contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Lucas

Lucas

1981年、Lucasは、自動車向け電気・エレクトロニクス製品の低コストの製造拠点によって当時の英国の親会社を支援するため、海外生産施設を設立しました。当時Lucasがマレーシアを選んだ理由は、政治的・財政的に安定しているという評判や、政府の外資自由化政策、税務上の優遇措置、および十分な教育を受けており、学習意欲が高く労働人口にありました。もう1つの非常に重要な要因としては、海路と空路の交通手段が発達しており、欧州顧客へのジャストインタイム納品が可能なことが挙げられます。

Lucasは、生産施設の設立決定から26週間で、最初の建物を予算内で完成させました。1982年当時、精密プラスチック成形や金属プレス加工をはじめとする、支えとなるインフラは、現地のSMIが品質、コストおよび納期に関する国際社会の期待に応えられるよう、積極的なサプライヤー開発プログラムが必要な状況でした。今日の投資家は、Lucasのようなパイオニア企業が、現地のサプライチェーンを世界レベルの製造基準に適合するように開発した成果を享受しています。

元々有利だった事業環境は、進出初期の頃から年々改善されていき、Lucasは1988年に再び新しい建物への投資と拡張を行い、1998年後半に現地にR&D施設を建設しました。これにより、今後新 製品の研究、設計、開発および検査の自己充足度を高めることができる見通しでした。

マレーシア進出から20年間が経過するLucasは、マレーシアにおける優れた生活の質を全面的に証明することができます。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X