This site
is mobile
responsive

Renewable Energy

再生可能エネルギー

「より持続可能なエネルギー」と「より低炭素」を求める声が世界に高まっていることから、再生可能エネルギー(RE)がエネルギーを作る上で最も成長が早い資源の一つとみなされています。RE は2040年までには、最大の電力源になるとみられます。

RE は太陽光、バイオマス、バイオガス、小水力、ジオサーマル・エネルギーなどの枯渇しない資源に由来する1次エネルギーを指します。マレーシアでは、光電池(PV)装置の生産コストが低く、グリーン・プロジェクトのための資金調達が容易なことから、太陽光発電プロジェクトが最も普及した REとなっています。

88.5%

国内投資

RM33億4,000万)

RM37億8, 000万

2019年の
認可投資の総額

90%

11.5%

外国投資

(RM4億3,524万

RM3.78 bil

Total Approved Investments in 2019

88.5%

Domestic Investments

(RM3.34 bil)

11.5%

Foreign Investments

(RM435.24 mil)

350

認可プロジェクト

761

就職機会

RM33億4,000万

国内投資

2019年の 認可済み再生可能エネルギー・プロジェクト

太陽光発電

330 プロジェクト
RM21億

太陽光発電自家消費

314 プロジェクト
RM4億1,335万

大規模太陽光発電

16 プロジェクト
RM16億9,000万

小水力

6 プロジェクト
RM15億2,000万

バイオガス

13 プロジェクト
RM1億4,933万

バイオマス

1 プロジェクト
RM6億5,800万

投資家のご意見

ガディン・ケンチャナはムラカ州およびペラ州で2つのソーラー・ファームを開発、建設し、現在運営中です。年間総発電量は63,771 メガワット時で、TNBに販売しています

- Gading Kencana Sdn Bhd (GKSB)

グリーン・テクノロジー優遇措置

政府は引き続き、環境関連技術の採用を優先しており、グリーン技術資産の購入に対するグリーン投資税制優遇措置(GITA) とグリーン技術サービスに関するグリーン所得税免税(GITE)を2023年まで延伸しました。GITEはまた、持続可能エネルギー開発庁(SEDA)が導入したネット・エナジー・メータリング・スキーム(NEM) への参加を促進するため、太陽光発電のリース事業(ソーラー・リーシング)を行う企業に対しても、拡大適用されます。

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
1. 優遇措置および/または外国人駐在員職の申請用ガイドライン
2.グリーン技術優遇措置申請のためのチェックリスト- グリーン・プロジェクト
3. 優遇措置および/または外国人駐在員職の申請用ガイドライン
wpChatIcon
X