contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Honeywell

Honeywell

 

Honeywellはフォーチュン100にも選ばれている多角経営の大手テクノロジーおよび製造企業であり、世界中の顧客に航空宇宙分野の製品やサービス、ビル、住宅および産業用の制御技術、ターボチャージャー、および機能材料を提供しています。Honeywellのマレーシア事業は1985年から始まり、現在ではレーシア全土の6都市(クアラルンプール、プタリン・ジャヤ、シャー・アラム、ペナン、クママンおよびジョホールバル)で1,450人超の従業員が働いています。Honeywellの技術やソリューションは、マレーシアにおける、より安全で信頼性の高いエネルギー効率化社会の開発を支援してきました。

現在では、Honeywellの事業グループのうち3つがマレーシアで事業を営んでいます。

Honeywell Aerospaceは、2009年1月に正式に開業したペナン州にある22万平方フィートの施設で事業を行っています。このペナン州の施設では、民間、業務用、一般航空機および軍用機向けの統合アビオニクスシステムを製造しています。

Honeywell Automation and Control Solutionsは、自宅や職場をより安全、快適、安心、生産的、かつエネルギー効率の高い環境にするための、革新的な製品、ソリューションおよびシステムの完全なポートフォリオを提供しています。Honeywellは、セランゴール州に電気機器およびシステムの製造施設を設置しています。

石油・ガス分野では、Honeywellはマレーシアでガス処理およ水素産業用の加工プラントおよび機器のエンジニアリング、設計および組み立てを行っています。Honeywell Performance Materials and Technologies(PMT)は、天然ガスから不純物を取り除く膜をペナン州の施設で製造し、世界各地の顧客に販売しています。さらにPMTはエアコンおよび冷凍装置用の冷媒や、繊維糸製造用のカプロラクタムも提供しています。

「Honeywellは、世界とASEANの貿易システムに占める戦略的地位を理由に、マレーシアを高度成長市場の1つと位置づけています」Honeywell Southeast Asia (Malaysia, Singapore, Thailand, Philippines)社長のJim Bujoldは言います。「マレーシアでの操業開始以来、政府から多大なご支援をいただいたおかげで事業を成長させることができました。」以下は2つの特徴的な例です。

マレーシア投資開発庁(MIDA)は、HoneywellのUOP Malaysia Sdn BhdおよびHoneywell Aerospace Avionics Penangのタイムリーな立ち上げと操業に大きな力を貸してきました。MIDAはこれらのHoneywell事業体に対し、設立当初から、税務上の優遇措置、R&D資金および人材開発助成金を含む特別優遇プログラムを付与しました。企業のニーズを理解し、必要とされている支援を提供することに対するMIDAの積極的なアプローチは称賛に値します。

現在、HoneywellのUOP Malaysiaは、ペナン州とクアラルンプールの2ヶ所で120人超の従業員を雇用しています。当社はグローバル・センター・オブ・エクセレンスとして、エンジニアリング・デザイン・サービス、エンジニアド・システムおよび世界中の顧客に輸出する機器を提供しています。またAerospace Penangの施設には768人の従業員が勤務しており、経営陣の88%以上が現地採用です。当社の成功のカギは、マレーシア政府の強力な支援と現地の熟練人材の貢献にあります。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X