日本語
contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Western Digital

大手デジタル・ストレージ機器メーカーであるWestern Digitalは、マレーシアの設備を改善し、生産力を拡大するため、RM23億の追加投資を決定しました。この新規投資により、2,000人超の就業機会が創出される見込みです。2019年のWestern Digitalのマレーシアからの輸出額はRM180億でした。

Western Digital


Content Type:

Duration:

LONGi Green Energy Technology Coは、マレーシアのサマジャヤ自由工業地帯における太陽電池製品の製造を拡大するため、新たな製造施設にRM5億を追加投資しました。中国に本社のある当社は、世界最大のソーラーグレード単結晶シリコン製品メーカーであり、LONGi Kuchingは唯一の国外事業所です。LONGi KuchingはLONGi (Kuching) Sdn BhdとLONGi Technology (Kuching) Sdn Bhd.という2つの会社によって運営されています。

L単結晶シリコン太陽電池の垂直統合型製造拠点を設立したのは、LONGi Kuchingが世界で初めてです。

出典:The Star(リンク


LONGi


Content Type:

Duration:

パナソニックグループは1996年にマレーシアでの事業を開始し、マレーシアの電機メーカーを対象に、電子部品および工場オートメーション化サービスのマーケティング、販売およびサービスを提供しています。

当社の製品は輸出市場と国内市場に出荷されています。当社はパナソニックグループの一員であり、そのため当社の全製品は他のパナソニック子会社や、マレーシア内外の工場から調達しています。

当社はパナソニックの企業理念である「Ideas For Life」を遵守し、ワンストップの販売センターとして、成長を続ける輸出・国内市場をサポートしています。当社の売上は、当社の電子部品を真空掃除機、携帯電話、テレビ、コンピューターなどの自社製品に使用する他の消費財企業によってもたらされます。

当社がマレーシアで事業を開始した主な要因は、英語が堪能なマレーシアの多人種・多言語労働人口にあります。加えて、発達したインフラや活気のある事業環境も、当社の事業にとって理想的な立地となっています。

マレーシア政府の事業支援策や魅力的な優遇措置のおかげで、当社は質の高い製品を競争力のある価格で提供することが可能となっています。

パナソニックグループ(Panasonic Group)


Content Type:

Duration:

Keysight Technologies Inc.(旧Agilent Electronics)は、カリフォルニア州サンタローザに本社のある世界的な大手検査・測定企業です。当社は、世界の通信エコシステム、航空宇宙・防衛、自動車、エネルギー、半導体および一般電子機器のエンド市場におけるイノベーションを加速するための最先端の電子計測ソリューション、システム、ソフトウェアおよびサービスを提供しています。アジア、欧州および米国拠点に1万2,600人の従業員が勤務しており、世界100ヶ国以上の顧客にサービスを提供しています。

Keysightは1972年にマレーシアへの投資を開始し、ペナン州ジョージタウンの中心部に従業員60名の最初の事業所を開設しました。1年後、従業員数が15倍に拡大したことで、バヤン・レパス自由貿易区に移転しました。Keysightは、ペナン州の「シリコンバレー」に事業所を開設した多国籍企業のパイオニアである「8人のサムライ」グループの1つでした。Keysightがこうした初期の段階で成功を収めるには、効率的な公共インフラや事務的プロセスのほか、ハイスピードな事業を支える堅固な供給基盤が必要でした。マレーシア投資開発庁(MIDA)は、この初期段階で「事業に適した」環境を提供する上で、突出した支援をしてくれました。さらにMIDAは、国際合弁事業やパートナーシップの設立においても重要な役割を果たし、Keysightが利用する現地の強力な供給基盤の開発に貢献してくれました。

Keysightのマレーシア事業は、ペナン州で開発・製造するソリューションのポートフォリオがますます高度化するにつれ、規模だけでなく価値や専門知識、影響力という点でも、年を追うごとに急速に変化していきました。

現在は、ペナン州の自由工業地帯の42エーカーの敷地にある、120万平方フィートの最新施設で事業を行っています。Keysightの世界の重要拠点の1つであり、業務内容は経営管理、営業、サポート、マーケティング、製造、研究開発(R&D)、サプライチェーンおよびグローバル・インフラ・サービスまで多岐にわたります。2,500人強の従業員は全員マレーシア人であり、うち90%は高度専門家です。

Keysightはハイテク・高付加価値企業として、今後もマレーシアで成功し続けていきます。幅広く多様な人材プールに裏打ちされたマレーシアの健全 なビジネスエコシステムは、Keysighが世界をつなぎ、守る画期的な技術の加速に向けて邁進する中で、当社の今後の成長を後押ししてくれるでしょう。

KeysighはマレーシアにおけるMIDAとの46年にわたる実り多いパートナーシップを誇りに思い、この協力を更に46年間、またはそれ以上にわたり続けていきたいと願っています。

Keysight Technologies


Content Type:

Duration:

Daiichi Seiko (M) Sdn.Bhd.は日本の第一精工グループの子会社であり、精密機器の製造を専門としています。当社のコア・コンピテンシーは創業時から受け継がれた金型ツーリング技術に基づいており、当社の製品とサービスに新しい価値をもたらし続けています。当社は、開発や製造が難しいと思われていた製品を難易度の高い新手法で製造し、最先端技術によって付加価値を高めることにより、努力を続けています。

Daiichi Seiko (M) Sdn.Bhd.は2017年に、日本の第一精工グループの生産力を更に拡大するため、ジョホール州ヌサジャヤで設立されました。マレーシアだけでなく、全世界の顧客にサービスを提供することが主な目的です。当社は付加価値のある製品やサービスを提供し、次世代技術開発への投資を続け、世界に認められた技術を提案することにより、顧客に存在感を示したいと考えています。

第一精工グループは、グループ全体で協力することにより、未来のイノベーションを実現するための創造力を維持しています。当社はこの競争上の強みを磨くことで、成果を上げ、ステークホルダーやコミュニティ全体に貢献していく方針です。

マレーシアはASEAN地域内の戦略的な位置にあり、西洋と極東をつなぐアジアの主要海路が交わる所でもあります。ヌサジャヤ工場の設立により、シンガポールとの近さという強みを得たことで、より多くの事業機会が開けると予想しています。外国企業はマレーシアの有利な事業環境に魅了され、この国で事業拡大のための投資を行っています。

加えて、マレーシアの労働人口は、教育を受け、近代的な事業環境で必要とされる多くのスキルを備えています。もう1つの利点として、マレーシアの人件費は地域内の他の国々を下回っています。最も重要なのは、マレーシアの労働人口が安定しており、労働争議や暴動が比較的少ないことから、比較的低リスクで事業を行える点です。政治的に安定しており、平穏な暮らしができるマレーシアは、地震や津波、台風といった主な自然災害がない国でもあります。事業コストの低さの他にも、国の安定性や平和は、企業がリスクを評価する上で非常に重要な項目です。

とは言え、当社のマレーシア投資開発庁(MIDA)との関わりは常に非常に心地よいものでした。MIDAは情報を提供し、政府関係者との業務を支援することで、事業立ち上げの初期段階で我々を支援してくれました。MIDA職員は有能であり、事業の立ち上げや拡大、およびインセンティブに関する様々な分野について、幅広い知識を有しています。

Daiichi Seiko (M) Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

Testhub は、グローバルな多国籍企業に自動車用半導体テスト用のテスト ボード/テスト プログラム ソリューションのワンストップ設計、開発、製造を提供します。

技術的ノウハウ/R&D:

科学技術(S&T)指数:80%。自動車向け半導体のテスト・ソリューションのR&D活動(テスト回路図の設計、テスト・プログラム、プリント基板(PCB)の設計とレイアウト、テスト用ハードウェアとソフトウェアの開発、自動車規格に基づいた製品の特性化と適格性確認など)。研究所で投資を行った、Teradyne Flex、Eagleのテスタ群およびAdvantest T2000 IPSテスタを用いた検査手法について、幅広い経験を有しています。

プロジェクトのハイライト:

1) Testhub Sdn. Bhd.は、マレーシアで唯一テストボード/テスト・プログラムの設計・製造能力を有する事業体であり、世界中の多国籍企業にワンストップのテスト・ソリューションを提供しています。当社のテスト・ソリューションを利用している顧客は、大幅なコスト削減と生産性の向上を実現しています。

2) 当社は現在マレーシア人50人を雇用しており、S&T指数は80%となっています。当社は事業拡大プロジェクトを通じて、2018年から4年以内に、マレーシア人従業員の数を100人まで拡大する計画です。

3) 知識集約型企業である当社は、高所得国の仲間入りを果たすというこの国の野心に沿って、地元の電気・電子工学分野や物理学分野の高スキル人材を雇用しています。エンジニアの月間報酬はRM3,000.00~RM15,000.00です。

今後の展望

1) Testhub Sdn. Bhd.は地元企業であり、かつては国際的な多国籍企業に勤務していた経験豊富なパイオニア・チームや、長年にわたるグローバル顧客との幅広い技術協力/契約から技術的な専門知識を得ています。

2) Testhubの設立は、当社が今やパイオニアとなったテスト・ソリューションに従事するマレーシアの多くの地元企業にプラスの影響を与えています。またTesthubは、地元の大学と協力して、この分野のより多くの地元人材を育成しています。

3) 当社は2018年からの今後3年間で新しい検査技術、機器およびツールにRM3,000万の投資を予定しており、今後5年間で、科学技術分野のマレーシア人50人に新たな就業機会を提供する予定です。

Testhub Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

PENSONIC HOLDINGS BHDは1965年に設立された大手家電製造・販売会社であり、マレーシアのペナン州に拠点を置いています。1つの作業場から出発したPENSONICは、過去50年間で飛躍的な成長を遂げ、現在ではペナン州のブキット・ミニャクに新しい製造ハブと本社を設置しています。そこで、現地の約900のディーラーと取引を行い、世界30ヶ国以上に製品を輸出しています。製品レンジ全体の品質、機能およびデザインを改良するため、設備の整ったR&Dセンターを設立しました。

この非常に競争の激しい市場と業界において、他社との差別化は不可欠です。このことを念頭に、PENSONICは1982年から一連のブランディング活動に乗り出しました。一貫性のあるブランディングにより、PENSONICはたとえ厳しい市場環境の中でも営業を続け、他社と競争していくことが可能です。自社ブランドを育てること以外にも、PENSONICは自社の立場を強化して市場のリーダーとなるために複数のブランディング戦略を採用しています。その結果、当社はブランド・エクセレンス・アワード、プトラ・ブランド・アワード、消費者家電最優秀ブランドおよび最有望ブランド・オブ・ザ・イヤーなど複数の栄誉ある賞を受賞しています。

マレーシア政府は2010年に経済変革プログラム(ETP)を開始しました。その主な意図は、民間セクターを再活性化し、ゆくゆくはマレーシア経済を推進して高所得国の仲間入りを果たすというものです。PENSONICは幸運にも、仮想生産、サプライチェーンの改善、および家電の国際的流通ネットワークの設立(EHA)を含む製造ハブの設立の先駆けとなる少数の企業の1つに選ばれました。

当社はこのETPプロジェクトを支援する一環として、5,000万ドル以上を投資しました。PENSONICは今後もマレーシア投資開発庁(MIDA)などすべての関連政府機関やマレーシア貿易開発公社(MATRADE)と密に協力し、リーダーとしての地位を更に強化していく方針です。高度に発達したインフラと、政府によるコミットメントは、近い将来、マレーシアの100%国産ブランドである当社のブランドを一段引き上げる上で、当社の力となってくれるでしょう。

Pensonic Holdings


Content Type:

Duration:

マレーシアのイノベーションをリードする

Micronは、サプライチェーンのスリムさとコスト競争力を維持することと、世界で最も優秀な人材の一部を当社の最先端メモリ事業に集結させることを目的として、世界各地に拠点を分散しています。

当社のマレーシア拠点は、Micronの製造拠点の組立・検査ニーズを満たす上で重要な役割を果たしています。ムアにある既存施設を補完するため、ペナン州に最新の組立・検査施設を建設中です。この施設はMicronのSSD組立・検査センター・オブ・エクセレンスとなり、世界レベルのSSD技術を提供する当社の能力を強化および加速できる見込みです。

グローバル・コミュニティを支える

世界各地の拠点の成功を維持することには、持続可能な製造慣行を遵守し、当社のチームメンバーが働き、生活するコミュニティの支援に取り組むことが含まれます。当社は常に、水質管理、エネルギー効率化およびリサイクルを含む一連の領域において、環境負荷を軽減する新しい方法を探し求めています。当社はMicron財団を通じて、世界中の子どもたちに対する科学およびエンジニアリング教育を推進すると共に、助成金、プログラムおよびボランティアを通じて人間らしい生活を支援しています。

Micron Memory Malaysia Sdn Bhd


Content Type:

Duration:

ソニーは1980年代にマレーシアでオーディオ/ビジュアル製品の製造を開始しました。当社はDVD、CD-RW、フラットスクリーン、TV、オーディオ製品およびハイファイ装置などのハイテク製品を製造しています。当社のマレーシアへの累積投資額はRM20億を上回ります。

マレーシアは事業拠点として非常に優れています。マレーシア政府が、優れたインフラの開発や、質の高い従業員の雇用を可能にする素晴らしい教育制度を通じて行ってきた支援は、称賛に値します。

マレーシアには多くのコンポーネント・サプライヤーが存在するため、当社はシンガポールから当地に拠点を移し、世界の他のソニー企業に部品を調達するための国際調達拠点を設立しました。

マレーシアの政治的・経済的安定性は、これまでも、これからも、我々が成功を収めるための理想的な投資環境を提供してくれるでしょう。

ソニー


Content Type:

Duration:

シャープは25年以上前からマレーシアで事業を営んでおり、今も拡大を続けています。現在は6社で8,500人超の従業員を雇用しています。各社はそれぞれ輸出市場および国内市場向け製品の製造を専門としています。

Sharp Electronics (M) Sdn. Bhd.(SEM)がマレーシアで事業を始めたのは6年前であり、マレーシアにあるシャープの企業としては最も若い企業です。SEMは、グローバル調達センター兼サービスおよび部品販売会社としての役割を果たすかたわら、R&Dセンターとして、当社の職員が新製品の研究、設計、開発および検査を実施することを可能にしてきました。

マレーシアの人員は魅力的であり、R&D活動をマレーシアに統合できたのはそのためです。シャープのマレーシア人エンジニア650人のうち、250人がSEMで働いています。当社の現地エンジニアは非常に独創的で、製品の設計と開発に積極的に関わっています。

マレーシアはシャープにとって世界最大の国外輸出・生産拠点です。我々はマレーシアを、多くの理由で理想的な投資先だと考えています。

第一に、マレーシアに投資する企業への、政府による手厚い支援が挙げられます。問題は迅速に解決され、すぐに支援を得ることができます。SEMが経営統括本部としての地位を申請した際も、滞りなく手続きを行うことができました。我々が1999年12月にISO 14001認証を取得できたのも、現地政府による支援のおかげです。

我々にとってのもう1つのメリットは、マレーシアは電気・エレクトロニクス産業の多くの企業の生産拠点になっているという点です。ここでは、完成財、部品および原料を製造する多くのメーカーが共存しており、この競争が激しい環境のために、マレーシアは高品質の製品を競争力のある価格で提供することが可能となっています。

シャープ (Sharp)


Content Type:

Duration:

Samsungはマレーシアに12億米ドル近い投資を行っており、マレーシアは当社にとって最大の海外投資先となっています。またこのことは、マレーシアが事業をしやすい環境であることを裏付けています。

当社は投資家として、税務上の優遇措置、効率的で発達したインフラ、そして質の高い人材の恩恵を受けてきました。当社のマレーシア事業がうまくいっているのは、これらの要因によるものです。当社のような業種に対するマレーシアの強力な支援は心強く、当社はマレーシアでの投資拡大に意欲的な姿勢を維持しています。

またマレーシアの裾野産業はレベルが高く、現地で高品質のコンポーネントを調達可能なことも、グローバル市場における当社製品の競争力を高めることにつながっています。

Samsung


Content Type:

Duration:

オランダのRoyal Philips Electronicsは世界最大のエレクトロニクス企業の1つであり、欧州最大のエレクトロニクス企業でもあります。60ヶ国以上で159,709人の従業員が勤務しており、2005年の売上高は304億ユーロでした。

Philipsは1930年代後半からマレーシアで事業を行ってきました。当時のPhilips Group企業によるマレーシアでの事業活動は、製造、輸出および現地での販売・マーケティングなどでした。1960年に最初に設立されたPhilips Malaysia Sdn Bhdは、指定代理店を通じて電球を販売しました。1970年代までには、Philipsがマーケティング業務を引き継ぎ、製品レンジを拡大しました。当社は今や、照明、半導体、医療システム、デジタル・ネットワーク、家電・パーソナルケア製品、および消費者エレクトロニクスなど様々な業種で信頼できる評判の良い企業という名声を確立しており、当社の事業活動は、製造、販売・マーケティング、技術的サポートおよび応用サポートで構成されています。

1992年7月、PhilipsとMotorolaは半導体Semiconductor Miniature Products (Malaysia) Sdn Bhdと呼ばれる合弁事業を設立しました。スレンバンのトゥアンク・ジャファー工業団地にあるこの会社の工場では、世界市場向けに表面実装型のディスクリート半導体を製造しており、ハイテク組立・検査も行っています。現在、同社はオランダのRoyal Philips Electronicsの完全子会社であり、工場では900人超の従業員を雇用しいます。

2005年8月、オランダのRoyal Philips Electronicsは、Agilent Technologyが保有していたLumileds Lighting Int B.Vの株式47%を取得しました。これにより、Philipsはソリッドステート照明を製造するLumiledsの支配持分を獲得し、ソリッドステート照明事業を更に拡大し、照明分野におけるリーダーとしての地位を固めることができました。ペナン州にあるLumileds拠点の年間生産額はRM7億にのぼります。高輝度LEDの世界市場は今後数年間、年間約25%の割合で成長すると見られ、Lumiledsの高輝度LED生産拠点はここマレーシアにしかないため、Philipsはその恩恵を受けるのに有利な立場にあります。Lumiledsの米国、オランダ、アジアの総従業員数1,760人のうち、1,200人がマレーシアに勤務しています。

「マレーシア政府は事業に有利な政策を取っており、そのおかげでマレーシア経済はこれからも底堅さを保ち、外国人投資家を引きつけ続けるでしょう。マレーシアの教育制度は、才能ある有スキル人材を輩出し続けています。政府は既にマレーシアを地域の教育ハブとし、知識労働者の育成にインセンティブを提供することで、前に進みつつあります」とマレーシアのPhilips Group企業の会長兼最高経営責任者(CEO)であるRajah Kumarは言います。「誰もがオンラインやオフラインでつながるよう、インフラ環境を改善し、ICT環境の開発を進めることが重要です。そうすれば、大企業は取引活動を現地企業に外注することが可能になり、また通信回線をリースする余裕がない中小企業の業務を高度なブロードバンド技術で支援することが可能になるでしょう」とKumarは付け加えました。

Philipsは黒字成長を維持すると決意しており、年間約RM30億の売上をあげ、マレーシア経済に大きく貢献しています。Philipsの目標は、アジア太平洋地域における自社の地位を高め、同地域が自社のグローバル収益の約3分の1を占めるようにすることです。Philipsが成功するためのカギは、中国、インド、ASEAN諸国のニーズが拡大するかどうかです。PhilipsはASEANを1つの総合市場と見ており、そこではマレーシアが重要な役割を果たします。Philips Malaysiaは、PhilipsのASEANグループ企業の総売上高に対する貢献度で第2位にランクインしています。

「我々はマレーシアへの投資に非常に満足しています。成功の尺度は、我々が得た有形・無形の便益です。無形の便益は、当社の長期的かつ持続可能な成長にとって根本的に重要です。有形の便益は売上高の伸びや利益、投資利益率(ROI)で直接測ることができますが、無形の便益はより深く、観念的であり、会社やそこで働く人々、事業に対する愛着をもたらします」とマレーシアのPhilips Group企業会長兼CEOは言います。

Philips


Content Type:

Duration:

Panasonic Industrial Company (M) Sdn Bhdは1996年にマレーシアでの営業を開始し、マレーシアの電機メーカーを対象に、電子部品および工場オートメーション化サービスのマーケティング、販売およびサービスを提供しています。

当社の製品は輸出市場と国内市場に出荷されています。当社はパナソニックグループの一員であり、そのため当社の全製品は他のパナソニック子会社や、マレーシア内外の工場から調達しています。

当社はパナソニックの企業理念である「Ideas For Life」を遵守し、ワンストップの販売センターとして、成長を続ける輸出・国内市場をサポートしています。当社の売上は、当社の電子部品を真空掃除機、携帯電話、テレビ、コンピューターなどの自社製品に使用する他の消費財企業によってもたらされます。

当社がマレーシアで事業を開始した主な要因は、英語が堪能なマレーシアの多人種・多言語労働人口にあります。加えて、発達したインフラや活気のある事業環境も、当社の事業にとって理想的な立地となっています。

マレーシア政府の事業支援策や魅力的な優遇措置のおかげで、当社は質の高い製品を競争力のある価格で提供することが可能となっています。

Panasonic Industrial


Content Type:

Duration:

OSRAM Opto Semiconductors GmbHは、照明、センシングおよびビジュアライゼーション・セクター向けの光電子工学半導体を製造する世界的大手の1つであり、半導体、コンバータ素材およびパッケージングに関する幅広いノウハウを有しています。

ドイツのレーゲンスブルクにある本社と、ペナン州(マレーシア)の生産拠点、そして世界の営業所ネットワークでは、4,600人以上が働いています。

当社は、光電子工学半導体コンポーネントの30年以上にわたる開発・製造で培った経験を活かしています。

それを裏付けるように、当社は様々な半導体技術分野で3,000件以上の特許を取得しています。加えて、照明セクターでは、親会社OSRAMの100年前の実績にさかのぼる豊富な経験があります。

この集中的な知識や、革新的な製品、技術およびビジョンが相まって、OSRAM Opto Semiconductorsは照明アプリケーション向け半導体技術に関するあらゆる事柄において、非常に優秀なパートナーとなっています。

OSRAM Opto Semiconductors (Malaysia) Sdn. Bhd.には、精密性とタイムリーな製品開発を両立させた、優れた技術革新の実績があります。

当社のペナン州の拠点では20年以上にわたり、世界中に販売するLEDを製造してきました。現在、ペナン州には世界最先端のLEDチップ工場があります。

LED市場は成長著しい未来の市場であり、非常に大きな可能性を秘めています。Osramは長期的に、市場の首位の座を確保することを目指しています。

当社はイノベーションだけでなく、ドイツとマレーシアの施設の生産能力の拡大にも投資しています。レーゲンスブルクとペナン州は当社の成長戦略の重要な柱であり、革新的なLED技術の拠点でもあります。

レーゲンスブルクのメイン工場に加えて、ペナン州のウェーハ製造工場では、大量の照明および消費財アプリケーション向け需要の高まりに応えるため、最新の窒化技術を用いてLEDチップを製造しています。

新工場への総投資額は、最終的に数千万ユーロ台後半となり、800人超の新規雇用を創出し、OSRAMは北部地域で最大の雇用主の1つとなる見通しです。

OSRAM Opto Semiconductors (M) Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

Knowlesの高精密音声機器の設計・製造能力は、数十年に及ぶ聴覚補助分野でのリーダーシップに由来します。1946年に設立されたKnowles Electronicsは、1950年代に聴覚補助コンポーネント市場を切り開き、今もこの市場における揺るぎないリーダーとして、聴覚補助機器の設計や、それ以外の音声機器についての新しいアイデアを提供し続けています。

当社は最近、1,000万米ドルを投じて現在4階建てのビルに2つのフロアを建て増しする追加投資を承認しました。さらにこの拡張は、高精密小型音響変換器(マイク)を製造する主要拠点の1つとしてのマレーシアに対するKnowlesの信頼を表しています。

Knowlesが投資先および事業拠点としてマレーシアを選んだ理由はいくつかあります。第一に、マレーシアは、十分な教育を受け、献身的で、高度な訓練を受けた労働人口によって支えられています。これは、多国籍企業が現地で過去30年にわたり事業を成功させてきた結果です。第二に、マレーシア政府による、企業を優遇する投資支援策を追い風に、国外からの投資が勢いを増しています。最後に、マレーシアには優れたインフラとサプライチェーンのサポートが整っており、そのためマレーシアは極めてコスト競争力の高い事業拠点となっています」Knowles Electronicsのバイス・プレジデント兼最高総務責任者であるRay Cabreraは言います。

Knowlesは、マレーシア事業の更なる躍進を期待しており、それが実現可能であると確信しています。

Knowles Electronics


Content Type:

Duration:

INTEL Microelectronics (M) Sdn. Bhd.-Intel Corporationは1968年にカリフォルニア州で設立されました。当社はシリコンに関するイノベーションの世界的リーダーであり、世界最大のメモリチップ・メーカーでもあります。Intel Malaysiaは1972年にペナン州で設立されました。当初の従業員数は100人に過ぎませんでしたが、Intel Corporationの米国外で最大かつ最も多様性に富んだ拠点へと進化しました。現在、Intel Malaysiaはマイクロプロセッサ、チップセット、ネットワーク・プロセッサおよびマイクロコントローラーを含む幅広い製品レンジに対応しており、これまでに製造したマイクロチップは40億個を上回ります。

Intel Malaysiaは、最新のIntel製品のハイテク製造・設計・開発活動、グローバル・シェアードサービス、および企業の社会的責任(CSR)活動を通じて、この国の社会と経済の発展に貢献してきました。当社は過去42年間でRM140億超の投資を行い、高スキルのマレーシア人9,000人を雇用しています。

Intel Malaysiaのマレーシアにあるグローバル・サービス・センター(GSC)は、半導体その他のコンピューター・デバイスの研究、設計、開発およびそれに関連する付随的活動や、財務、人事、IT、調達、製造、物流、倉庫保管および営業サービスに関連したサービス活動を実施しています。

Intel Microelectronics


Content Type:

Duration:

Ismeca Malaysia Sdn. Bhd.はアメリカ合衆国のCohu Semiconductor Equipment Groupの完全子会社です。Cohuは、ICおよびLEDテストハンドラ、微小電気機械システム(MEMS)テストモジュール、半導体メーカーおよび検査下請会社による最終テスト、バーンインおよびシステムレベルテストに用いるバックエンドの仕上げ装置および熱サブシステムの大手サプライヤーです。

当社の国際調達センターは、製造業務に必要な原料やコンポーネントの調達と、完成財のグローバル市場への販売を支援する従業員63人の雇用を創出し、所得RM3,000超の仕事をマレーシア人に提供する予定です。

​Ismeca Malaysia


Content Type:

Duration:

Infineonは1973年に、Siemensの半導体グループの一部としてマレーシアのマラッカ州工場で操業を開始し、その後Siemens AGから独立しました。マレーシアは米国と欧州以外の唯一の拠点であり、Infineonはウェーハ製造からメモリチップのアセンブリおよび検査に至るまで、フロントエンド業務とバックエンド業務を含む完全一貫製造を行っています。

マレーシアにおけるInfineonの事業は主に以下の3つに分かれています。

  • Infineon Technologies (Kulim) Sdn Bhd:フロントエンド業務(ウェーハ製造)。ケダ州クリム
  • Infineon Technologies (M) Sdn. Bhd.:先端ロジック系半導体を用いたマイクロエレクトロニクス製品のバックエンド業務。マラッカ州バトゥ・ブレンダム自由貿易区。
  • Infineon Technologies (Advanced Logic) Sdn. Bhd.:電力、ディスクリートおよびセンサー半導体を用いたマイクロエレクトロニクス製品のバックエンド業務。マラッカ州バトゥ・ブレンダム自由貿易区。

マレーシアにあるInfineonの全拠点は、製造業務に加え、自動車用半導体や電力半導体を中心とする次世代メモリチップやデバイスのプロセス開発を目的としたR&Dも行っています。

マレーシアで会社を設立して以来、Infineonは技術革新を通じて事業の拡大と変革を続け、この国の産業転換に大きく貢献してきました。マラッカ州とクリムの工場はいずれもInfineonの世界最大規模の拠点であり、2015年時点で8,800人超のマレーシア人が勤務していました。これはInfineonの世界の従業員全体の約3分の1に相当します。

クリムにある第1工場の優れた成長実績や安定性、そしてマレーシア投資開発庁(MIDA)の支援を追い風に、Infineonの役員会はウェーハ製造施設の拡大を決定しました。第2工場施設は、エネルギー効率化および自動車産業向けのメガトレンド技術に重点を置いた製造コンピテンシー・センターとなります。またこの施設では、R&D活動とマレーシア人従業員への技術研修を行います。最終的に、このプロジェクトによって、マレーシアはこれらの革命的な製品の主要な製造ハブとなる予定です。

クリムにある第2工場施設の開所式では、グループCEOのReinhard Ploss博士が、熟練労働者や優れたインフラを理由に、マレーシアを引き続き事業拡大計画の拠点として選ぶことを強調しました。このことは、マレーシアの有利な事業環境を証明しています。

Infineonは世界中の専門家による大規模な社内研修や国外研修を提供しており、そのため当社に勤務するマレーシア人エンジニアは、スキル向上の機会を与えられています。またInfineonはマレーシア大学ペルリス校、マレーシア科学大学(USM)、マレーシア国際イスラーム大学(IIUM)、トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学(UTAR)およびマラヤ大学(UM)などの地元の大学と密に協力して、業界のニーズに合ったマレーシア人人材を大量に育成するため、セミナーを開催し、開発用ハードウェアを提供し、最優秀学生賞を授与しています。

Infineon


Content Type:

Duration:

日立製作所は、1971年の最初の投資以来、マレーシアに合計約RM7億3,000万の投資を行ってきました。日立グループは現在、マレーシアで22の製造施設を運営し、地元従業員18,000人を雇用しています。そのため、マレーシアは日立製作所の最も重要な製造拠点の1つとなっています。

当社がマレーシアに引きつけられた要因としては、安定した電力供給や電気通信設備をはじめとする工業団地の高度に発達したインフラ、魅力的な優遇措置、そして最も重要な点として、柔軟な産業政策を取る安定した政府が挙げられます。

加えて、マレーシア人の大半は英語を話し、理解することができるため、マレーシアへの技術移転は難易度がはるかに低いことも特徴です。

日立製作所 (Hitachi)


Content Type:

Duration:

IC Microsystems Sdn Bhd(ICmic)はマレーシアのサイバージャヤに本社を置くファブレスIC(集積回路)設計会社です。当グループは2001年に半導体業界の経験豊富な専門家であるAbdul Rashid Munirによって設立されました。当グループに最初に投資したのは、カリフォルニア州サンタクララに本社のある電子設計自動化(EDA)企業のSilvaco Internationalの子会社のSilvaco Data Systemsでした。ICmicはマルチメディア・スーパー・コリドー(MSC)の企業であり、MESDAQへの上場を承認されています。

基本的にICmicは「開発」段階を通り越し、潜在的な「成長」を加速する計画を作成しています。当社の強みは、技術(と知的財産)を所有していること、第三者の技術を使用しておらず、そのためロイヤリティーの支払いが不要である点にあります。

当社のコア・コンピテンシーは、ICの設計、デバイスのモデリング、シミュレーション、レイアウトおよび検査分野にあります。ICの設計は、マレーシア政府が推進する知識集約型の活動と大きく関連しています。これらの活動が、世界の半導体業界におけるマレーシアの地位を高めることは間違いありません。半導体マスク製造、ファウンドリおよびパッケージングなどその他の業務は、それらのサービスを専門とする多くの国際的ベンダーに外注しています。ただし、外注先には、要件を満す最良のベンダーのみを選定しています。

現在の製品ポートフォリオは、以下を含む82種類のデバイスで構成されています。

ミックスド・シグナルIC(デジタル・アナログ・コンバータIC(DAC)形式で)、無線周波数(RF)IC、固定電話用IC、シリアルEEPROM IC 当社の実力を示すように、ICmicはシリアルEEPROM以外のすべての製品について、コンセプト化、設計および開発を自社で行っています。この段階に達するまで、ICmicはR&DにRM1,400万近い資金を投資しています。

ICmicは最近、Telekom Malaysia Berhad(TM)から発信者ID表示電話RM1,380万相当の供給に関する2年契約を受注するという大きな成果をあげました。この電話機は、ICmicのシングルフォンICをコア・コンポーネントとして使用して設計されています。これは国産ICを使用した最初の電話機であり、ICmicの能力が認められている証拠です。またこのICは、ある米国企業が米国市場向けに設計したアラーム・セキュリティ・システムにも使用されており、ICmicが自社のICを搭載可能な他の電気通信関連の製品に進出する足がかりになると思われます。これこそが技術を「所有」していることの強みです。

「マレーシア企業である当社は、この国で、知識主導型で付加価値の高い活動を更に推進・強化するきっかけになりたいと願っています」IC Microsystems Sdn Bhdの最高経営責任者(CEO)であるAbdul Rashid Munirは言います。「ICmicの強みと成功のカギは、幅広い経験と専門知識を持つ高スキル人材にあります。またICmicは地元の大学新卒者を採用し、IC設計分野で経験豊富な当社の人材が研修を行っています」。

ICの設計は世界的に非常に競争が激しい事業です。知識主導型の活動に大きく依存し、幅広い研究開発(R&D)が必要です。ICの設計は半導体バリューチェーンの中で最も付加価値の高い要素であり、そのため非常に高度な技術水準が求められます。よって、バリューチェーンのすべての活動、つまりICの設計、ウェーハ製造、組立・検査および技術マーケティングを自国で行えば、マレーシアが高付加価値の半導体製造国になる道が開けることは間違いありません。

他社との連携に関して言えば、ICmicは世界の大半の大手ウェハ・ファウンドリや組立・検査受託メーカーとの「経営上の」つながりがあります。さらに、ICmicの世界各地の顧客にはCelestica、Rockwell Automation、Litton Elecronics(中国)、LGなどが含まれます。加えて、当社はAVNET Logistics(米国)やRetronic GmbH(ドイツ)を含む幅広い販売会社を代理店としています。

IC Microsystems


Content Type:

Duration:

 

Honeywellはフォーチュン100にも選ばれている多角経営の大手テクノロジーおよび製造企業であり、世界中の顧客に航空宇宙分野の製品やサービス、ビル、住宅および産業用の制御技術、ターボチャージャー、および機能材料を提供しています。Honeywellのマレーシア事業は1985年から始まり、現在ではレーシア全土の6都市(クアラルンプール、プタリン・ジャヤ、シャー・アラム、ペナン、クママンおよびジョホールバル)で1,450人超の従業員が働いています。Honeywellの技術やソリューションは、マレーシアにおける、より安全で信頼性の高いエネルギー効率化社会の開発を支援してきました。

現在では、Honeywellの事業グループのうち3つがマレーシアで事業を営んでいます。

Honeywell Aerospaceは、2009年1月に正式に開業したペナン州にある22万平方フィートの施設で事業を行っています。このペナン州の施設では、民間、業務用、一般航空機および軍用機向けの統合アビオニクスシステムを製造しています。

Honeywell Automation and Control Solutionsは、自宅や職場をより安全、快適、安心、生産的、かつエネルギー効率の高い環境にするための、革新的な製品、ソリューションおよびシステムの完全なポートフォリオを提供しています。Honeywellは、セランゴール州に電気機器およびシステムの製造施設を設置しています。

石油・ガス分野では、Honeywellはマレーシアでガス処理およ水素産業用の加工プラントおよび機器のエンジニアリング、設計および組み立てを行っています。Honeywell Performance Materials and Technologies(PMT)は、天然ガスから不純物を取り除く膜をペナン州の施設で製造し、世界各地の顧客に販売しています。さらにPMTはエアコンおよび冷凍装置用の冷媒や、繊維糸製造用のカプロラクタムも提供しています。

「Honeywellは、世界とASEANの貿易システムに占める戦略的地位を理由に、マレーシアを高度成長市場の1つと位置づけています」Honeywell Southeast Asia (Malaysia, Singapore, Thailand, Philippines)社長のJim Bujoldは言います。「マレーシアでの操業開始以来、政府から多大なご支援をいただいたおかげで事業を成長させることができました。」以下は2つの特徴的な例です。

マレーシア投資開発庁(MIDA)は、HoneywellのUOP Malaysia Sdn BhdおよびHoneywell Aerospace Avionics Penangのタイムリーな立ち上げと操業に大きな力を貸してきました。MIDAはこれらのHoneywell事業体に対し、設立当初から、税務上の優遇措置、R&D資金および人材開発助成金を含む特別優遇プログラムを付与しました。企業のニーズを理解し、必要とされている支援を提供することに対するMIDAの積極的なアプローチは称賛に値します。

現在、HoneywellのUOP Malaysiaは、ペナン州とクアラルンプールの2ヶ所で120人超の従業員を雇用しています。当社はグローバル・センター・オブ・エクセレンスとして、エンジニアリング・デザイン・サービス、エンジニアド・システムおよび世界中の顧客に輸出する機器を提供しています。またAerospace Penangの施設には768人の従業員が勤務しており、経営陣の88%以上が現地採用です。当社の成功のカギは、マレーシア政府の強力な支援と現地の熟練人材の貢献にあります。

Honeywell


Content Type:

Duration:

Globetronics Technology Bhd.は、半導体ベースの製品とサービスを提供する総合的な受託製造企業です。1990年にペナン州で工場を借り、Globetronics Sdn. Bhd.という社名で事業をスタートさせました。当時の従業員はマレーシア人創業者の2人だけであり、世界中の多国籍企業がペナン州に設置した製造拠点にサービスを提供していました。以来、当社は毎年30%ずつ成長し、現在ではクアラルンプール証券取引所のメイン・ボードに上場しています。

当社はペナン州に本社を構え、顧客にサービスを提供するため、マレーシア国外にも事業を拡大しました。マレーシア、フィリピン、香港および中国にある子会社10社と関連会社1社、そして米国にある営業所が、世界中の顧客のために、より付加価値の高いサービスや、よりコスト競争力の高いパッケージ/プロセス・プラットフォーム、および電子商取引ソリューションを開発および提供しています。

当社が成功を収めた理由としては、マレーシア政府の投資支援策や、安定した政治情勢、非常に優れたインフラ、そして献身的な熟練従業員が挙げられます。多国籍企業のマレーシア事業が過去30年間に際立った成功を収めてきたおかげで、マレーシアには、高度な訓練を受け、熟練した多くの技術労働者が存在します。そのためマレーシアでは、そこから派生して、より付加価値の高い製造事業や、知的財産関連の開発および事業活動が生まれると見られます。

継続的な投資拡大を検討している既存の投資家または初めての投資家にとって、マレーシアは優れた製造業の一大中心地かつR&D活動の肥沃な土壌となっています。

Globetronics Technology Berhad


Content Type:

Duration:

富士電機デバイステクノロジー(FDT)の海外完全子会社であるFuji Electric (Malaysia) Sdn. Bhd.(FEM)は、マレーシアのケダ州にあるクリム・ハイテク工業団地で1998年に操業を開始しました。FEMはクリム・ハイテク工業団地の先駆的投資家の1つであり、この戦略的立地で工業を営むことの可能性を予見していました。

1999年に従業員が約400人だった当社は、2008年には従業員が1000人を超えるまでに成長し、2007年には媒体の製造ラインを10から18に増やしました。現在、当社の月間ディスク生産力は350万~700万枚となっています。

2007年には、マレーシア投資開発庁(MIDA)やケダ州政府、およびクリム・ハイテク工業団地公社の強力な支援を得て、FDTは半導体事業の拡大を決定し、社名をFuji Electric Semiconductor (Malaysia) Sdn. Bhd.(FSM)に変更しました。2008年4月には、絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)の製造を正式に開始しました。2009年にはシリコンウェハチップの製造を開始する予定です。FSMはシリコンウェハチップの製造からIGBTの組立と検査までを行う最初のIGBT完全一貫製造工場であり、これはFDTとFSMの両方にとって画期的な出来事です。

両社はマレーシアの戦略的立地に位置し、顧客基盤と主要サプライヤーに近いことから、効率的に顧客の需要に応えることが可能です。

マネージング・ディレクターであるDato’ Kozo Kataraoは、マレーシアの戦略的立地、優れたインフラ、熟練労働者の大規模なプール、安定した社会的・政治的環境、そして相対的に低い事業コストを背景に、マレーシアは今後も競争力のある投資先であり続けるだろうと考えています。

Fuji Electric (Malaysia) Sdn Bhd


Content Type:

Duration:

10年以上前、世界最大の細・極細銅マグネットワイヤー・メーカーであるElektrisola Groupは、アジア初の製造工場の拠点を探し始めました。当社は東南アジアと東アジアの候補地を詳細に比較した後、マレーシアを地理的・戦略的に最適な立地と判断し、1990年に、クアラルンプール近郊にハイテク自動製造工場を設立することを決定しました。

振り返って見ると、当時マレーシアを選んだ主な要因は、当社の期待を上回っただけでなく、今日に至るまで改善し続けています。当社が最も重視したのは、全体的に優れたインフラと、生産性が高く、英語を話すことができ、育成可能な人材です。また、連邦レベルと州レベルのマレーシア政府はビジネス志向であり、真剣に外国直接投資(FDI)の誘致に熱心に取り組んでいます。これらの要因が大きな追い風となり、当社はアジアで急速な成長を遂げることができました。

現在、Elektrisola Malaysiaは世界25ヶ国の自動車およびエレクトロニクス業界の顧客に製品を供給しています。当社はマレーシアへの投資を続けており、マレーシア事業がElektrisola Groupの中でも有数の競争力を誇るという事実は、マレーシアはアジアの優れた直接投資先という当社の自信が正しかったことを裏付けています。

Elektrisola


Content Type:

Duration:

Dell Asiaがペナン州に設立した最新工場であるアジア太平洋地域第2カスタマーセンター(APCC2)は、当社の今後3年間の地域的拡大において重要な役割を果たす予定です。2001年3月に操業を開始した同施設は、Dellの既存工場の5倍の大きさであり、生産力は2倍です。APCC2はノートパソコン、PCおよびサーバーを年間200万台生産することが可能です。

この新工場は、マレーシアおよび地域に対するDellの信頼を表しています。当社は米国経済の減速を恐れてはいません。当社はアジア太平洋事業に自信を持っており、この地域が更に成長していくと予想しています。

Dellが複合施設の設置場所としてこの場所を選んだのは、アジア太平洋地域におけるマレーシアの戦略的立地のためです。中国の厦門、テキサス州のオースティン、アイルランドのリムリックにある当社の施設が、それぞれグレーターチャイナ、米州、欧州にサービスを提供しているのと同様です。またマレーシアは確立されたインフラと高度な訓練を受けた労働人口によって支えられており、当社はその労働人口の中から選んだ従業員に直接的な事業モデルの運営を任せています。

マレーシアは、イノベーション、起業家精神、そしてテクノロジーを牽引役として、知識経済の実現に真剣に取り組んでいます。Dellはこれを支援し、目標の完全な実現に貢献していく方針です。

Dell


Content Type:

Duration:

wpChatIcon
X