contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Haco Asia Pacific Sdn Bhd

Haco Asia Pacific Sdn Bhd

Haco Asia PacificはスイスのHaco Groupの子会社です。当社は2004年、セランゴール州シャー・アラムのベルジャヤ工業団地に工場を設立しました。

これは、当社がスイス国外で初めて設置した工場であり、Haco Asia Pacificは2006年第1四半期に操業を開始しました。

Haco Swiss Groupは、革新的な製造工程を開発し、80年以上にわたり食品を作り続けてきた輝かしい実績があります。

セランゴール州の施設には、食品業界がアジアの成長著しい市場の需要に応えるための、高品質の液状コーヒーおよびインスタントコーヒーや、高級インスタント食品を製造するための最新設備が設置されています。

当社がマレーシアを選んだのは、地理的にアジアの中心部に位置すること、安定した政治制度、熟練労働者の存在、世界的に認められたハラール認証、高度に発達した物流網、そして優れた高速道路や港湾があるためです。

マレーシアは、長期的な事業拡大目標に注力するという当社のニーズを満たしています。またHacoがマレーシアを国外拠点に選んだのは、成長機会や熟練労働者の存在、そしてマレーシア投資開発庁(MIDA)やセランゴール州投資センター(SSIC)などのマレーシア政府機関による強力な支援のためでもあります。

現在、Haco Asia Pasificの製品は、北米への大規模な輸出に加えて、アジアのほぼすべての国や中東でも販売されています。

TwitterLinkedInFacebookWhatsApp
wpChatIcon
X