This site
is mobile
responsive

カネカ(Kaneka Corporation)

カネカ(Kaneka Corporation)

カネカは現在、ベルギー、米国、シンガポール、マレーシア、中国、台湾、オーストラリア、インド、ベトナムなど国外に合計23の子会社を有しており、全世界の総従業員数は8,600人超にのぼります。カネカのマレーシア事業は、PVC製品用の強化剤と加工助剤の製造を目的として、1995年8月にパハン州クアンタンのゲベン工業団地にKaneka (Malaysia) Sdn. Bhd.を設立した時から始まります。他の企業は、発泡ポリエチレンおよびポリプロピレンペレット、ビーズおよび厚板、DPVC & EPVCペースト、合成繊維、ポリイミドフィルム、グラファイトシートおよびグラファイトシート・ステッカーなど様々な製品を製造するために後から設立されました。マレーシアのカネカグループ企業は以下の5社で構成されています。

1.Kaneka (Malaysia) Sdn. Bhd [KM]

2.Kaneka Eperan Sdn. Bhd [KEP]

3.Kaneka Paste Polymers Sdn. Bhd [KPP]

4.Kaneka Innovative Fibers Sdn. Bhd [KIF]

5.Kaneka Apical Malaysia Sdn. Bhd [KAM]

またカネカは、アジアシフト政策に基づき、RM10億超をかけてマレーシアにMSポリマー、生分解性ポリマーPHBHおよびモダクリル繊維プロジェクトなどの新たな事業を設立している段階です。

カネカがマレーシアへの投資を続けると決定した大きな理由は、失業率や債務返済比率が低く、力強いマレーシア経済、魅力的な税務上の優遇措置を通じた政府による支援策、高度に発達したインフラ、政治的安定性、教育を受けた労働人口、および他の支援設備が整っていることにあります。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X