可視化、建設計画の正確性改善のため、新興技術を採用するよう求められています。建設業界のデジタル化に関する将来的なプログラムを効率化するために、建設革命CR4.0 ロードマップが導入されました。これにはビルディング・インフォメーション・モデリングBIM )の採用などが盛り込まれています。 

モデリング技術であるBIM は、建設プロジェクトの全体を通じて、デジタル情報モデルを作成、伝達、分析、使用するためのプロセスを系統的にまとめたものです。これにより、計画・設計段階での消費時間が 15-20%節約できる可能性があります。

マレーシアにおける著名企業

YTL Cement Berhad

Kim Hin Industry Berhad

SCHAEFER KALK
(Malaysia) Sdn Bhd

Nippon Electric Glass (M) Sdn Bhd

Xinyi Glass Holdings Limited

Kibing Group (M) Sdn Bhd

Gamuda Industrial Building
System Sdn Bhd

Altech Chemicals Sdn Bhd

White Horse Ceramic
Industries Sdn Bhd

投資事例

熟練労働力、電気・ガス・水道の安定供給、整備されたインフラ、寛大な投資優遇措置、政府の強力な支援を得て、1992年、マレーシアにおけるブラウン管用ガラスの生産が順調に始まりました

- 日本電気ガラス(NEG)有岡雅行会長 [Masayuki Arioka, Chairman of the Board Nippon Electric Glass (NEG)]

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
マレーシアの製造業部門での事業開始を支援するために必要な書類とガイドラインについてはこちらをご覧ください。
企業は、investmalaysia.mida.gov.my上のInvestMalaysia ポータル経由で、申請の提出と申請状況の確認ができます。
wpChatIcon
X