contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Daimler Chrysler

Daimler Chrysler

マレーシアでのメルセデス・ベンツ車の正式な販売は、1951年にフランチャイズ販売会社であるCycle & Carriageによって開始されました。現在、メルセデス・ベンツのCクラス、EクラスおよびSクラス乗用車と、商用バスのシャシーおよび原動機は、現地で組立を行っています。Aクラス、Mクラス、Cクラス・スポーツ・クーペ、CLKおよびSLといったそれ以外のニッチな車種は、完全に国外から輸入しています。

世界の大手自動車会社の一角を占めるDaimler Chrysler AG(DCAG)は、マレーシア市場に、自社の製品とサービスに対する大きな潜在的需要があると判断しました。当社は、事業に有利なマレーシア政府の政策と、マレーシアの強力なマクロ経済的枠組み、堅固なGDP成長率、およびコスト競争力は、これからも外国人投資家に魅力的な投資機会と高いリターンを提供し続けると確信しています。

Daimler Chrysler Malaysia Sdn Bhdは、DCAGを支配株主として、約RM1億3,400万を投資し、DCAGとCycle & Carriage Bintang Bhdの合弁事業として2003年1月に設立されました。新設されたDaimlerChrysler Malaysia Sdn Bhdは、マレーシアでのメルセデス・ベンツの乗用車、商用車およびスペア部品の卸売販売を管理すると共に、グローバル・セールス・ソリューション用のソフトウェア開発サービスと、自動車車に関する新人研修を提供しています。当社はブランド・ポートフォリオを拡大し、スマート乗用車や、マイバッハおよび三菱ふそうの商用車の卸売販売を加えました。独特のスキルと独創性を備えたDaimlerChrysler Malaysiaの250人の従業員は、お客様から期待される高品質の技量を提供しています。高度に発達したインフラと、教育を受け、生産性の高い従業員を武器に、当社はメルセデス・ベンツ・ブランドとその伝統を新たな高みに引き上げようとしています。

DRB-Hicomとの合同組立事業に関する別の大プロジェクトでは、約RM1億を投資し、ペカンとクアンタンに基準となる組立施設を新設しました。この施設は、マレーシア随一の組立工場として、最高品質の車両と、現地で組み立てられた最も多様な車種を生産することを目的としています。

マレーシアは投資家に多くの利点を提供しています。マレーシア政府は同国の投資環境の改善に熱心に取り組んでおり、とりわけ同国をASEAN地域の自動車ハブの1つへと発展させるため、継続的な支援と取り組みを行っています。当社がマレーシアへの投資を決めたのは正しい選択であり、投資を更に拡大し、マレーシアの自動車産業の成長をお手伝いできることを楽しみにしています。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X