contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Eastman

Eastman

Eastman Chemical Companyは、東南アジア4ヶ国の11ヶ所を2年間かけて調査した結果、年間3万トンのコポリエステル樹脂を生産する工場をマレーシアのパハン州に建設することを決定しました。地域市場へのアクセス、競争力のある価格の原料へのアクセス、優秀な従業員を採用できる可能性、事業に適した環境、および物流を含め、14項目を評価しました。総合的に見て、クアンタンに近いゲベン工業団地が、質の高さとアジアへのアクセスという点で、Eastmanがこの地域で初めて完全所有する工場のグリーンフィールド開発に最適と判断しました。

予定より早く、予算内で工場を建設できたことから、Eastman Chemical Malaysiaはアジア太平洋地域のコポリエステル市場で好調なスタートを切り、操業1年目に30%の成長を遂げました。製造開始からわずか6ヶ月で黒字化し、Eastman社内では、世界各地の他のスタートアップ事業の見本と称賛されました。

マレーシアの高スキルの献身的な専門的人材は、元々高かった当社の予想を更に上回りました。それに加えて、連邦政府と州政府による事業への支援、質の高いインフラと物流網の存在が、マレーシアを投資先として際立った存在にしています。

1998年5月以降、Eastman Chemical Malaysiaは不適合項目なしでISO 9002認定を付与されるなど、多くの業績を達成してきました。EastmanのSpectarおよびEastarコポリエステルのキャッチフレーズである「可能性を想像する」は、マレーシア工場で製造される原料の多用途性を指しており、マレーシア生活のあらゆる側面に見て取れる「Malaysia Boleh!」(マレーシアならできる!)精神の典型的な例です。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X