contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Broadcom

Broadcom

Broadcom(NASDAQ:AVGO)は、アナログ半導体およびデジタル半導体の幅広い接続ソリューションを提供する大手グローバル・サプライヤーであり、テクノロジー大手のAT&T/Bell Labs、Hewlett-Packard、Lucent、LSIおよびBroadcom Inc.から受け継いだ豊かな技術遺産にルーツのある、50年に及ぶ優れたエンジニアリング実績を持っています。Broadcomの製品ポートフォリオは、有線インフラ、無線通信、企業向けストレージ、産業向けという4つの主要エンド市場における複数の用途に対応しています。

Broadcom Global Operations(旧Avago Technologies Limited(AVGO))は、バックエンド業務をペナン州に一元集中化することで、2015年~2018年にマレーシアで成長を遂げました。パッケージ・デザイン、SWテスト開発、製品エンジニアリングおよびグローバル・サプライチェーンを主要業務としていました。2017年9月、Broadcomはマレーシアのペナン州バトゥカワンに当社唯一のグローバル流通ハブを設立しました。この流通センターから出荷される製品は当社収益の95%以上を占め、マレーシアのGDPに占める輸出に対する貢献度は国内企業最大と言われています。このことは、マレーシアに対する当社の信頼と、ペナン州およびマレーシア北部地域における大規模なサプライチェーンのオートメーション化と物流の更なる推進に対する当社の比類ないコミットメントを表しています。Broadcom事業の成功は、Inari Technology、ASE Malaysia、TF-AMD、Flextronics、Sanmina、Tessolve Ltd、Aemulus、MI Equipment、PSDC、Invest Penangなど、ペナン州に拠点のある優秀なMNC/SMEパートナーに大きく支えられています。

業界の複雑なニーズを理解し、それを正確に対応することに焦点を当てたマレーシア投資開発庁(MIDA)の姿勢は、信頼できる政府機関であることの証拠であり、MIDAは、BroadcomのマレーシアにおけるR&D、エンジニアリングおよびサプライチェーンに関する成功を支援してきました。Broadcomのグローバル流通ハブの初期段階にBroadcomのシニア・バイス・プレジデントとMIDAの幹部の間で起きたことは、MIDAによるニーズ対応の1例です。MIDAはBroadcomの要請から1週間以内に、要請をすべて支援すると確約しました。加えてMIDAは、Broadcomが最も効率的かつ効果的に業務を行えるよう、財務省(MOF)、マレーシア内国歳入庁(IRB)およびマレーシア関税局など他の省庁や機関をまとめる上で、極めて重要な役割を果たしました。さらに、プリンシパル・ハブとしての優遇措置など、MIDAから得た承認や、マレーシア関税局から得た私設保税倉庫としての地位および物流倉庫への輸送に関する免除措置は、Broadcomの複雑なサプライチェーンの枠組みにプラスとなりました。

Broadcomは、業界が長期的に成功を収められるかどうかは、豊富な知識を持った人材プールにかかっていると考えています。BroadcomはMIDAと共に、地元の大学、教育省および人材公社と協力しながら、多くの戦略的取り組みを行いました。Broadcomはその一環として、産業界の最新のニーズに応えるための技術教育シラバスの推進や、一部の教育機関を通じた、様々な先進技術に関する知識移転の開始に貢献しました。Broadcomがマレーシアで成長を続けてこられたのは、MIDAと、様々な政府部門との協力があってこそです。我々はBroadcom Malaysiaを技術革新の見本とし、未来の夢を実現したいと考えています。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X