This site
is mobile
responsive

ICT Services

ICT サービス

ICTサービスは、堅牢なデジタル・インフラストラクチャーと社会インフラストラクチャーを擁する我が国のデジタル国家目標達成のための、きわめて重要なサブセクターです。

創造的で生き生きとしたこの産業には、さまざまな活動が含まれます。

データ管理


データセンター


クラウド・シェアリング


データ・セキュリティ&ビッグデータ・アナリティクス

ソフトウェア & システム・デザイン


有用な e-プラットフォーム


システム統合
(開発・デザインおよび研究・開発)

創造的なデジタル・コンテンツ


eスポーツ


ゲーミング&アニメーション

RM2,677億

2018年のGDPへの ICT の寄与

自由化を実施し

競争力を強化

RM1,155億

2018年のGDP におけるe-commerce の粗付加価値

出所:マレーシア統計局 (DOSM)

ICT サービス自由化

2009年4月 22日、外国資本参加の促進と競争力強化のために、 ICT サービス・サブセクターが自由化されました。

より一層デジタル化された経済に向けて

ICTサービスは、我が国のデジタル経済目標の推進にとって中心的役割を果たします。マレーシアが先進国を目指すに当たり、経済成長を支えるためには、技術に順応するだけでなく、革新する態勢を整える必要があります。接続性とシステム・インテグレーションの利用、人工知能(AI)、ビッグデータ・アナリティクス、モノのインターネット(IoT)などの「スマート技術」の利用により、デジタル化は事業のやり方を変えました。

マレーシアはデジタル事業者が参入し、持続可能なICTエコシステムとデジタル接続された環境を構築する我が国の努力に協力することを歓迎します。能力とインフラの増進により、マレーシアは域内のハイテク大国となり、競争力と富の創造を強化するために、イノベーションと生産力の向上を図ります。.

マレーシアにおけるICTの規模

2018年のマレーシアのGDPに対するICTの寄与額は2,677億リンギット、うちICTとe-コマースの粗付加価値はそれぞれ1,824億リンギットと1,155億リンギットでした。ICTの GDP は、ICT サービス、製造業、貿易、その他の産業、およびコンテンツとメディアなど種々の産業からの寄与額の合計です。

出所: DOSM

投資家のご意見

「私たちが次のレベルに進むためにマレーシアとのパートナーシップを結ぶことにした主な理由は、有能な人材、躍動的なゲーム・エコシステム、政府による支援にあります」
, - ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント
- ソニー

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
サービス業部門の政策、優遇措置、施設に関してより詳しい情報が得られます。
wpChatIcon
X