This site
is mobile
responsive

ダイナミックな熟練労働力

ダイナミックな熟練労働力

訓練可能で教育水準が高く、数か国語に堪能で多元化したマレーシアの労働力の人材プールは、我が国の経済成長の基盤です。マレーシアには公立と私立の第3次教育機関がそれぞれ20と53あり、その他にも1,400を超える技術・職業系の教育・訓練校(TVET)があります。これらはマレーシアの人材プールの成長を支援するために、さまざまな政府機関が設立したものです。2019年には、425万人の卒業生が雇用されており、2018年比で6.9%増、また約 63%が専門職、技術職、準専門職に就いていました (出所 : DOSM) 。

全分野において人的資源を持続的に支援する政府の助けを得て、マレーシアの労働力の質は、域内最高水準にあります。平均的なマレーシア人は、最低2つか3つの言語を話せます。英語の習得水準は高く、学校を出て労働市場に参入した時点で最低でも11年の正式な教育を受けています。

マレーシアの教育ブループリント 2015-2025年は、大学と産業の産学共同を推進しています。これにより、産業部門がカリキュラムの設計を主導することや、実習生制度、実地研修、実物を使ったシミュレーション、雇用者による特別訓練プログラムなどを共同で実施できるようになります。

マレーシアはまた、将来の職業に必要な技能を新しい世代に身に着けさせています。教育ブループリント2013-2015年(就学前から2次教育後まで) は、STEM教育の授与プロセスを強化するためのロードマップです。学生たちは、基本的なプログラムのやり方を学び、ロボット工学、人工知能、コンピューター・サイエンスの学科を受けられます。

マレーシアは教育に多大の投資を実施

53

私立大学

20

公立大学

1,400

を上回るTVET専門校

国際通貨基金(2020年)によると、教育に対する公的投資(対GDP比率)で、マレーシアはASEAN加盟国中第1位です。近年の予算配分で、教育省への配分額が最も多く、その重点は学習機関の強化とTVETセンターへの優先配分にあります。

教育の優先

マレーシアは、非常に進んだ教育制度を有する上層の中所得国です。マレーシアの開発5か年計画で、教育は国家開発における高い優先順位を占めています。マレーシアの労働力の質は、域内トップクラスです。公共高等教育機関の登録学生数は50万人を超えており、科学技術系の学科の比重が高まっています。

専攻別公立大学学生数

53,160人

芸術・人文科学系

182,587人

社会科学、経営、法律

127,697人

工学、製造、建築

86,597人

科学、数学、コンピューター

(出所:Quick Facts 2019年、教育省)

民間部門の教育への堅実な援助

民間部門も教育機関を設立して、プロフェッショナル、準プロフェッショナルの人材プール拡大のための政府の努力を補完しています。

マレーシアではさまざまな私立大学が海外の高等教育機関と提携して学位プログラムを提供する一方、ノッティンガム・マレーシア、ニューキャッスル大学医学部マレーシア校、カーティン大学サラワク校、レディング大学マレーシア校、厦門大学マレーシア校などの外国の大学が国内に分校を設立しています。マレーシアの教育機関は、学位やポスト・グラデュエートの資格を有する多数のプロフェッショナルの人材プールを形成しています。

国際ランキングに入った大学

出所:QS世界大学ランキング:アジア編

職業訓練の発展

民間部門の訓練を促進するため、人的資源成長基金(HRDF)が設立されました。本基金に拠出する製造業およびサービス業企業は、自社の従業員の訓練にかかる費用を肩代わりしてもらえます。人的資源省傘下の国立職業訓練協議会は、すべての訓練機関のために、包括的な職業・産業訓練プログラムの立案・開発を調整します。同評議会はまた、国家職業技能標準(NOSS)を継続的に作成します。現在、修了証書、ディプロマ、アドバンスト・ディプロマ資格で800を超える基準があります。

一例として、ペナン技能開発センター(PSDC)は、新技術に関する知識のギャップ、過大な設備費に対処し、一貫した人材供給を行う優れたTVET機関の一つです。PSDCの「精密加工・インダストリー4.0センター・オブ・エクセレンス」は2017年4月に設置された施設で、学習、訓練、開発のための正しいプラットフォームを提供することで、技術関連主題の理解を深め、産業界の新技術導入を主導します。

一方、マレーシア・パハン大学(UMP)は、国のTVETへの取り組みに貢献する高等教育機関の一つです。UMP は、QS 世界大学ランキング(WUR)2020年版で5つ星の総合評価を獲得しており、将来を担う人材の輩出を目指しています。

 

 

「技術専門学校、工芸学校、産業訓練校、技能開発センターなど、産業部門の増大する要求に応えるための公立訓練機関が増加する一方、マレーシア政府、企業、外国政府の協力により、ドイツ-マレーシア学院、マレーシア・フランス学院、日本・マレーシア技術学院、マレーシア・スペイン学院などの高等技能訓練施設が設立された」

– UMP 副学長のワン・アズハル・ワン・ユソフ教授(2019年)

wpChatIcon
X