This site
is mobile
responsive

Transport Technology – Automotive

自動車

マレーシアの自動車産業は、製造業の重要な戦略部門です。同業界では、乗用車、商用車、オートバイ、スクーターなどの自動車と、自動車部品・部材を生産しています。自動車サブセクターは、1次サービス、製造サービス、サポート・サービスとアフター・セールス部門を網羅する完結したエコシステムの一部を成しています。

同業界は、エンジニアリング産業、補助産業、支援産業の発展を推進してきました。また技能開発と、技術能力・エンジニアリング能力のアップグレードに貢献してきました。これらの要素は、世界的な自動車企業の基地としてのマレーシアの魅力を、さらに高めました。

マレーシアは自動車の保有比率でASEAN 諸国でも上位にランク付けされます。活発な消費需要を見込んで、ホンダ、トヨタ、日産、メルセデスベンツ、BMW などの世界的自動車会社がマレーシアで操業しています。

自動車産業の発達を受け、マレーシアは大手自動車部品会社の生産センターになりました。現在、約800社の自動車部品会社が、車体パネル、ブレーキ部品、エンジン部品、トランスミッションおよび ステアリング部品、ゴム製部品、E&E 部品など幅広い部品を生産しています。

今後はデジタル化と新たな事業モデルが世界を革新し続け、マレーシアの自動車産業も例外とはならないでしょう。多様な可動性、自動運転、電動化と接続性などの新技術に基づくトレンドが、今後10- 15年の業界を形作るとみられます。自動車産業の未来には多くの課題がありますが、同業界は多くの新たな機会も提供します。

ASEAN域内での自動車業界の最近のトレンドを考慮すると、持続可能な経済成長、インフラ開発、相手先商標製造会社(OEM)による新モデルの連続投入が、自動車業界を大きく押し上げています。 ASEANの自動車産業は、政府主導の投資を通じたインフラ開発の持続的推進から多くの利益を得ています。

国家自動車政策 (NAP) 2020では、国家自動車ビジョンの実現のため、引き続き国内自動車部門とエコシステム全体を開発します。再検討の対象となるのは、電気自動車、ハイブリッド自動車のような次世代自動車(NxGV)、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、インダストリー 4.0です。

産業のデジタル・トランスフォーメーションという時代の中でマレーシアの自動車産業を強化するという目的のため、投資家は自分が提案した方策に関連し、対象プロジェクトに適用できる特定の優遇措置に気を配るべきです。

 

76%

国内投資

(RM41.8億)

RM5.5 bil

2019年の認可投資総額

 

80%

24%

国外投資

(RM13.2億)

RM5.5 bil

Total Approved Investments
in 2019

76%

Domestic Investments

(RM4.18 bil)

24%

Foreign Investments

(RM1.32 bil)

571,632

総生産台数

604,287

業界総台数
(生産台数)

53

認可プロジェクト件数

3,467

就業機会

投資事例

マレーシアの国営自動車会社プロトンは、省エネ車(EEV)の製造を開始しました。DRB-ハイコムおよび吉利(ジーリー)とのパートナーシップにより、規模の経済、業務効率、投資最適化、知識・技術の移転を目指します。タンジュン・マリムにあるプロトンの工場は、ロボット工学技術を駆使した完全自動化工場で、筋肉質の製造プロセスによる大規模生産ができ、効率性が得られるよう設計されています。

- PROTON Holdings

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する 競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討 されているならば、MIDAは貴社の事業を 全面的に支援します。貴社の事業運営の拡 張を援助するための私たち専用のリソース 、広範な施設、あるいは事業相談サービス をご利用ください。
マレーシアの製造業部門での事業開始を支 援するために必要な書類とガイドラインに ついてはこちらをご覧ください。
企業は、investmalaysia.mida.gov.my上のInvestMalaysia ポータル経由で、申請の提出と申請状況の確認ができます。
wpChatIcon
X