This site
is mobile
responsive

Machinery & Metal – Machinery & Equipment

機械・機器

機械・機器 (M&E)業界は、マレーシアがインダストリー 4.0に適合した、競争力のあるハイテク国家へ移行する触媒となる産業の成長・発達にとって主柱となるものです。1次産業、製造業、サービス業といったすべての経済部門との横断的つながりを有することから、同業界はマレーシアの経済的変貌にとって戦略的な重要性があります。 

 

この業界の大半はカスタマイズされた製品を提供する中小企業や、エンドツーエンドの製造業者、トータル・ソリューション・プロバイダーで占められており、国の内外の製造業界からの旺盛な需要に応じることができます。

 

マレーシアの M&E 業界は主として以下のように分類されます。

  • 特定産業のための特殊 M&E
  • 金属加工 M&E
  • 発電 M&E
  • 一般工業 M&E

 

業界はエンジニアリング支援産業(ESI)の企業から大きな支援を受けます。ESI には、金型、機械加工、金属スタンピング、金属鋳造、表面工学、熱処理、組み立て、鍛造などが含まれます。

 

インダストリー 4.0の到来により、事業の運営方法が変化しています。モノのインターネット(IoT)、ビッグデータ・アナリティクス 、クラウド・コンピューティング、ロボット工学、付加製造といった技術に焦点を置いたマレーシアのM&E 企業にとって、インダストリー 4.0のソリューションの開発と実行は、すでに明白なものとなっています。これらの新技術が一体となり、M&Eのバリューチェーンを通じて、製造企業 に新たなソリューションを提供しています。 

 

めぼしい国内企業を挙げると、ヴァイトロックス・テクノロジーズ、ペンタマスター・グループ、 UWC COHUVAT マニュファクチャリング・マレーシア、 BESI エーペック、ブルカー (マレーシア)、ムヒバ・エンジニアリング、KNMグループ、アイダマニュファクチャリングなどがあります。

22%

国内投資

(RM8191)

RM36.4

2019年の認可投資総額

80%

78%

国外投資

(RM28.4)

RM36.4

2019年の認可投資総額

22%

国内投資

(RM8191)

78%

国外投資

(RM28.4)

99

認可プロジェクト件数

3,894

就業機会

M&E の予想成長率 (2018-2027年)

マレーシアの M&E業界は、2018-2027年の間に年平均10.1%の成長を遂げるとみられています。その成長を後押しするのは、生産性と効率性を改善するためにハイテクのM&E を必要とする種々の製造業に対する国内外の投資による、継続的な資金の流入です。

輸出入実績

マレーシアの輸入と輸出は、2018-2027年の間、それぞれ年間5.2%と 4.5%成長するとみられています。マレーシアのM&Eの主たる輸出先は、シンガポール、インドネシア、米国で、主な輸入元は中国、日本、米国です。

マレーシアの業界企業の強さは、以下の特殊機械プロジェクトにあります。

半導体

パーム油

食品加工

機械エコシステム

投資事例

マレーシアは、特にハイテク製品および高付加価値製品の投資先です。当社は世界クラスのインフラと成熟したサプライチェーンを有しています。マレーシアへの投資を考える場合に相談すべき最高権威がMIDA であることは、間違いありません。国内の主要な投資推進機関であるMIDA は、利用可能な優遇措置、場所の選定などについて、準備万端、いつでも相談に応じてサポートや円滑化のための手段を提供してくれます

- UWC のダト・ング・チャイ・エン最高経営責任者 (CEO) , エグゼクティブ・ディレクター、共同創業者(2020年)
UWC

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
マレーシアの製造業部門での事業開始を支援するために必要な書類とガイドラインについてはこちらをご覧ください。
企業は、investmalaysia.mida.gov.my上のInvestMalaysia ポータル経由で、申請の提出と申請状況の確認ができます。
wpChatIcon
X