This site
is mobile
responsive

人的資源開発基金

人的資源開発基金

1993年にMajlis Pembangunan Sumber Manusia(人材資源開発協議会)として発足したPembangunan Sumber Manusia Berhad公社(PSMB)は、別名を人的資源開発基金(HRDF)といい、人的資源省傘下の行政機関です。

2001年 Pembangunan Sumber Manusia Berhad法(2001年PSMB法)に基づき、人的資源開発基金(HRDF)は、マレーシアの目標である高所得経済の達成のため、有能 な国内労働力開発のための触媒となるという役目を担っています。

HRDFは、大規模基金の運営という当初の役割から、マレーシアにおける登録雇用者および多数の中小企業に対し、新たな人材資源開発ソリューションを提供するワンストップ・センターという役割に進化してきました。

HRDFはさらに、2001年PSMB法の対象となる雇用者に対し、急激に進化する世界の事業環境に合わせて、従業員、実習生、研修生向けの再訓練や技能のアップグレードを促すためのたゆまぬ努力を続ける一方で、個別企業の要望を満たしています。

2001PSMB

従業員、実習生、研修生の研修と開発の推進、公社による基金の設立と運営、その他の関連事業の実施を目的に、人的資源開発(HRD)税の賦課と徴収を行うための法律。

2001年PSMB法の対象業種

  • 製造業
  • サービス業
  • 製造業および採石業

登録適格基準

2001年 PSMB法は63の下位業種における雇用者に適用されます(63 の下位業種すべ すべてのリストは、以下のHRDFポータルからダウンロードできます www.hrdf.com.my

種類基準
義務
(1%の税)
10人以上のマレーシア人従業員を雇用する会社
任意
(0.5%の税)
5-9人のマレーシア人従業員を雇用する会社

より詳しくはこちらをご覧ください www.hrdf.com.my

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp

MIDA の担当者に連絡を

私たち の国際的プレゼンスは、常に事業に対応できることを意味します。今すぐにもマレーシアに参入し、投資を始めてください。
wpChatIcon
X