日本語
contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

UMW Aerospace

UMW Aerospace Sdn Bhdは、Rolls-Royce Plcとの25 + 5年契約に基づき、Rolls-Royceの航空エンジン用ファンケースの製造・組立を行うことを中核事業としています。そのため当社は、航空宇宙エンジン・コンポーネントを製造するマレーシア初の一流メーカーとなっています。これらの製品は、マレーシアのセレンダーにある、高度な設備が整った工場で製造され、シンガポールにあるRolls-Royceのエンジン組立工場での製造を補っています。

この事業は、契約の締結以来、エンジニア、高度な訓練を受けた従業員、そして航空宇宙分野の製造業に関して確かな目を持った熱心な経営陣から成る、有スキル人材の組み合わせによって運営されています。この下位部門の効率性と、高品質の製品を提供する能力が、UMW Groupが新しい高価値製造業に乗り出すための道を切り開きました。

UMW Aerospace


Content Type:

Duration:

マレーシアの国民車メーカーであるPROTONは、省エネ車(EEV)の生産に乗り出しました。DRB-HicomとGeelyのパートナーシップにより、スケールメリットの実現、経営の効率化、投資の最適化、および知識移転と技術移転が可能になりました。

www.proton.com にアクセスしてください。

PROTON Holdings


Content Type:

Duration:

SMH Railは機関車、無蓋貨車、鉄道車軸を製造し、整備・修理・オーバーホール(MRO)サービスを提供するマレーシア企業であり、20ヶ国以上で事業を展開しています。現在の雇用者数は80人を上回り、RM1億500万を投資して事業を拡大しました。

SMH Rail


Content Type:

Duration:

年間売上高80億ユーロ、従業員数3万9,000人、世界に約1,100のオフィスを構えるSchenkerは、世界の大手統合物流サービス・プロバイダーの1つであり、陸上輸送および航空・海上貨物輸送のほか、包括的な物流ソリューション、グローバル・サプライチェーン・マネジメントをも提供するワンストップ・サービス企業です。SchenkerはDeutsche Bahn AGの輸送・物流部門の一部です。

Schenkerのサービス内容は、税関業務や倉庫業務、流通を含め、物流や輸送に関する需要に応えられるよう、幅広く設計されています。マレーシアでは、世界、地域および現地の顧客に対し、あらゆる物流サービスを提供しています。

マレーシアのSchenkerは1979年に設立されましたが、年月と共に急速に成長し、今ではフルタイムの職員320人を雇用するまでになっています。Schenkerの本社はスバン・ジャヤにあり、クラン港、ペナン州のクアラルンプール国際空港(KLIA)、マラッカ州クリム、ジョホールバル、タンジュン・ペレパス港、イポーおよびクアンタンに支店があります。

「物流業界では、強力なグローバル・ネットワークは極めて重要な競争上の強みであり、マレーシアはアジア地域の重要な市場です」Schenker Logistics (Malaysia) Sdn Bhd.のマネージング・ディレクターを務めるWolfgang Laabsは言います。「マレーシアが成長を続け、マレーシア経済がハイテク産業や知識集約型産業、資本集約型産業に牽引される形で輸出主導型経済に移行しつつあることは、我々の決定が正しかったことを裏付けています。」

ジョホール州タンジュン・ペレパス港(PTP)にある保税施設は当社の自慢です。この施設は主要コンテナヤードから50メートルしか離れておらず、(等級1および3を除く)危険物(DG)や、温度に敏感な貨物にも対応しています。当社はタンジュン・ペレパス港の施設を、PTPを地域流通センターとして利用したい顧客に最適だと考えています。

Schenkerのマレーシアにおける最も多い取扱い商品の1つは、SCHENKERの航空部品です。当社は航空宇宙分野の企業と協力し、時間効率の良い、信頼できる方法で航空機やヘリコプターの部品を輸送しています。マレーシアのSchenkerは週7日、1日24時間対応のSchenkerグローバルAOG(緊急部品供給)デスク・ネットワークに組み込まれており、このサービスはマレーシアの航空宇宙業界から非常にご好評をいただいています。

Schenker


Content Type:

Duration:

1997年、General Electric Aircraft Engines (GEAE)は、ここマレーシアの航空会社と戦略的パートナーシップを締結し、合弁事業の好調なスタートを切りました。当社は熟練従業員の技能と大手多国籍企業の技術支援を活用し、世界で最も競争力のある航空機エンジンのオーバーホール工場の1つを現地に設立しました。マレーシアの優れた輸送・通信インフラのおかげで、事業を大きな問題なく実施し、全顧客にタイムリーなサービスを提供することが可能となっています。

当社は事業を行う上で、従業員の向上心が強く、新しいアイデアを常に柔軟に受け入れることに気づきました。こうした特性が、当社従業員の教育水準の高さや経験値、研修を補っています。

また当社は、経営陣が全員、この厳格に規制されたユニークな事業を営む上で必要な経営スキルを持ったマレーシア人であることを誇りに思っています。

GEAEは、マレーシアで設立したこの世界クラスの事業が優れた成績を収め、大きな進展を遂げていることに満足しています。

General Electric Aircraft Engine


Content Type:

Duration:

China Shipping Group Companyは、東南アジアにあらゆる種類のフィーダー輸送網を構築するため、東南アジア地域本部をシンガポールからマレーシアに移転することを決めました。この移転には、クラン港ウエストポートをASEAN諸国とつなぎ、またマレーシアでのマーケティング活動により積極的に関与するという2つの目的がありました。China Shippingは2005年に、クラン港ウエストポートの主要海運会社の中で第2位にランクインしました。

「私たちはこの移転により、中国とマレーシアの間だけでなく、中国とASEAN諸国の間でも貿易が活発化すると考えています」とChina Regional Shipping Holdings Sdn Bhd.のバイス・プレジデントであるLi Zuomingは言います。「また当社は、マレーシアで海運業務に注力することにより、クラン港を地域の競争力ある海運ハブへと発展させるのを支援できると考えています。」

China Shippingの総資産額は400億元(50億米ドル)、船舶は400隻、総載貨重量は1,150万トンです。同グループの傘下は、タンカー、不定期貨物船、クルーザー、コンテナ船、および特殊貨物船の5つの海運部門があります。

当社の事業内容は多角的であり、物流、ターミナルの経営、金融・投資、エンジニアリングおよび人材斡旋、供給・貿易、情報技術に携わっています。 China Shippingは過去数年間にコンテナ輸送事業を大幅に拡大し、現在では100隻以上(総積載量:20フィートコンテナ35万個分)のコンテナ船を運航し、中国の国内および国外との取引に対応しています。

China Shipping Group Company


Content Type:

Duration:

マレーシアでのメルセデス・ベンツ車の正式な販売は、1951年にフランチャイズ販売会社であるCycle & Carriageによって開始されました。現在、メルセデス・ベンツのCクラス、EクラスおよびSクラス乗用車と、商用バスのシャシーおよび原動機は、現地で組立を行っています。Aクラス、Mクラス、Cクラス・スポーツ・クーペ、CLKおよびSLといったそれ以外のニッチな車種は、完全に国外から輸入しています。

世界の大手自動車会社の一角を占めるDaimler Chrysler AG(DCAG)は、マレーシア市場に、自社の製品とサービスに対する大きな潜在的需要があると判断しました。当社は、事業に有利なマレーシア政府の政策と、マレーシアの強力なマクロ経済的枠組み、堅固なGDP成長率、およびコスト競争力は、これからも外国人投資家に魅力的な投資機会と高いリターンを提供し続けると確信しています。

Daimler Chrysler Malaysia Sdn Bhdは、DCAGを支配株主として、約RM1億3,400万を投資し、DCAGとCycle & Carriage Bintang Bhdの合弁事業として2003年1月に設立されました。新設されたDaimlerChrysler Malaysia Sdn Bhdは、マレーシアでのメルセデス・ベンツの乗用車、商用車およびスペア部品の卸売販売を管理すると共に、グローバル・セールス・ソリューション用のソフトウェア開発サービスと、自動車車に関する新人研修を提供しています。当社はブランド・ポートフォリオを拡大し、スマート乗用車や、マイバッハおよび三菱ふそうの商用車の卸売販売を加えました。独特のスキルと独創性を備えたDaimlerChrysler Malaysiaの250人の従業員は、お客様から期待される高品質の技量を提供しています。高度に発達したインフラと、教育を受け、生産性の高い従業員を武器に、当社はメルセデス・ベンツ・ブランドとその伝統を新たな高みに引き上げようとしています。

DRB-Hicomとの合同組立事業に関する別の大プロジェクトでは、約RM1億を投資し、ペカンとクアンタンに基準となる組立施設を新設しました。この施設は、マレーシア随一の組立工場として、最高品質の車両と、現地で組み立てられた最も多様な車種を生産することを目的としています。

マレーシアは投資家に多くの利点を提供しています。マレーシア政府は同国の投資環境の改善に熱心に取り組んでおり、とりわけ同国をASEAN地域の自動車ハブの1つへと発展させるため、継続的な支援と取り組みを行っています。当社がマレーシアへの投資を決めたのは正しい選択であり、投資を更に拡大し、マレーシアの自動車産業の成長をお手伝いできることを楽しみにしています。

Daimler Chrysler


Content Type:

Duration:

BMW Group Malaysiaは2003年8月に設立され、現地と地域を担当しています。当社は主に4部門から成り、BMW Groupのアジア・ネットワークの重要な一部を構成しています。これらの部門は、BMWおよびMINIブランドの自動車とBMWブランドの二輪車を販売する国内販売会社(BMW Malaysia Sdn Bhd)、エンド・トゥ・エンドのITサービスを提供する3つのグローバル・ハブの1つであるグループ・データ・センター、世界各地のBMWから集められたスペシャリストが研修を受ける地域研修センター、およびアジア太平洋地域の19の市場にサービスを提供するタンジュン・ペレパス港の部品流通センターが担っています。

マレーシアに進出して以来、BMWは強力なプラットフォームを開発し、ここマレーシアのパートナーによる専門的な支援とコミットメントに支えられてきました。強力で安定した政治情勢、同地域でも有数のいくつかの優れたインフラ、そして大規模な人材プールを備えたマレーシアは、アジアにおけるBMW Groupの成長計画の確かな基盤となっています。

2004年8月にジョホール州ダルル・タクジムのタンジュン・ペレパス港に地域部品流通センターを設立したことは、BMW Group Malaysiaが地域的な重要な役割を担うようになったことを表しています。地域部品流通センターは、アジア太平洋市場全域に部品やアクセサリを迅速に届け、一流のカスタマー・サービスを提供することで、BMW Groupを支えています。

この地域におけるBMW Groupの成長を加速させるために設立されたもう1つの重要な資産が、グループ・データ・センターであり、当社の情報技術(IT)戦略の重要な一部を構成しています。グループ・データ・センターは、e-Mailの管理やウェブホスティング、電話通信、ネットワーク運用管理といった基本的なITサービスの他にも、BMW Groupのグローバル物流システム、営業、生産(組立および製造)、およびアジア太平洋地域、ロシア、南アフリカ、その他世界各国々に対する金融サービスを含め、部門特有の様々な応用業務を実施しています。

BMWは、BMWのご購入から、純粋な運転の喜び、そして一流のアフターサービスに至るまで、高級自動車を所有するという究極の体験をお客様にご提供することに熱心に取り組んでいます。BMWは、マレーシア政府の支援と助成を後ろ盾に、強力な基盤を築くことができました。この基盤は、BMWが現地と地域で成長を遂げる上で中心的な役割を果たしていくと思われます。

BMW Malaysia Sdn Bhd


Content Type:

Duration:

wpChatIcon
X