This site
is mobile
responsive

Transport Technology – Rail

鉄道

鉄道サブセクターには、鉄道設計、製造、組み立て、さらにメンテナンス・修理・オーバーホール(MRO)が含まれます。 30社を超える企業が鉄道関連製品の設計、製造、組み立てに、また40社超の国内企業が MRO 事業に従事しています。鉄道関連事業では 2万5,000人の労働者が雇用されており、サブセクターでは2030年までに6万8,000人を雇用することを目指しています。

マレーシアの鉄道サブセクターに対する政府目標は、2030年までに同産業が強力で持続可能な事業になり、国内の鉄道輸送需要に応えられるようになることです。政府はまた、マレーシアが競争力のある国際的な業界プレーヤーになり、現地の資源および技術の利用を最適化できることを期待しています。このため、政府はこれらの取り組みを支援するとともに、国内企業が技術の移転を通じて次の段階に進むのを援助しています。

RM1.15億

2019年の認可投資総額

25,000

2019年に創出された就業機会

80 社未満

2019年時点で

東海岸鉄道(ECRL)

ECRLは、クランタンからポート・クランまで、マレーシアの5つの州を結ぶ 640キロの鉄道を建設し運営するという、バリュー・エンジニアリングにより設計された包括的計画です。これにより、旅客および貨物の輸送時間はさらに短縮されます。ECRLは実業の効率と生産性を改善するだけでなく、新たな経済活動資源を創出します。

HSR

マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道 (HSR)プロジェクトは現在進行中で、両国の間の経済活動をさらに推進することになります。

マレーシア鉄道支援産業ロードマップ2030

マレーシア鉄道支援産業ロードマップ2030は、2030年までのマレーシア鉄道産業の発展の道筋を描いたマレーシア産官機構 (MiGHT)の取り組みです。

マレーシア鉄道支援産業ロードマップ2030の概要

投資事例

SMH レールは、機関車、客車、鉄道車軸を製造するとともに、メンテナンス・修理・オーバーホール(MRO)のサービスを提供するマレーシアの企業で、20か国以上でプレゼンスを築いています。SMH レールはマレーシアの国内企業としては唯一、ディーゼル電気機関車を製造しています。同社は国内の需要に応えるべく、機関車製造工場施設の最新化のための投資を実施しました。同社には10年間にわたり、マレーシアの国営鉄道KTMB のためにメンテナンス・修理・オーバーホール業務を提供してきた幅広い経験があります。

- SMH Rail

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する 競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討 されているならば、MIDAは貴社の事業を 全面的に支援します。貴社の事業運営の拡 張を援助するための私たち専用のリソース 、広範な施設、あるいは事業相談サービス をご利用ください。
マレーシアの製造業部門での事業開始を支 援するために必要な書類とガイドラインに ついてはこちらをご覧ください。
企業は、investmalaysia.mida.gov.my上のInvestMalaysia ポータル経由で、申請の提出と申請状況の確認ができます。
wpChatIcon
X