contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Dell

Dell

Dell Asiaがペナン州に設立した最新工場であるアジア太平洋地域第2カスタマーセンター(APCC2)は、当社の今後3年間の地域的拡大において重要な役割を果たす予定です。2001年3月に操業を開始した同施設は、Dellの既存工場の5倍の大きさであり、生産力は2倍です。APCC2はノートパソコン、PCおよびサーバーを年間200万台生産することが可能です。

この新工場は、マレーシアおよび地域に対するDellの信頼を表しています。当社は米国経済の減速を恐れてはいません。当社はアジア太平洋事業に自信を持っており、この地域が更に成長していくと予想しています。

Dellが複合施設の設置場所としてこの場所を選んだのは、アジア太平洋地域におけるマレーシアの戦略的立地のためです。中国の厦門、テキサス州のオースティン、アイルランドのリムリックにある当社の施設が、それぞれグレーターチャイナ、米州、欧州にサービスを提供しているのと同様です。またマレーシアは確立されたインフラと高度な訓練を受けた労働人口によって支えられており、当社はその労働人口の中から選んだ従業員に直接的な事業モデルの運営を任せています。

マレーシアは、イノベーション、起業家精神、そしてテクノロジーを牽引役として、知識経済の実現に真剣に取り組んでいます。Dellはこれを支援し、目標の完全な実現に貢献していく方針です。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X