日本語
contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

IOI Oleochemicals Industries Berhad

IOI Corp Bhd.の子会社であるIOI Oleochemicalは、世界最大のオレオケミカル・メーカーの1つであり、脂肪酸、グリセリン、ソープヌードル、脂肪酸エステルおよび川下の特殊オレオケミカル派生物を製造しています。マレーシア法人はペナン州とジョホール州に製造施設を設置し、80ヶ国以上の顧客に製品を供給しています。

詳細は当社のウェブサイトhttp://www.ioioleo.com/au_ioioleo.htmlをご覧ください。

IOI Oleochemicals Industries Berhad


Content Type:

Duration:

1991年に設立され、マレーシアに本社のあるTop Glove Corporation Bhdは、世界最大の手袋メーカーです。1つの工場と1つの手袋製造ラインしかない地元企業としてスタートした当社は、今や世界のゴム手袋市場の26%を占めています。当社はマレーシア、タイおよび中国で製造事業を展開しています。またこれらの諸国のほか、米国、ドイツ、ブラジルにマーケティング拠点を開設しており、世界195ヶ国の2,000以上の顧客に製品を輸出しています。

Top Gloveは、1万8,000人の従業員に支えられ、長年かけて有効性が実証された業務方針に従い、高品質な手袋を、効率的な低コストで生産し続けています。Top Gloveは、これまでの実績に満足することなく、2020年末までに世界市場のシェアを30%まで拡大するなどの、より高い目標に照準を合わせています。

Top Glove Corporation Bhd


Content Type:

Duration:

United Capsは、マレーシアに、人間の介入を最小限に抑えるよう設計された、全自動のスマート製造工場を所有しています。投資額はRM1億2,200万にのぼります。

United Caps


Content Type:

Duration:

Pengerang Refining Company Sdn Bhd と Pengerang Petrochemical Sdn Bhd (総称して PRefChem) は、世界最大で最も成功している国営石油会社 2 社の戦略的提携から形成された 2 つの合弁会社です。マレーシアとサウジアラビアの国営石油会社であるサウジアラムコ。 PRefChem は、マレーシア南部のジョホール州にあるペンゲラン統合コンプレックス (PIC) の重要な部分を形成する製油所および石油化学コンプレックスを所有および運営しています。

このスマートなパートナーシップにより、PIC 内の製油所、クラッカー、および石油化学施設の運営において、確保されたリソース、最先端のテクノロジー、膨大な量の経験、および 2 つの世界クラスの企業の商業的存在感が結集します。

精製施設は、1 日あたり 300,000 バレルの原油を処理する能力があり、Euro 5 燃料仕様を満たすジェット燃料、モーター ガソリン、ディーゼルなど、さまざまな精製石油製品を生産しています。また、年間 340 万メートルトン (mtpa) の銘板容量を持つ石油化学コンビナートの原料も提供します。

ペンゲラン統合コンプレックス (PIC) は、270 億ドルの投資です。この精製所は、1 日あたり 300,000 バレルの原油を処理できます。

prefchem.com/ にアクセスしてください。

PrefChem


Content Type:

Duration:

1992年に設立されたBaerlocher Malaysiaは、アジア、環太平洋地域、中東のプラスチック産業向けの主要な添加剤サプライヤーとして、Baerlocherグループの企業を代表しています。

現地市場へのサービス提供の他に、製品の90%以上がインドネシア、バングラデシュ、タイ、ベトナム、フィリピン、中東、台湾、韓国、パキスタン、スリランカ、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドに輸出されています。

首都クアラルンプールに近いセレンバンにある同社は、パイプやプロファイル、窓、ケーブル、ワイヤー、フレキシブル ホース、合成皮革、床などの硬質可塑化アプリケーション向けのカルシウム ベースおよび従来のベースの PVC スタビライザーを製造しています。 、リジッドフィルム、パッケージングなど。

Baerlocher Malaysia は、特許を取得した独自の AV 技術を使用して、ポリマー、ゴム、建築、紙、および木のラッカーの用途で広く使用されているステアリン酸亜鉛やステアリン酸カルシウムなどの高純度の金属ステアリン酸塩を製造しています。 AV 技術により、粉塵の少ない粒状および粉末状の製品形態を製造できます。

Baerlocher


Content Type:

Duration:

東レは1926年に日本で設立されました。化学複合企業である当社は、世界各地で多角的な事業を営んでいます。1970年代から始まった東レのマレーシア事業は、東レによる日本国外での主な投資の1つです。東レはToray Group (Malaysia)という総称で呼ばれており、Toray Industries (Malaysia)の監督下で、ペナン州の戦略的工業団地において、Penfibre、PenfabricおよびToray Plastics (Malaysia)を通じて7つの製造工場を運営し、またパハン州のクアンタンで合弁事業Toray BASF PBT Resinを運営しています。現在、当グループはポリエステル・ステープル繊維、織物(織布、糸染織物、および縫糸用生糸)、エンジニアリング・プラスチック樹脂(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂およびポリブチレンテレフタレート(PBT)樹脂)、ならびにバッテリーセパレータフィルムを含むポリエチレン・テレフタル酸エステル(ポリエステル・フィルム)の製造とマーケティングを行っています。

工場の継続的な近代化・拡張活動や、他の合弁事業、国際調達センターおよびサービス会社のほかに、当グループの現地事業または国外事業を補うために、Toray Malaysia Systems Solutionが設立されました。

47年以上前に設立されて以来、東レはマレーシアの安定した経済的・政治的環境や、戦略的立地、うまく統合された原料サプライチェーン、近代的インフラ、豊富なエネルギー資源、寛大な税制度、投資奨励金、そして高スキルの人材に魅了されてきました。

より重要な点として、東レはマレーシア投資開発庁(MIDA)や国際貿易産業省(MITI)をはじめとする連邦当局から多大なサポートや助言、ご支援をいただき、マレーシアの経済発展と歩調を合わせながら、ますます成長を遂げてきました。東レは革新的なプロジェクトを通じてマレーシア事業を引き続き拡大しようとしており、このことは、当グループが地域のバリューチェーンの川上に移動することに役立つと思われます」と東レのマレーシアの首席代表兼Toray Industries (Malaysia)のマネージング・ディレクターであるTeh Hock Soonは言います。

責任ある企業市民として、東レは自然環境の保全に取り組み、様々なCSRプロジェクトを通じて現地コミュニティに還元しています。その一例としては、マレーシアにおける科学技術の振興を目的として1993年にマレーシア東レ科学振興財団を設立したことや、マレーシア科学大学(USM)に東レ USMナレッジトランスファーセンターを、スブラン・ジャヤにオリンピックサイズの水泳プール複合施設を、およびバトゥカワン・スタジアムに電光掲示板を寄贈したことが挙げられます。

東レ


Content Type:

Duration:

Eastman Chemical Companyは、東南アジア4ヶ国の11ヶ所を2年間かけて調査した結果、年間3万トンのコポリエステル樹脂を生産する工場をマレーシアのパハン州に建設することを決定しました。地域市場へのアクセス、競争力のある価格の原料へのアクセス、優秀な従業員を採用できる可能性、事業に適した環境、および物流を含め、14項目を評価しました。総合的に見て、クアンタンに近いゲベン工業団地が、質の高さとアジアへのアクセスという点で、Eastmanがこの地域で初めて完全所有する工場のグリーンフィールド開発に最適と判断しました。

予定より早く、予算内で工場を建設できたことから、Eastman Chemical Malaysiaはアジア太平洋地域のコポリエステル市場で好調なスタートを切り、操業1年目に30%の成長を遂げました。製造開始からわずか6ヶ月で黒字化し、Eastman社内では、世界各地の他のスタートアップ事業の見本と称賛されました。

マレーシアの高スキルの献身的な専門的人材は、元々高かった当社の予想を更に上回りました。それに加えて、連邦政府と州政府による事業への支援、質の高いインフラと物流網の存在が、マレーシアを投資先として際立った存在にしています。

1998年5月以降、Eastman Chemical Malaysiaは不適合項目なしでISO 9002認定を付与されるなど、多くの業績を達成してきました。EastmanのSpectarおよびEastarコポリエステルのキャッチフレーズである「可能性を想像する」は、マレーシア工場で製造される原料の多用途性を指しており、マレーシア生活のあらゆる側面に見て取れる「Malaysia Boleh!」(マレーシアならできる!)精神の典型的な例です。

Eastman


Content Type:

Duration:

1997年の設立以来、BASF PETRONAS Chemicals Sdn Bhdは多くの画期的な成果をあげてきました。当社はマレーシアを、アジア地域への事業投資を行うための重要な戦略的立地と見なしており、合計RM34億を投資してきました。

ドイツのBASF AktiengesellschaftとマレーシアのPetroliam Nasional Berhad(PETRONAS)が60:40の割合で出資して設立された合弁事業である当社は、パハン州クアンタンのゲベン工業団地にある複合化学拠点で事業を営んでおり、事務所はセランゴール州スバン・ジャヤにあります。ゲベンの拠点は、南シナ海にあるPETRONASのガス田で生産された派生原料にアクセスしやすいことが特徴です。輸出中心の企業であるBASF PETRONAS Chemicalsにとって、クアンタン港への容易なアクセスは利点であり、そこから製品の80%をアジア太平洋地域の顧客に輸出しています。150ヘクタールの複合化学拠点には港の石油貯蔵施設も含まれており、現在は以下3つの複合施設に建設された12の工場で構成されています。

アクリル樹脂複合施設(2000年から操業)、オキソ/合成ガス複合施設(2001年から操業)、ブタンジオール複合施設(2003年末から操業)。

これら3つの工場を合わせた生産力は年間100万トンと、同地域最大の複合化学拠点の1つであり、アクリル酸/エステル、オキソアルコール、合成ガス、可塑剤およびブタンジオール製品を製造してます。これらは、プラスチック、接着剤、ラッカー、染料、自動車/工業塗料、紙、おむつ、水処理薬品、繊維、皮革その他の精製化学製品など、他の産業の原料です。 BASF PETRONAS Chemicalsによる投資は、マレーシアへの長期的なコミットメントであり、連絡道路や電気・ガス・水道など、将来的な発展を支えるインフラが整ったゲベン地域の成長を促進しています。マレーシアは、優れた事業環境とインフラ、競争力のあるコスト構造、およびビジネススキルと語学力を持った人員を提供しています。またもう1つの重要な要素として、現地当局だけでなく、連邦政府と州政府からの強力な支援と協力も挙げられます。

BASF PETRONAS Chemicals


Content Type:

Duration:

wpChatIcon
X