This site
is mobile
responsive

賃金率

賃金率

製造業部門の給与と付加給付は、業種、立地、雇用の規模によって異なります。会社が提供する一般的な休暇としては、年次休暇、祝祭日、病気休暇、入院休暇、産休、忌引休暇などがあります。会社によっては、制服の支給、送迎、奨励給、シフト手当、保険料などを含む付加給付を提供しています。ボーナスは、会社の業績や個人の業績に応じて支給されます。

2019年1月1日から、2018年(改正)最低賃金施行令[P.U. (A) 305/2018]が施行されます。この改正により、民間の雇用者は従業員数に関わらず、新たな最低賃金料率に準拠しなければならなくなります。

2019年1月1日から施行される最低賃金料率は下記の通りです。

最低賃金率

マンスリー

日々

RM1,100

日勤の数
毎時

6

RM42.31

RM5.29

5

RM50.77

4

RM63.46

製造業における給与と付加給付の詳細については、マレーシア経営者連盟(MEF)のウェブサイトを参照。 www.mef.org.my.

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp

MIDA の担当者に連絡を

私たち の国際的プレゼンスは、常に事業に対応できることを意味します。今すぐにもマレーシアに参入し、投資を始めてください。
wpChatIcon
X