This site
is mobile
responsive

Other Services – Real Estate

不動産

不動産サブセクターは、マレーシアの住宅産業(商業用建物を除く)であり、認可投資額でサービス部門に最大の寄与をしています。

 

同サブセクターは 2019年、不動産市場の軟化にもかかわらず、主に国内資本から総額408億5,000万リンギットの投資を集め、その地位にふさわしい実績を収めました。認可された不動産プロジェクトの数は、2018年の968件から2019年には1,279 件に増加しました。

 

不動産市場部門の成長を促し、住宅需要に応じるための優遇措置進として、2019年国家持ち家キャンペーン(HOC2019 )があり、このキャンペーンは2019年末まで延伸されました。同期間中に住宅を購入するマレーシア人は、印紙税の免除と割引を受けられました。国家住宅政策2.0の一環として、政府は引き続き関連政策の活発な見直しを進め、国内住宅市場へのさらなる支援とその安定化に尽くします。

 

RM408億5,000万

認可投資総額

2019年

1,279件

認可プロジェクト数

国家住宅政策
(2018-2025)

 

 

 

質が高い住宅の入手可能性

 

住宅購買力と入手しやすさの底上げ

 

親切で結束が固い近隣住民

 

住宅と交通手段の開発の調整改善

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
不動産サービス・サブセクターにおける政策、優遇措置、施設について、詳細はこちらから。
詳しい情報は住宅・地方自治体省(KPKT)のウェブサイトでご覧になれます
wpChatIcon
X