contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

China Shipping Group Company

China Shipping Group Company

China Shipping Group Companyは、東南アジアにあらゆる種類のフィーダー輸送網を構築するため、東南アジア地域本部をシンガポールからマレーシアに移転することを決めました。この移転には、クラン港ウエストポートをASEAN諸国とつなぎ、またマレーシアでのマーケティング活動により積極的に関与するという2つの目的がありました。China Shippingは2005年に、クラン港ウエストポートの主要海運会社の中で第2位にランクインしました。

「私たちはこの移転により、中国とマレーシアの間だけでなく、中国とASEAN諸国の間でも貿易が活発化すると考えています」とChina Regional Shipping Holdings Sdn Bhd.のバイス・プレジデントであるLi Zuomingは言います。「また当社は、マレーシアで海運業務に注力することにより、クラン港を地域の競争力ある海運ハブへと発展させるのを支援できると考えています。」

China Shippingの総資産額は400億元(50億米ドル)、船舶は400隻、総載貨重量は1,150万トンです。同グループの傘下は、タンカー、不定期貨物船、クルーザー、コンテナ船、および特殊貨物船の5つの海運部門があります。

当社の事業内容は多角的であり、物流、ターミナルの経営、金融・投資、エンジニアリングおよび人材斡旋、供給・貿易、情報技術に携わっています。 China Shippingは過去数年間にコンテナ輸送事業を大幅に拡大し、現在では100隻以上(総積載量:20フィートコンテナ35万個分)のコンテナ船を運航し、中国の国内および国外との取引に対応しています。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X