This site
is mobile
responsive

食品技術 – パーム油製品

パーム油製品

マレーシアにおけるパーム油精製は、政府による工業化推進の要請を受け 1970年代初頭に開始されました。製油所の出現により、広汎な精製パーム油製品が導入されました。現在、マレーシアは食用油脂の重要な輸出国であり、世界2位のパーム油生産国であり、輸出国です。

 

低コストで健康に良いことから、パーム油は多くの食品製造業者にとって魅力のある選択となっています。パーム油はスーパーマーケットから小規模食料品店まで、店頭にある商品の半分近くに含まれており、抗酸化物質であるトコトリエノールを最も多く含有しています。トコトリエノールは消炎作用、コレステロール低減、抗がん作用、放射線保護および神経保護の性質があります。パーム油はまた、不飽和および飽和脂肪酸をバランス良く含んでいます。パーム油は体内に摂取すると、1価不飽和脂肪酸のような働きをし、血中コレステロール・レベルに悪影響を及ぼしません。

20.9%

国内投資

(RM1億4,568万)

RM6億9,747万

認可投資総額

80%

79.1%

国外投資

(RM5億5,179万)

RM697.47 mil

Total Approved Investments

20.9%

Domestic Investments

(RM145.68 Mil)

79.1%

Foreign Investments

(RM551.79 mil)

17

認可プロジェクト件数

RM6億9,747万

認可投資総額

279

就業機会

東南アジアの主要パーム油生産国

天然資源に恵まれたマレーシアは、域内の主要なパーム油生産国です。私たちは、産業の持続可能な成長の維持にコミットし、パーム油およびパーム油関連製品のためのさまざまな啓蒙・拡充プログラムに参加してきました。

 

マレーシアはまた、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の一環として、持続可能で良好な農業実践を積極的に推進しています。これには、パーム油業界に循環型経済の考えを組み入れて、原材料の使用を最適化するとともに、生産の際の廃棄物、排出物、エネルギーの非効率を最小化しようとする試みなどが含まれます。現在の直線型経済において通常十分活用されない原料は、低減するか、再利用するか、リサイクルするよう奨励されます。このモデルを採用すると、業界への悪影響がある環境問題だけでなく、常時懸念の種である原材料の供給問題にも対応するのに役立ちます。

政府の支援

国内投資戦略基金(DISF)

インダストリー 4WRD 介入基金

自動化に関する税務上の優遇措置(ACA)

投資事例

MYバイオマス Sdn. Bhd. (MYバイオマス)は、パーム油産業におけるマレーシアの強さとバイオマスの未踏の事業機会を活用するために設立され、技術的・経済的利得を追求しています。当社は、世界のハイテク企業による予想される再生可能エネルギーの全面的商業化やグリーン技術のR&D を受注することを目指しています。

- MYバイオマスSdn. Bhd. (MYBiomass Sdn. Bhd.)

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
マレーシアの製造業部門での事業開始を支援するために必要な書類とガイドラインについてはこちらをご覧ください。
企業は、investmalaysia.mida.gov.my上のInvestMalaysia ポータル経由で、申請の提出と申請状況の確認ができます。
wpChatIcon
X