This site
is mobile
responsive

Petrofac Malaysia

Petrofac Malaysia

Petrofacは、創業から15年以上が経過した後、マレーシアへの事業拡大を決定しました。Petrofac Malaysiaはマレーシア政府とPETRONASから権限を付与され、2006年から積極的に事業を実施し、石油・ガス生産を行っています。Petrofac Malaysiaの主な役割は、税務上の優遇措置を得てマレーシアの石油・ガス人材の確立を支援し、熟練した外国人専門家が現地の人材と協力しながら仕事ができる状況を整えることです。

PM304は当初、限界油田に分類されていましたが、現在ではマレーシア最大の油田の1つとなっています。さらにPetrofacは、センドー油田の運営会社となり、パートナーであるKuwait Foreign Petroleum Exploration Company(KUFPEC)、PetroVietnamおよびPETRONAS Carigali Sdn Bhd (PCSB)と協力しながら、段階的プログラムに基づいて同油田の開発を進めています。開発開始からわずか16ヶ月後の2006年にはファーストオイルを生産し、現在では約2億バレルを生産できると見られています。Petrofacは、センドーのフェーズ2プロジェクトで1,000万時間にわたり休業災害(LTI)ゼロを実現し、ウエストデサルではPETRONASの承認を得てからわずか18ヶ月後の8月にファーストオイルを生産するなど、引き続き優れた業績をあげています。ベランタイ・プロジェクトは、約10億米ドルの投資を伴う海洋ガス田の開発プロジェクトです。このファストトラック開発は、わずか21ヶ月で最初のガスに到達しました。

またPetrofacは、顧客のために設計・調達・建設・据え付け・試運転(EPCIC)の様々な一括プロジェクトを実施してきました。2011年12月には、SEPAT海洋油田の早期生産システム(EPS)でファーストオイルを達成しました。このEPCIC業務は東南アジア初の一括海洋EPCIC契約でした。またPetrofacはPCSBからベコックCプラットフォームの改修に関する2億2,000万米ドルの契約を受注しました。

Petrofacはさらに、設計から建設管理までの需要に対応するPetrofac RNZと呼ばれる傘下のエンジニアリング・サービス企業を通じて多くの海洋プロジェクトを完成させてきました。アジア太平洋地域の従業員は700人増加し、1,500人となりました。

Petrofacは、PETRONASと協力の下、トレンガヌ州にINSTEP総合石油・ガス研修センターを設立し、熟練労働者向けに世界レベルのプログラムを提供し、技術研修を行うためのインフラを設計および建設することで、成長を続けています。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X