This site
is mobile
responsive

Principal Hub

アジアの域内ハブに最適

アジアが世界の経済成長の中心になりつつあることから、巨大多国籍企業(MNC)は同地域に重心を移しつつあります。

これらのMNCは、域内の事業拡大を管理する基地としてマレーシアを選び、以下のような施設を設置しています。事業本部(OHQ)、国際調達センター(IPC)、域内物流センター(RDC)、世界事業ハブ(GOH)、財務管理センター(TMC)、プリンシパル・ハブ(PH)。

2006年から2020年3月までに、MIDA は、総計 347件 の世界/ 域内の企業設立プロジェクトを認可しました。その投資総額は4,690億リンギットで、マレーシア国内に36,693 人分の雇用機会を創出しました。

 

ハブの種類

Headquarter

本部

Engineering

エンジニアリング

Supply-Chain

サプライチェーン

R&D

研究開発

distribution

物流

Procurement

調達

Treasury

財務

Center-Of-Excellence

センター・オブ・エクセレンス (CoE)

プリンシパル・ハブを支えにマレーシアでの成長を

2015年に導入された税制優遇制度であるプリンシパル・ハブは、域内および世界事業を運営するための中心拠点としてマレーシアを利用しようとする企業に対し、追加的優遇措置を提供します。

プリンシパル・ハブ認定投資(2015-2019年 )

36

認可プロジェクト数

RM47.2 億

2015-2019年の認可投資総額

 

2,932

高給職提供件数

電気・電子、機械、化学、石油・ガス、ICT、食品・飲料といったさまざまな業種のMNC が、プリンシパル・ハブ制度を利用してきました。ハブの設置には、域内および世界市場向けの物流ハブ、研究開発ハブ、センター・オブ・エクセレンスなどの多様な事業モデルが使われています。本制度は、多元的な事業モデルを支援し、企業が戦略的意思決定およびリスク管理を含む一流の経営機能を獲得するまでの移行を後押しします。適格企業は、事業支出、高給職の創造、売上高、ネットワーク企業のサービス提供などのコミットメントを満たす必要があります。

投資家のご意見

過去数年、当社が本部を置く最高の場所はどこが良いか徹底的に検討しました。重点を置いたのは主として、顧客の近接性、人材プール、サプライチェーンと、特に政府による補助です。マレーシアに進出して以来、当社は非常に多くの支援をマレーシア政府から受けてきたことから、もっと良い候補地など考えられませんでした。当社の所有に帰する50エーカーの土地を入手するために、改善された獲得プロセスを使いましたが、それを達成するのに4週間もかかりませんでした。時間と敏速性がカギとなる今日の世界で、当社の30年の歴史において、このような事業支援は前例のないものです

- ミュージック・トライブの ウリ・ベリンガーCEO (Uli Behringer, CEO, Music Tribe)

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
企業は、investmalaysia.mida.gov.my上のInvestMalaysia ポータル経由で、申請の提出と申請状況の確認ができます。
wpChatIcon
X