contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

B.Braun Medical Industries

B.Braun Medical Industries

ペナン州にあるB. Braun Medical Industries Sdn. Bhd.(BMI)の工場は、2006年に、R&Dと生産技術を含め、静脈内投与製品のグローバル・センター・オブ・エクセレンス(CoE)に認定されました。B. Braun Medical Industries Penangで製造された製品は、米国、日本、ドイツおよび全世界のいくつかの主要市場に輸出されています。

「人材のスキルやコンピテンシーを考慮すれば、マレーシアは製造拠点として優れた選択肢です」シニア・バイス・プレジデントと、静脈内投与製品のグローバル・センター・オブ・エクセレンスの責任者を兼任するJuergen Schloesser博士は言います。「長年の開発を経て、地元チームは必要なノウハウを取得し、高い能力を発揮しました。」この国の立地も同様にプラス要因です。

「マレーシアはASEAN地域の中で戦略的な位置にあり、西洋と極東を結ぶアジアの主要海路の途上でもあります」とSchloesser博士は指摘します。「ペナン州の地域流通センターは、アジア太平洋地域全体に効率よくサービスを提供することに役立っています。」同氏は、マレーシア拠点を自社の事業所ポートフォリオに組み込む最も重要な3つの戦略的利点として、熟練した意欲の高い従業員、多文化・多言語社会で、監督者レベルでさえ実務に役立つ英語力を有していること、および同国の安定した政治的状況と経済を挙げました。

Schloesser博士は、2010年に発表した施設の拡大は、今後15~20年間の製造業生産高の拡大に対応し、「生産力を平均年率15%拡大していくことが可能であり、就業機会の増加にもつながる」と言います。同氏は経済発展の管轄当局と、とりわけマレーシア投資開発庁(MIDA)の積極的な関与に触れ、これらの機関は「企業に配慮し、企業のニーズを理解しています。MIDAには極めて優秀な職員がおり、課題または問題が発生した時は支援してくれます」と述べました。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X