contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Finisar

Finisar

Finisar Corporationは2001年にペラ州への投資を開始し、Seagate Technologiesが5年前に建てた工場をRM3,000万で取得して、2月8日にFinisar Malaysiaを設立しました。この施設は19エーカーの土地に建っており、建物面積65万平方フィートのうち20万平方フィートが製造フロアとなっています。自社工場に投資する主な目的は、品質と知的財産に対する社内の管理を強化し、全体的なコスト効率を高めることにありました。

2001年に行った最初の設備投資では、RM7,000万を投じ、初年度の従業員は300人でした。以来、当社はこの工場にRM6億1,000万以上を投資し、今や従業員数は5,000人を超えるまでに成長しています。

マレーシアは米国外の重要な製造拠点です。マレーシアとのビジネスが容易であることと、適切な工業スキルと高い英語力を持った、技術職とそれ以外の有能な人材が理由です。またマレーシアは戦略的立地に位置しており、強力なサプライチェーン・インフラが自然災害の影響を受けないため、1年を通じて中断することなく事業を行えるのは当社にとって大きな利点です。 マレーシア投資開発庁(MIDA)は、ペラ州のイポーにおける新世代送受信機モジュールの設計・製造についてパイオニア・ステータスの優遇措置を認め、常にFinisarの成功を支援してきました。2016年2月には当時の首相が、駐米マレーシア大使のDatuk Dr. Awang Adek Hussinの同席の下、MIDAからの承認状を、Finisar Corporationの最高経営責任者(CEO)であるJerry Rawlsにサンノゼで直接手渡しました。FinisarのCEOであるJerry Rawlsはこの時、イポーの事業を拡大するため、RM4億の追加投資を行うと発表しました。

Finisar MalaysiaはFinisar Corporationにとって引き続き重要な製造施設であり、ペラ州の製造業GDPの23.1%と全体的なGDPの4.7%を占めるため、ペラ州の重要な企業と見なされています。

当社は世界の光学送受信機市場の大手企業であり、世界中の顧客やパートナーから寄せられる多くの称賛が、当社の成功を物語っています。またここ数年は、マレーシア生産性公社(MPC)のリーン製造業優秀賞、マレーシア製造業者連盟(FMM)のアイコン賞、国際貿易産業省(MITI)のインダストリー・エクセレンス/AKIアワード、世界人材開発会議(インド)のベスト・エンプロイヤー・ブランド・アワードおよびベストHRリーダー・アワード、アジア太平洋品質組織(APQO)フィリピンのベスト・イン・クラス・アワードなど、有名な賞を獲得しており、当社の成功は高く評価されています。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X