This site
is mobile
responsive

K.G.Pastry

K.G.Pastry

K.G.Pastry Manufacturing Sdn Bhdは、マレーシアの大手冷凍食品メーカーおよび販売会社の1つです。1992年に法人化する前は、Kian Guan Trading Companyという名称で10年以上にわたり冷凍食品産業に従事していました。
当社の初期の主力製品は春巻ペストリーでした。現在、当社は「KG」という独自のブランド名で、あらゆる東洋の冷凍ペストリーや食品を扱っています。これには、春巻き、サモサ、「マントウ」(中国のパン)、ミニパン、もち米団子、ちまき、団子、「年糕」(中国で新年に食べるケーキ)、花巻(蒸しパン)、銀糸巻(パン)、フレンチポテト、ミックスベジタブルが含まれます。マレーシア政府は同国を「ハラール」製品の国際的な主要生産地として推進する取り組みを行っており、この動きに沿って、K.G. Pastryの製品はすべて「ハラール」認証を受けています。また当社の製品は米国、英国、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、クウェート、バーレーン、オーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポールへと、世界中に輸出されています。

K.G. Pastryのモットーは「より良く、より美味しく」であり、当社は常に高品質の食品や美味しい製品を製造するよう努力すると共に、舌の肥えた 市場の好みに合わせて随時、新商品を追加しています。当社の成功は、最新の技術や革新的な製造技法を使用することも含め、すべての生産過程において最高水準の製造慣行を採用するという方針の賜物です。

子会社であるKawan Food Manufacturing Sdn. Bhd.は、パイ生地や、「ロティパラタ」、「ナン」、「チャパティ」(インドのパン)、「ダール」カレーなどインドの食品の生産に特化しています。同社は特に「ロティパラタ」のメーカーとして国際的に知られており、国際市場の主要サプライヤーの1つとなっています。「ロティパラタ」は最新の機械を用いて製造されており、最高水準の国際的品質・衛生規格に適合しています。特に「ロティパラタ」が東京ディズニーランドのフードメニューに採用されていることは当社の誇りです。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X