This site
is mobile
responsive

Altera

Altera

1990年代、Alteraや他のシリコンバレー企業は、半導体産業が「ブーム」期に突入したため、資格要件を満たしたエンジニアの採用が困難だと感じていました。また同じ頃、1994年7月にAlteraはIntelのプログラマブルロジックデバイス事業を買収し、IPツールとアーキテクチャに対する権利を取得しました。Alteraは、Intelから同事業を買収したことと、引き続き新しいエンジニアを採用する必要性から、世界的な事業エリアを拡大し、ペナン州の強力なエンジニア人材を活用することを決めました。

Alteraはペナン州で既にAlteraペナン州技術センターとペナン州設計センターという2つの事業所を運営していました。Altera ペナン州技術センターは当初、Intelから買収した製品ラインのエンジニアリングと組み立てに焦点を当てており、一方、ペナン州設計センターはチップのレイアウトと設計に焦点を当てていました。両施設を運営していた首脳陣は、共同で一からチームを構築し、エンジニア人材を採用し、ペナン州での事業の成功に役立つインフラを創出しました。

ペナン州は非常に才能のある、十分な教育を受けたエンジニアの大規模な人材プールを提供し、こうした人材がAlteraの継続的な成長を支えてきました。ペナン州での事業は小規模からスタートしたものの、世界各地の他の設計チームの先駆けとなり、Alteraが事業を行う上で欠かせない一部へと進化しました。現在では、世界各地の設計エンジニア・チームが24時間体制でチップの設計とレイアウトを行っています。

Alteraがマレーシアで募集する職務内容には、他社とは異なるメリットがあります。ほとんどの企業が組立ラインと製造業務だけを募集しているのに対し、Alteraには本当のR&Dの機会があり、ペナン州拠点のエンジニアは物理的にチップを設計することが可能です。「本物の」設計に携わるチャンスが最も優秀なエンジニアを引きつけ、Alteraのチームには、熱意ある高スキルの人材が揃っています。

ペナン州チームは当初、既存のアーキテクチャ用のチップの設計とレイアウトを完成させ、ファミリ内の個別チップを「埋める」ことに焦点を当てていたため、サンノゼ・チームは次の旗艦アーキテクチャに取りかかることができました。現在、ペナン州とサンノゼのチームは統合され、様々なエンジニアリング・プロジェクトで協力しながら仕事を行っています。

1998年、Alteraは新たに建設した6万2,000平方フィートのペナン州技術センターの除幕式を行いました。現在、ペナン州には当初からのオペレーション部門とレイアウト部門に加え、アプリケーションおよび情報サービス部門からソフトウェア、財務、マーケティングおよび人事部門に至るまで、エンジニアリング部門とそれ以外のあらゆる部門が揃っています。Alteraの全従業員の3分の1に当たる1,200人近くの従業員が勤務するAltera Penangは、地域と世界の両方に大きな影響を与えています。

Alteraはこの間常に、マレーシア投資開発庁(MIDA)など多くのマレーシア政府機関や、科学、エンジニアリングおよび技術分野の共同研究を指揮する産業界主導の組織(Collaborative Research in Science, Engineering & Technology、CREST)などと協力してきました。これらの組織はすべて、電気・エレクトロニクス産業のエコシステム開発や、Alteraのペナン州での事業を大きく支えてきました。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X