contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Mattan Engineering Sdn Bhd

Mattan Engineering Sdn Bhd

MATTANは、マレーシアで複数の再生可能エネルギー分野(太陽光発電、バイオガス、バイオマス、小水力発電)に関する設計・調達・建設・試運転(EPCC)ソリューションを提供する大手企業です。またMATTANはコンサルティング、運転および修理(O&M)、財務モデリング/資金手当からプロジェクト管理に至るまでの、ワンストップ・ソリューション・サービスも提供しています。

MATTANはマレーシア資本のエンジニアリング企業であり、Matt TanとLevin Tanが2012年に、固定価格買取(FIT)(および後に政府が提供した住宅および工業セクター向け大規模太陽光発電(LSS)プログラム)を利用する目的で創業しました。当初はごく小さな会社で、従業員が3人しかいなかった当社は、2020年までの8年間で飛躍的な成長を遂げ、完成したプロジェクトの総発電能力は100 MW超、工事中のプロジェクトは90 MW、従業員数は77人、全セクターの完成済みプロジェクト数は90件以上と、傑出した実績をあげています。

MATTANは、全プロジェクトを通じて顧客の収率を高めるために精密工学と価値工学を重視していおり、従業員を最も重要な資産として扱っています。「しかしこうした実績は、マレーシア政府からの支援と優遇措置なしでは不可能だったでしょう。我々は、政府がLSSプログラムや、バイオガス、バイオマスおよび小水力発電のFIT制度などの再生可能エネルギー(RE)プロジェクトを推進し、様々な魅力的な優遇措置を提供してくれたことに感謝しています。」とグループ会長のMatt Tanは言います。業務執行会長のLevin Tanは加えて、「プロジェクトを期限内に完成させることは、顧客にとって最優先事項であるだけでなく、政府がRE目標を実現できるようにするために欠かせないことです。地元業界の数少ないパイオニアの1つとして、当社は世界的な再生可能エネルギーへのシフトを先導する責任があるがと考えています」と述べました。MATTANはこれからも再生可能エネルギー産業に貢献し、マレーシア経済とのつながりを強化していく方針であり、マレーシアだけで MATTANは、全プロジェクトを通じて顧客の収率を高めるために精密工学と価値工学を重視していおり、従業員を最も重要な資産として扱っています。「しかしこうした実績は、マレーシア政府からの支援と優遇措置なしでは不可能だったでしょう。我々は、政府がLSSプログラムや、バイオガス、バイオマスおよび小水力発電のFIT制度などの再生可能エネルギー(RE)プロジェクトを推進し、様々な魅力的な優遇措置を提供してくれたことに感謝しています。」とグループ会長のMatt Tanは言います。業務執行会長のLevin Tanは加えて、「プロジェクトを期限内に完成させることは、顧客にとって最優先事項であるだけでなく、政府がRE目標を実現できるようにするために欠かせないことです。地元業界の数少ないパイオニアの1つとして、当社は世界的な再生可能エネルギーへのシフトを先導する責任があるがと考えています」と述べました。MATTANはこれからも再生可能エネルギー産業に貢献し、マレーシア経済とのつながりを強化していく方針であり、マレーシアだけで

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X