This site
is mobile
responsive

>サービス産業

2019年のサービス部門の重要事項

RM1181 億

認可投資総額

4,087

認可プロジェクト件数

44,811

就業機会

79.1%

国内投資

(RM934.4 億)

RM1181 億

認可投資総額

70%

20.9%

国外投資

(RM246.6 億)

RM118.10 bil

Total Approved Investments

79.1%

Domestic Investments

(RM93.44 bil)

20.9%

Foreign Investments

(RM24.66 bil)

ヒューマン・タッチ

マレーシアのサービス部門は、国内労働力の60%以上を雇用し、GDPの過半を占めており、我が国の経済成長、生産性、収益に大きく貢献しています。オープンで規制が行き届いたサービス市場は、情報、スキル、技術、資金調達へのアクセスを容易にし、熟練労働の国境を越えた移動を可能にします。

高い価値を有する戦略的活動への移行に軸足を置いた変革が進行中です。マレーシアが第4次産業革命の受け入れに移行する中、我が国のサービス部門もまた、さらなる知識集約型、生産性主導型の産業へと進化を続けています。多数の世界的企業が、我が国で育まれる機会とコスト競争力を有する事業環境を捉え、マレーシアを自社のハブに据えて、域内・域外での運営に対応しています。

主導的な地位へ

先進国で見られるように、経済が成熟するにつれ、サービス部門がGDPに占める割合が増加します。先進国入りを目指すマレーシアにとって、サービス部門の発展は重点目標であり、同部門が成長の主要な原動力となり、経済を推進し下支えすることを目指しています。

今後は、2021-2025年を対象に成長の次の段階を構想する新サービス部門ブループリントにご注目ください。

私たちは引き続き、サービス部門のサブセクターの振興に力を注ぎます。そのためには市場性があり、知識集約性が高く、高収入の就業機会を生み出す可能性がある高付加価値の事業に対する投資を促進します。サービス部門全体がバリューチェーンを押し上げ、それにより他の主要な経済部門と力強く連携することが期待できます。

国庫にとって重要であることから、サービス部門はまた、さらなる繁栄と社会経済的格差の解決により持続可能な成長を達成するという国の目標において、大きな役割を果たしています。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
サービス業部門の政策、優遇措置、施設に関してより詳しい情報が得られます。
wpChatIcon
X