This site
is mobile
responsive

TechnipFMC

TechnipFMC

TechnipFMCは、海底、陸上、海洋および地表技術の世界的リーダーです。当社は独自の技術と生産システム、総合的な専門知識、および包括的なソリューションを元に、顧客のプロジェクトに経済的な変化をもたらしています。

TechnipFMCは1982年からマレーシアで事業を運営しています。クアラルンプールにあるオペレーティング・センターは、当グループのアジア太平洋地域の主要ハブであり、グローバル事業に大きく貢献しています。当社のマレーシアの資産には、ディープ・オリオエントとG1201という2隻の船舶の他に、ジョホール州の2つの製造工場(Asiaflex Productsとヌサジャヤ)が含まれます。

当社は、マレーシア初の深海プロジェクトの多くを手掛けてきました。メキシコ湾以外での最初のスパー型生産設備であるMurphy Kikeh Sparや、Shell Malikai Tension Legプラットフォームはその一例です。また世界初の洋上LNGプラント(FLNG)を手掛けたのもTechnipFMCです。PetronasのFLNG (PFLNG) Satuは、マレーシアのリモートガス田や中小規模ガス田の埋蔵ガス採掘に関するPetronasの取り組みにおいて、重要な役割を果たしています。当社はPFLNG Satuがケババンガンにある2つ目のガス田から最初のLNGの採掘に成功した際、その経験を共有できたことを嬉しく思います。FLNGの歴史の中で、リロケーションを行ったのはこれが初めてです。

他のプロジェクトとしては、ジョホール州で行った、Petronasの石油精製・石油化学総合開発(RAPID)プロジェクトの実行が挙げられます。当社は同プロジェクトで、プロジェクト管理コンサルタントを務めたほか、電気・ガス・水道、オフサイト設備および送電網との接続設備の設計・調達・建設管理(EPCM)を請け負いました。RAPIDは、差別化された特殊化学品に対するニーズの高まりや、アジア太平洋地域における将来の需要に応えることを目的とした、世界規模の複合施設です。

現在、TechnipFMCは地域初の総合設計・調達・建設・据え付け(iEPCITM)を実施しています。これは、グムスット-カカップのフェーズ2プロジェクトのために、アンビリカル、フローラインおよび海底生産システムを含む海底機器の配備・据え付けなどを行う総合プロジェクトです。さらに、ベトナムのロンソンで計画中の石油化学工場プロジェクトでは、クアラルンプールのオペレーティング・センターが大きな役割を担う予定です。

TechnipFMCにとって、マレーシアが重要な投資先であることは今も変わりありません。アジア太平洋地域の主な燃料埋蔵地の1つであり、強力な人材プールと堅固なサプライチェーンに支えられた、確立された石油・ガス産業を持つマレーシアは、引き続きこの地域の石油・ガス事業にとって重要な拠点となっています。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X