This site
is mobile
responsive

統合物流サービス

物流は、あらゆる種類の通商および配送事業にとってのサービス・イネーブラーであり、何年にもわたりプラス成長を続けてきました。統合物流サービス(ILS)とは、物流サービス全般を構成する空運、海運、陸運、鉄道輸送、倉庫業、その他の付加価値サービスなどの多様なエンド・ツー・エンドのサービスを実施する企業のことです。

 

主要な事業は以下のようなものです。

  • 倉庫業
  • 運輸
  • 貨物輸送
  • 配送
  • その他の付加価値サービス(ブレーク・バルク輸送、パレット輸送、ラべリングなど)

政府の援助

MIDA は、ILS 優遇措置と 国際 ILS (IILS) ステータスを提供することで、統合物流サービスに従事する企業の成長を支援しています。2019年時点で、 MIDA は 93 のILS プロジェクトを認可しており、申請者の大半はマレーシア企業でした。

 

5 年

5年分の法定所得に対するパイオニア・ステータスの優遇措置

 

60%

適格設備投資に関して、
5年間にわたり、
各賦課年度の法定所得の70%に対して投資税額控除が受けられる。

ILS 適格性基準

 

60%

現地法人

 

3 + 1

主要事業

倉庫業、運輸業、貨物輸送
と、少くとも配送/ サプライチェーン管理または
関連があるその他の物流サービス/事業

以下の最小インフラストラクチャを所有する:

 

20

台の商用車

 

5,000 平米

の倉庫スペース

e-フルフィルメント

e-コマースの爆発的成長に促され、マレーシアの物流企業は、業務運営のデジタル化で一連の進化を遂げ、国内においてシームレスなe-フルフィルメントのハブを確立し、効率的にグローバル・サプライチェーンにサービスを提供しています。 2019年には合計 8件のe-フルフィルメント・プロジェクトが認可されました。

コールドチェーン(低温)物流

コールドチェーン物流は、熱包装および冷凍包装により、温度管理が必要な製品の輸送と貯蔵を行うことです。

MIDA は物流企業がコールドチェーン物流に進出することを奨励しています。過去数年にわたり、MIDAはICCL、 CCN、サダッド・リソーシズ、ゴールド・コールド・ロジスティックスなどの企業の事業拡大を支援してきました。

物流の将来的なトレンド

域内でのインダストリー4.0 技術の爆発的成長を受け、マレーシアの物流業界は、進化するデジタル環境を利用できる好位置にあります。

現在のオンライン顧客は、サービスの質と柔軟性に大きな期待を寄せるだけでなく、ユニークで自分専用のオプションも求めています。多数の物流企業が日々の業務において、オートメーション、ロボット工学、モノのインターネット(IOT)、ビッグデータ・アナリシス、社内ソフトウェア・システムなどを利用して、優位性を保持し、国内外の顧客の要求に応じています。

オートメーション

 

ロボット工学

 

社内ソフトウェア・
システム

 

Our Success Stories

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
物流サブセクターにおける政策、優遇措置、施設について、詳細はこちらから。
wpChatIcon
X