日本語
contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Soft Space

Soft Spaceはマレーシアのクアラルンプールに本社を置くモバイル決済技術の会社であり、銀行・決済業界向けの革新的なソリューションの開発に注力しています。Soft SpaceのモバイルPOS(MPOS)ソリューションは国際的な認証を受けており、アジアの8つの金融機関によって使用されています。

若いテクノロジー系スタートアップ企業である当社は、政府が設立間もないテクノロジー企業を評価して支援し、比較的大規模な企業だけがその恩恵を受けられるという従来の認識を打ち破るのを目にして、心温まる気持ちになりました。

Soft Spaceは、マレーシア投資開発庁(MIDA)の支援(R&D、認証、研修および外注助成金)を得て、成長とイノベーション能力をより短時間で加速させることができるようになりました。またこれによりSoft Spaceは、今後チップ&ピン、非接触型および近接型決済などの新製品を導入するにあたっての、強力なR&Dの土台を構築することもできました。

助成金の取得プロセスからその後のフォローに至るまで、MIDAは多くの情報を提供してくれ、プロフェッショナルで、非常に親切でした。我々は、当社を担当してくれたMIDAチーム、特に常に近くで手を貸してくれたアカウント・マネージャーに感謝しています。Soft Spaceは急速に事業を拡大し、世界に存在感を示そうとしています。

Soft Space


Content Type:

Duration:

IKEAは1943年にIngvar Kampradによって設立され、(ショールームを含む)店舗第1号は1958年にスウェーデンのエルムフルトにオープンしました。以来、IKEAは機能、品質、低価格に焦点を当てた、家庭用家具に関する強力なコンセプトと製品レンジを開発してきました。現在では33ヶ国/地域に合計229の店舗を展開しており、2005年の売上高は148億ユーロに達しました。これまでにIKEAの店舗を訪れた人の数は全世界で4億人を超え、IKEAのカタログは25言語、52版、累計1億6,000万部印刷されています。

マレーシアのIKEAは1999年に設立され、流通センターはアジア太平洋地域7ヶ国の16店舗に対する地域ハブの役割を担っています。

「地理的にアジアの中心に位置することや、高度に発達した物流網および港湾インフラを理由にマレーシアを選択しました」IKEAのマレーシア流通センターのジェネラル・マネージャーであるVic Kurzejaは言います。「マレーシアの事業・社会環境は安定しており、信頼できるため、長期的な事業拡大目標に集中することができます」。

現在、13万個のパレットを保管可能なIKEAの流通センターでは約220人が働いています。当社の流通網と戦略の重要なカギは、今後数年間でアジア太平洋市場におけるシェアを拡大することにあります。

IKEAは2007年に在庫の流れをモニタリングするための無線周波数(RF)技術を導入することで、マレーシアの物流ハブの開発と最適化を続けており、また現地での能力開発に対する投資も続けています。

マレーシアの民族的多様性や、十分な教育を受けた労働人口のおかげで、IKEAは人材ニーズに合致した適切な人材を確保することが可能となっています。

IKEA


Content Type:

Duration:

I-Berhadは1967年2月2日にSanyo Industries (Malaysia) Sdn Bhd.という社名で設立されました。1969年9月29日にクアラルンプール証券取引所のメイン・ボードに上場し、1999年8月12日から現在の社名となりました。

当グループは家電メーカーとしてスタートしたものの、現在では、未来の家―スマート住宅にサービスを提供することを目標としています。そのため、当グループは事業を多角化し、デジタル製品業界に進出しました。当グループがこの方向で踏み出した最初の1歩が「i」ブランドの立ち上げです。当グループはこの目標を実現するための新たな布石として、2000年にIT産業に進出し、その後さらにi-homeシステムを導入し、ホーム・オートメーション事業に乗り出しました。

2002年、当グループはデジタル製品にデジカメ、プロジェクター、DVDおよびMP3プレーヤーを加え、製品基盤を拡大しました。現在、当グループは情報家電部門とデジタル製品部門の2つを主要部門としています。

当グループはOEMメーカーとしてスタートしたとは言え、今ではマーケティング・グループに生まれ変わっており、ブランド、マーケティングおよび流通ネットワーク、品質保証およびサービス支援インフラが主要資産となっています。

マレーシア発の世界的ブランドである「i」製品は、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国やイスラム諸国機構(OIC)地域だけでなく、欧州でも販売されています。当グループは、製品イノベーション、市場化までの時間、パッケージ・デザインおよびコストパフォーマンスで世界と勝負しています。

I-Berhad


Content Type:

Duration:

マレーシアに初めて進出した時以来、Ericssonはマレーシアの電気通信産業の進化に重要な役割を果たしてきました。当社はお客様と共に、この国における電気通信サービスの発展に積極的に携わってきました。

マレーシア政府は、成長を促し、安定した政治情勢下での投資を促進する政策を取っています。マレーシアのインフラは高度に発達しており、裾野産業との工業連関が強く、優れた事業環境を提供しています。加えて、労働人口が教育を受けており、生産性が高いことも特徴です。

こうしたすべての要素が相まって、マレーシアは理想的な投資先となっています。

Ericsson


Content Type:

Duration:

1978年、James Dysonは、最上位機種の真空掃除機に絶えず粉末ゴミが詰まり、吸引力が低下することに不満を持ち、袋を取り除いて独自の真空掃除機の開発に乗り出しました。Dysonは5年間かけて5,127個の試作品を試した後、ついにマルチサイクロン技術を完成させました。特許を取得したその設計は、遠心力を利用してホコリや粉末ゴミ、固形ゴミを空気から分離する仕組みで、吸引力が低下せず、ゴミ袋も不要というものでした。多くの有名企業や銀行、ベンチャー・キャピタリストに断られたものの、消費者家電王国である日本で、その技術のライセンス契約を結ぶことができました。その後1986年に、同氏が設計・製造監督を行ったG-FORCEが発売されました。

同氏と少人数から成るチームは、G-FORCEのロイヤリティー収入によってサイクロン技術の開発を続けることが可能になり、庭に設けた研究所で開発を続けました。1993年5月、Dysonは自身の名前を付けた真空掃除機の製造を開始し、その第1号をDyson DCO1と名付けました。いくらかの紆余曲折を経て、DCO1は18ヶ月後には英国で最も売れ筋の真空掃除機となりました。

今や志を同じくする350人のエンジニアと一緒に働くようになったJames Dysonは、プロトタイプ0001を製造した後も、あらゆることに疑問を持ち、家電製品に対する、より良い、異なるアプローチを探し続けています。

DysonのRDD兼オペレーションズ・ディレクターであるSean Robinsonは言います。「当社が製品組立拠点としてマレーシアを選んだのは、製造業に秀でた国という世界的な評判のためです。当社の研究開発(R&D)エンジニアはマレーシアの同僚と密につながっており、逆も同様です。Dysonは現在、最新の製造技術と製造工程によって、毎年数百万台もの真空掃除機を製造しています。」

綿密なテストはDysonの基本です。英国とマレーシア双方のテストエンジニアは毎月3万時間かけてテストを行っており、最近、ジョホールバルに新しい検査施設が開設されました。検査技師は150種類以上の機械テスト装置を用いて、家庭での真空掃除機の使用方法を再現および誇張しています。

DC15 The BallTMはDysonの最新型真空掃除機であり、DCO1以来、最大の進化を遂げた機種でもあります。従来のアップライト型掃除機は柔軟性に欠け、かさばり、使うのに骨が折れました。BallTMは、モーターを内蔵した重心ボールの上に本体が来る設計となっています。そのため操作性に優れ、家具の周りを素早くジグザグに動かしながら、より効率的に掃除をすることができます。DC15の開発には3年を要し、当社はこの機種に関して182の特許を出願中です。

Dyson


Content Type:

Duration:

数年前に始まった市場拡大とグローバリゼーションのトレンドを受け、電気通信システムの世界的大手サプライヤーの1つであるAlcatelは、外国市場での存在感の強化に乗り出しました。Alcatelはアジア市場の潜在的成長力の大きさに着目し、マレーシアを、地域のマーケティングおよび産業活動のプラットフォームとして選択しました。当社にとって、この決定は、業務上の多くの観点から理に適ったものでした。

第一に、マレーシアはAlcatelのハイエンド製品にとって重要な、発達した市場です。第二に、マレーシアは東南アジアの中心部に位置しており、高度なインフラ、熟練労働者、そして必要なすべての裾野産業が備わっています。第三に、マレーシア政府は、たとえ危機下であっても企業への積極的な支援を継続し、安定した取引環境を提供することに尽力しています。

最後に、マレーシアには多くの天然資産があり、文化的に豊かで、かつ多様でもあります。生活し、仕事をするのに快適な国であることは間違いありません。

Alcatel


Content Type:

Duration:

wpChatIcon
X