contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Dutch Lady

Dutch Lady

当社は第2次世界大戦後にマレーシアに進出しました。1963年、オランダの親会社であるRoyal Friesland Foods NV(RFF)は、この独立間もない国の将来性を信じ、プタリン・ジャヤの10エーカーの敷地に最初の工場を建設しました。DLMIはその後1968年に、乳製品企業としては初めて地元の証券取引所に上場を果たしました。

当社はその後も成長を続けています。RFFは、その貴重な独自の配合や、優れた技術的ノウハウと研究開発を通じて、当社がマレーシアの消費者や輸出市場向けに幅広い高品質の乳製品やフルーツベース飲料を製造するのを支援してきました。現在、当社の乳製品とフルーツベース飲料は消費者から強く支持されており、Dutch Lady、Frisian Flag、Frisolac、Completa、CalcimexおよびJoyなどのブランドで知られています。

「マレーシアの主な魅力は、安定した政府、優れたインフラ、熟練従業員、そして税優遇政策です」とマネージング・ディレクターのCees Ruygrokは言います。「RFFは2005年に、マルチメディア・スーパー・コリドーの中央に位置するサイバージャヤにSAP地域コンピテンシー・センターを設立しました。同センターは、アジア太平洋地域の5ヶ国に技術、開発およびプロジェクトに関する支援を行っています。」

Dutch Ladyはマレーシア経済の様々なセクターを結びつけることに貢献しています。当社は地元の新鮮な牛乳を家畜衛生部から購入する最大の調達企業であり、パーム油や砂糖など、地元で採れた材料を大量に自社製品に使用しています。

Dutch Ladyは数十年にわたり、質の高い乳製品をマレーシアに供給するために尽力してきました。現在、Dutch Ladyは大手乳製品企業3社の1つに数えられており、マレーシアの乳製品部門で最も信頼されている企業の1つでもあります。Dutch Ladyのウェブサイトwww.dutchlady.com.myをご覧ください。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X