This site
is mobile
responsive

Other Services – Utilities

公益事業

公益事業サブセクターにはエネルギーおよび水道事業があります。エネルギー・サービスは、テナガ・ナショナル(TNB)、サラワク州電力供給公社(SESCO)、サバ電力会社(SESB)が運営する発電、送電、配電事業です。水道事業は、国家上下水道事業委員会(SPAN )と水道資産保有・管理機構(PAAB)が運営します。

 

2019年に本サブセクターでは、総額325億8,000万リンギットの投資が認可され、サービス部門では不動産に次いで2番目の寄与度となりました。

 

政府は新たなインフラと最新の技術実装に対する継続的投資を通じて、エネルギーおよび水道事業の長期的持続可能性を担保するための措置を取っています。将来のエネルギー経済において卓越したガバナンスを保つことが、再生可能エネルギーとエネルギー貯蔵技術制御の方向を定めるに当たり、重要となります。政府は、低炭素で資源効率の高い国を作ることを目的としたグリーン技術開発のためのグリーン技術基本計画(2017-2030年)で、目標を示しています。

エネルギー部門の目標

再生可能エネルギー (RE)

2020年2025年2030年

20%

RE ミックス (設備容量)

23%

RE ミックス(設備容量)

30%

RE ミックス (設備容量)

エネルギー効率

2025年2030年

10%

電力消費削減分

15%

電力消費削減分

出所: グリーン技術基本計画(2017-2030年)

水道事業の目標

統合流域管理

2025年2030年

10%

(淡水抽出率)

15%

(淡水抽出率)

水処理・配水技術

2025年2030年

25%

無収水

20%

無収水

雨水利用技術

60%

雨水採取システムが設置されるマレーシアの都市の割合

排水処理

2030年

100%

の沈殿物を再利用 へ

33%

の処理水を再利用へ

出所: グリーン技術基本計画(2017-2030年)

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
公益事業サブセクターにおける政策、優遇措置、施設について、詳細はこちらから。
環境・水省(KASA)のウェブサイトで詳細な情報をご覧になれます
エネルギー・天然資源省(KETSA)のウェブサイトで詳細な情報をご覧になれます
wpChatIcon
X