This site
is mobile
responsive

事業機会に満ちた国 -より良い事業機会をお求めなら、マレーシアが最適です。貴社事業の繁栄のため に、コスト競争力があり、持続可能で、支援性が高い環境を提供します。今すぐマレーシアへの投資を始めませんか。

マレーシアへようこそ。この国はさまざまな繁栄の機会を提供します。

マレーシアは赤道のすぐ北、東南アジアの中心に位置します。インド洋と南シナ海にはさまれた戦略的な位置にあるため、主要な海運会社および航空会社はすべて乗り入れています。これに加えて持続可能で堅実な経済的基礎、全体的に事業をしやすい環境、未来志向の前向きな姿勢、ダイナミックで熟練した労働層の存在により、マレーシアは同地域におけるコスト競争力が高い投資対象となっており、急速にシェアードサービスおよび最先端のハイテク産業の中心地になりつつあります。

330,000 平方キロ2
(127,000 平方マイル2)
500 個の工業団地

人口
32.7 0万人 (2020年推計)

1マレーシア・リンギット (RM)は100セン。

商用英語が普及しています。
多言語的な国民のため、英語、中国語、ヒンディー語、タミール語を流暢に話します。

議会制民主主値と立憲君主制

熱帯性気候-年間を通じて暖かく、晴天が続きます。日中の気温は33℃(90°F)、夜間は22℃(70°F)。

13 州と3 つの連邦直轄領から成る国です。

信仰の自由を憲法で保証。イスラム教、仏教、キリスト教、ヒンズー教が普及しています。

確かな経済的基礎

マレーシアには、多元化が進んだ経済・輸出構造、サポート力の高い労働市場、低率で安定した物価上昇率、力強く十分な資本を備えた金融セクター、国際収支の健全な経常収支などの特徴があります。 

2019 年の経済的強み:

USD311.1 億米ドル

国内総生産 (GDP)

4.3%

実質 GDP 成長率 (%)

10兆8,090億米ドル

1人当たり国民所得 10兆8,090億米ドル

1.2%

価上昇率 (%)

3.4%

失業率

1,043億米ドル

外貨準備高 (2019年)

「マレーシア経済は回復力があり、力強いファンダメンタルズ(基礎的条件)に支えられている。多元化が進んだ経済構造、健全な金融システム、効果的な公衆衛生措置、前向きなマクロ経済政策によるサポートにより、マレーシアは他の多くの国々よりもうまく、この暴風雨を乗り切れると思われる.

-世界銀行のマクロ経済・貿易・投資担当上席エコノミスト、リチャード・レコード氏 (2020年)

理想的な位置

マレーシアは世界有数の高い成長率を誇る地域において、恵まれた場所に位置しています。東南アジア地域のGDPは過去20 年にわたり、年平均5.3%ずつ成長してきました。

東南アジアの中核


東南アジアの今後5年間の成長率は、4.9%になるとみられます

(2019年のOECD経済展望。2020年以降の東南アジア、中国、インド編)


東南アジアの中心地

6億3,000万人の市場へのアクセスと年間2兆3,000億米ドルの総GDP (2018年ASEAN統計)


アジアの主要港への良好な接続

インドのムンバイへは 6時間以内、中国・北京へは9 時間以内に到着


世界でも有数の交通量を誇る航路に隣接

マラッカ海峡は2つの主要港を通じて世界のサプライチェーンへのアクセスを提供します。

ASEANとその先へのゲートウェイ

マレーシアは13 の自由貿易協定を結ぶ市場志向の経済

潜在的な市場規模は 39億人

事業運営コストは低水準

約 99%の製品は ASEAN 域内ではゼロ関税

世界の海外直接投資(FDA)の 11% が集中

ASEAN の市場規模は世界のFDIの11%を取り込むと試算されています

情報通信技術(ICT)の対GDP比率で世界の上位10か国・地域のうち7つがアジアに存在

(IMFの2018年アジア太平洋地域経済展望)

多元化した経済

農業と1次産品頼みの経済から変貌を遂げ、マレーシアは今日、ハイテク、知識基盤、資本集約型産業に支えられた輸出主導型経済になっています。過去数十年にわたる発展を経た我が国の成熟し統合されたエコシステムは、貴社の長期的成長を支える強力なサプライチェーンを育んできました。

2019年の業績上位産業

RM256.5億

エレクトロニクスおよび電気製品 (2018年比RM112億増)

RM107.5億

製紙、印刷、出版 (2018年投資実績からほぼ倍増)

RM68.6億

非金属鉱物製品 (2018比RM44.6億増)

RM80.5億

輸送機器

RM47.5億

Chemicals, and Chemical Products

RM45.8 億

ゴム製品

RM44.6 億

機械・設備

RM38.0 億

食品製造

上記の 8 産業で投資認可額の

RM689.0 億/ 83.3%

を占める

マレーシアの製造業部門は世界のサプライチェーンにおいて重要な役割を果たす一方、国内の経済活動を担うのはサービス業部門となっており、このことは過去20年、ますます顕著な傾向となってきまし.

79.1%

国内投資

(RM934.4億)

RM118.10 bil

サービス部門における2019年の投資認可額

40%

20.9%

国外投資

(RM246.6億)

79.1%

国内投資

(RM934.4億)

RM118.10 bil

サービス部門における2019年の投資認可額

40%

20.9%

国外投資

(RM246.6億)

4,087

認可プロジェクト

44,811

雇用機会

我が国のさまざまな産業は引き続き、魅力的な投資対象です。マレーシアの多元的な産業部門は、オルタナティブ市場への進出を図る投資家のみなさまに豊富な機会を提供します。

広範な貿易のつながり、低コストな事業運営

マレーシアは、日本、パキスタン、インド、ニュージーランド、チリ、オーストラリア、トルコとの2国間FTAなど、さまざまな自由貿易協定(FDA)を結び、実施しています。ASEANレベルでは、マレーシアはASEAN自由貿易協定(AFTA)を通じて、中国、韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、インドと域内FTAを結んでいます。  

これにより潜在的な市場規模は 39 億人となります。マレーシアとASEANのFTAに基づき、輸入関税は全製品の最大 98% まで0%です。 

関税障壁が低いことは、事業コストが安いということです。マレーシアで事業運営する企業は、世界有数の貿易圏における成長機会と近隣市場を捉えるための、有利なアクセスができます。

RCEPを通じたより一層の投資機会

マレーシアは、世界最大の自由貿易協定である東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定を締結した10か国のうちの一つです。この協定は経済協力のための強力な枠組みとなり、関連する国家の経済を回復するために大きく貢献するとみられます。RCEPの加盟国には、マレーシアの貿易相手国の上位15位以内の国が含まれることから、本自由貿易協定は、より自由で前向きな、かつ競争力のある投資環境を創出することになるとみられており、この投資環境により、一段と優れた投資促進策と投資家へのアフターケアが提供されます。

世界におけるマレーシアの位置

マレーシアがどのように国際競争に対処しているか見てみましょう。

マレーシアは世界で最も成長が早い地域の一つです。投資に関しては新興市場の上位に位置し、投資家保護と事業ニーズ円滑化のための素早い対応を評価されるマレーシアは、貴社の繁栄を約束する海外拠点です。

2

東南アジアにおける貿易および接続性

(DHL国際連結性指数2019年版)

2

ASEAN 域内での事業のしやすさ

(世界銀行の事業環境レポート 2020年版)

投資家保護

(世界銀行の事業環境レポート 2020年版)

3

世界のオフショアリング先

(A.T. カーニー世界サービス・ロケーション指数(GSLI ) 2019年版)

5

魅力的な新興市場

(ブルームバーグ 2018年調査)

8

ハイテク製造業

(世界銀行 2018年調査)

12

少数投資家の保護しやすさ

(世界銀行の事業環境レポート 2020年版)

2

少数投資家の保護しやすさ

(世界技術革新力ランキング 2020年版, 世界知的所有権機関 (WIPO) )

14

産学共同

(世界技術革新力ランキング 2020年版, 世界知的所有権機関 (WIPO) )

7

時価総額およびクラスター開発の
状況

(世界技術革新力ランキング 2020年版, 世界知的所有権機関 (WIPO) )

wpChatIcon
X