contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

OSRAM Opto Semiconductors (M) Sdn. Bhd.

OSRAM Opto Semiconductors (M) Sdn. Bhd.

OSRAM Opto Semiconductors GmbHは、照明、センシングおよびビジュアライゼーション・セクター向けの光電子工学半導体を製造する世界的大手の1つであり、半導体、コンバータ素材およびパッケージングに関する幅広いノウハウを有しています。

ドイツのレーゲンスブルクにある本社と、ペナン州(マレーシア)の生産拠点、そして世界の営業所ネットワークでは、4,600人以上が働いています。

当社は、光電子工学半導体コンポーネントの30年以上にわたる開発・製造で培った経験を活かしています。

それを裏付けるように、当社は様々な半導体技術分野で3,000件以上の特許を取得しています。加えて、照明セクターでは、親会社OSRAMの100年前の実績にさかのぼる豊富な経験があります。

この集中的な知識や、革新的な製品、技術およびビジョンが相まって、OSRAM Opto Semiconductorsは照明アプリケーション向け半導体技術に関するあらゆる事柄において、非常に優秀なパートナーとなっています。

OSRAM Opto Semiconductors (Malaysia) Sdn. Bhd.には、精密性とタイムリーな製品開発を両立させた、優れた技術革新の実績があります。

当社のペナン州の拠点では20年以上にわたり、世界中に販売するLEDを製造してきました。現在、ペナン州には世界最先端のLEDチップ工場があります。

LED市場は成長著しい未来の市場であり、非常に大きな可能性を秘めています。Osramは長期的に、市場の首位の座を確保することを目指しています。

当社はイノベーションだけでなく、ドイツとマレーシアの施設の生産能力の拡大にも投資しています。レーゲンスブルクとペナン州は当社の成長戦略の重要な柱であり、革新的なLED技術の拠点でもあります。

レーゲンスブルクのメイン工場に加えて、ペナン州のウェーハ製造工場では、大量の照明および消費財アプリケーション向け需要の高まりに応えるため、最新の窒化技術を用いてLEDチップを製造しています。

新工場への総投資額は、最終的に数千万ユーロ台後半となり、800人超の新規雇用を創出し、OSRAMは北部地域で最大の雇用主の1つとなる見通しです。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X