日本語
contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Western Digital

大手デジタル・ストレージ機器メーカーであるWestern Digitalは、マレーシアの設備を改善し、生産力を拡大するため、RM23億の追加投資を決定しました。この新規投資により、2,000人超の就業機会が創出される見込みです。2019年のWestern Digitalのマレーシアからの輸出額はRM180億でした。

Western Digital


Content Type:

Duration:

2004年に設立されたTOC Automotive Collegeは、自動車に関する教育と技術研修を提供する技術職業教育研修(TVET)のパイオニアであり、これまでに2,400人以上の生徒を育成し、生徒の100%が卒業後の就職を保証されています。

同校は2012年/13年と2016年/17年に教育省から私立大学品質評価制度(MyQuest)の5つ星を付与され、また人的資源省からマレーシア技術証明書発行機関の5つ星に認定されました。

また同校はマレーシア工業試験所(SIRIM)の認定委員会から認定を取得しており、英国の自動車工業協会(IMI)の提携校でもあります。

自動車分野の大きな機関である当社は、RM1,870万の追加投資を行い、2021年までに2つ目の大学を開校する予定です。

The Otomotif College Sdn. Bhd. (TOC)


Content Type:

Duration:

Gading Kencana Sdn Bhd(GKSB)は1993年から太陽光発電産業を営んできた現地のパイオニア企業であり、マレーシア国内で再生可能エネルギー発電所とプロジェクトの開発を行っています。

当社を率いるのは、太陽光発電およびエネルギー効率化産業で25年以上の事業経験を持ち、マレーシアのグリーン産業の代表的人物として知られるDato’ Ir Guntor Tobengとその妻のDatin Hasnah Awangです。

当社はこれまで、マラッカ州アイル・ケローとペラ州ビドールにある2つのソーラーファーム(総発電容量:各46メガワット・ピーク(MWp))を所有、開発、建設および運営し、年間総発電量63,771 MWhをマレーシア電力会社(TNB)に販売してきました。ソーラーファームを開発する前は、産業用の多くの屋上太陽光発電プラントと、住宅用小規模太陽光発電システムの設計と建設を行っていました。当社は、太陽光発電システムやエネルギー効率化プロジェクトの実施における強みを活かし、ネットメータリング制度に基づいて商業施設と家庭への電力供給の範囲を拡大し、電気代削減を支援したいと考えています。

GKSBは、再生可能エネルギーおよびエネルギー保全分野で持続可能な黒字事業を構築するというビジョンと、最高品質のサービスを顧客に提供するというミッションを元に、自身の品質ポリシーおよびISO 9001:2015認証を遵守および実行しています。またプロジェクトを実施する際は、ISO 45001:2018に基づく安全性標準業務手順書(SOP)を実行しています。

GKSBの顧客には、Tenaga Nasional Berhad、Petronas、Daikin、Robert Bosch、Intel、Tesco、ACM Boeing、Kumpulan Melaka Berhad、Teleflex、Peps JV、Shangrila Group of HotelsおよびTop Gloveなどが含まれます。

重要な成功要因の1つは、助成金、税務上の優遇措置、免除その他の支援という形でのマレーシア投資開発庁(MIDA)からの支援です。こうした支援のおかげで現場でのプロジェクト作業を迅速に進め、プロジェクトを期限内に完成することができました。

詳細はGKSBの公式ウェブサイトhttp://gadingkencana.com.my/をご覧ください。

Gading Kencana Sdn Bhd (GKSB)


Content Type:

Duration:

Solarvest Holdings Berhad – 日光を投資に変える。

Solarvestは、人々のエネルギーの消費方法を変え、多くの人がクリーンエネルギーに容易にアクセスできる世界を作るというミッションを掲げ、2012年に設立されました。当社は、SEDA(持続可能エネルギー開発庁)、ISPQ(持続可能な電力品質研究所)およびGCPV(グリッド接続太陽光発電)から認証を受けたマレーシア初のグリッド接続太陽光発電装置据え付けサービス企業の1つでした。

以来、当社は太陽エネルギーの導入を推進し、太陽光発電装置の設計・調達・建設・試運転(「EPCC」)完全請負サービス・プロバイダー大手へと成長しました。大型太陽光発電プロジェクトのほか、住宅、商業施設、および工業施設向けプロジェクトでも実績を積んでいます。また当社は、太陽光発電システムの運営・整備(O&M)サービスも提供しています。加えて、Solarvestはケダ州ポコクセナに1メガワット・ピーク(MWp)の太陽光発電プラントを所有しています。

Solarvestは長年にわたり、プタリン・ジャヤ(本社)、アロー・スター、ペナン島およびジョホールバルでの業務を通じて新しい就業機会を創出し、太陽エネルギー業界の新進の専門家を育ててきました。

Solarvestのこれまでの成長は、マレーシア政府による前向きな再生可能エネルギー政策や、堅固なインフラ、そして官民でカーボン・フットプリント削減を重視する動きが高まったことによるものです。さらに、マレーシア投資開発庁(MIDA)が導入したグリーン投資税額控除(GITA)やグリーン所得税免除(GITE)インセンティブがマレーシアにおける太陽光発電への投資を後押ししたことは間違いありません。

Solarvest Holdings Berhad


Content Type:

Duration:

Mewaholeo Industries Sdn. Bhd(Mewaholeo)はMewah International Inc.(以下MewahまたはMewah Group)の子会社です。Mewahは世界的なアグリビジネス企業であり、マレーシアとシンガポールに製油所と加工施設を設置しています。1950年代に設立されたMewahは、2010年11月24日にシンガポール証券取引所のメイン・ボードに上場しました。現在、Mewahは世界最大の食用油脂企業の1つに成長しており、年間合計生産能力は350万MTとなっています。Mewahは、主としてパーム油を原料に、幅広い精製・特殊油脂を製造しています。またパーム核油やココナッツ油などのラウリン油や、大豆油、菜種油、ヒマワリ油、トウモロコシ油などの軟油からも油脂を製造しています。また食用油脂製品以外にも、当グループは消費者向けの包装で自社ブランドのお米や乳製品を販売してます。

Mewahは、2019年も引き続き、持続可能なパーム油の大手メーカーとしての地位を強化するための努力を続け、自社の持続可能なパーム油方針の導入と、マレーシアの国家的なサステナビリティ規格であるマレーシア持続可能なパーム油(MSPO)認証の推進に注力しました。MSPOは、マレーシアのパーム油産業の油ヤシの全バリューチェーンを通じてサステナビリティ基準を高める重要な運動として知られています。2019年9月、Mewaholeoは、MSPO認証を受けた精製パーム油(RBDPO)をマレーシアで初めて製造および国際市場に出荷した最初のパーム油製油会社となりました。

当社が中核的な食用油脂事業の開発と成長機会への投資を続ける中で、強力なガバナンスが当社事業の要であることに変わりはありません。当社は環境フットプリントを改善し、Mewahの長期的な成功にとって重要な機会を特定し、管理しなければならない重大なESGリスクを見極めるという責任を認識しています。そのため、日々の業務を運営する上で、当社は低カーボン経営へのコミットメントを維持しており、そのことは、新たに設定した気候温暖化ガス(GHG)排出目標にも表れています。

詳細はMewahのウェブサイトhttps://www.mewahgroup.com/をご覧ください。

Mewaholeo Industries Sdn. Bhd


Content Type:

Duration:

MATTANは、マレーシアで複数の再生可能エネルギー分野(太陽光発電、バイオガス、バイオマス、小水力発電)に関する設計・調達・建設・試運転(EPCC)ソリューションを提供する大手企業です。またMATTANはコンサルティング、運転および修理(O&M)、財務モデリング/資金手当からプロジェクト管理に至るまでの、ワンストップ・ソリューション・サービスも提供しています。

MATTANはマレーシア資本のエンジニアリング企業であり、Matt TanとLevin Tanが2012年に、固定価格買取(FIT)(および後に政府が提供した住宅および工業セクター向け大規模太陽光発電(LSS)プログラム)を利用する目的で創業しました。当初はごく小さな会社で、従業員が3人しかいなかった当社は、2020年までの8年間で飛躍的な成長を遂げ、完成したプロジェクトの総発電能力は100 MW超、工事中のプロジェクトは90 MW、従業員数は77人、全セクターの完成済みプロジェクト数は90件以上と、傑出した実績をあげています。

MATTANは、全プロジェクトを通じて顧客の収率を高めるために精密工学と価値工学を重視していおり、従業員を最も重要な資産として扱っています。「しかしこうした実績は、マレーシア政府からの支援と優遇措置なしでは不可能だったでしょう。我々は、政府がLSSプログラムや、バイオガス、バイオマスおよび小水力発電のFIT制度などの再生可能エネルギー(RE)プロジェクトを推進し、様々な魅力的な優遇措置を提供してくれたことに感謝しています。」とグループ会長のMatt Tanは言います。業務執行会長のLevin Tanは加えて、「プロジェクトを期限内に完成させることは、顧客にとって最優先事項であるだけでなく、政府がRE目標を実現できるようにするために欠かせないことです。地元業界の数少ないパイオニアの1つとして、当社は世界的な再生可能エネルギーへのシフトを先導する責任があるがと考えています」と述べました。MATTANはこれからも再生可能エネルギー産業に貢献し、マレーシア経済とのつながりを強化していく方針であり、マレーシアだけで MATTANは、全プロジェクトを通じて顧客の収率を高めるために精密工学と価値工学を重視していおり、従業員を最も重要な資産として扱っています。「しかしこうした実績は、マレーシア政府からの支援と優遇措置なしでは不可能だったでしょう。我々は、政府がLSSプログラムや、バイオガス、バイオマスおよび小水力発電のFIT制度などの再生可能エネルギー(RE)プロジェクトを推進し、様々な魅力的な優遇措置を提供してくれたことに感謝しています。」とグループ会長のMatt Tanは言います。業務執行会長のLevin Tanは加えて、「プロジェクトを期限内に完成させることは、顧客にとって最優先事項であるだけでなく、政府がRE目標を実現できるようにするために欠かせないことです。地元業界の数少ないパイオニアの1つとして、当社は世界的な再生可能エネルギーへのシフトを先導する責任があるがと考えています」と述べました。MATTANはこれからも再生可能エネルギー産業に貢献し、マレーシア経済とのつながりを強化していく方針であり、マレーシアだけで

Mattan Engineering Sdn Bhd


Content Type:

Duration:

「Pathgreen」は、マレーシアで本格的な運転・修理サービスを行っている太陽光発電サービス・プロバイダーの先駆けの1つです。

Pathgreenは2011年に設立され、その後2012年に6.5メガワット・ピーク(MWp)の最初の屋上太陽光発電プロジェクトの設計、据え付け、試運転を成功させました。

Pathgreenはこれまで、約20MWpの商業施設用屋上太陽光発電プロジェクトの試運転を期限内に実施しており、うちシャー・アラムに据え付けた、1ヶ所としては最大の3.5MWpの屋上太陽光発電施設は、2012年に試運転を行い、固定価格買取プログラムに基づいて年間約RM600万の収益をあげています。

2016年末から始まったネットメータリング(NEM)プログラムにより、企業は太陽光発電エネルギーを自社で使用し、余剰電力を送電網に販売して電気代のリベートを受け取り、電気代を一部相殺することが可能になりました。

企業が太陽光発電装置に投資する最大の理由は、マレーシア投資開発庁(MIDA)が定めたグリーン投資税額控除(GITA)にあります。この税務上の優遇措置を利用すれば、太陽光発電システムの所有者は、税務上の減価償却費(CA)に加えて、法人税を控除することが可能です。こうした税優遇政策のおかげで、費用回収期間は短くなっています。

Pathgreenは、GITAへの申請書提出から太陽光発電プロジェクトの建設・試運転に至るまで、太陽光発電プロジェクトに関するエンド・トゥ・エンドの業務をすべて手がけています。

ワンストップの太陽光発電サービス・プロバイダーとしてのPathgreenの主な特徴は、NEC 2017規格を遵守した最新の太陽光発電SafeDC技術を用いて火災や安全性に関するリスクを管理しており、太陽光発電システムの所有者に安心をお届けできる点にあります。過去9年間、Pathgreenは屋上太陽光発電池プラントの据え付けだけでなく、修理でも優れた手腕を発揮し、屋上太陽光発電の専門企業として誇りを持っています。

またPathgreenは太陽光発電プロバイダーとしての受賞歴もあり、2013年にACEMから表彰状を授与されたほか、2014年にアジア・エネルギー・センターから再生可能エネルギー・プロジェクトのベスト・プラクティス賞に選ばれました。

Pathgreenのウェブサイトwww.pathgreen.com.myをご覧ください。

Pathgreen Energy Sdn Bhd


Content Type:

Duration:

Daiichi Seiko (M) Sdn.Bhd.は日本の第一精工グループの子会社であり、精密機器の製造を専門としています。当社のコア・コンピテンシーは創業時から受け継がれた金型ツーリング技術に基づいており、当社の製品とサービスに新しい価値をもたらし続けています。当社は、開発や製造が難しいと思われていた製品を難易度の高い新手法で製造し、最先端技術によって付加価値を高めることにより、努力を続けています。

Daiichi Seiko (M) Sdn.Bhd.は2017年に、日本の第一精工グループの生産力を更に拡大するため、ジョホール州ヌサジャヤで設立されました。マレーシアだけでなく、全世界の顧客にサービスを提供することが主な目的です。当社は付加価値のある製品やサービスを提供し、次世代技術開発への投資を続け、世界に認められた技術を提案することにより、顧客に存在感を示したいと考えています。

第一精工グループは、グループ全体で協力することにより、未来のイノベーションを実現するための創造力を維持しています。当社はこの競争上の強みを磨くことで、成果を上げ、ステークホルダーやコミュニティ全体に貢献していく方針です。

マレーシアはASEAN地域内の戦略的な位置にあり、西洋と極東をつなぐアジアの主要海路が交わる所でもあります。ヌサジャヤ工場の設立により、シンガポールとの近さという強みを得たことで、より多くの事業機会が開けると予想しています。外国企業はマレーシアの有利な事業環境に魅了され、この国で事業拡大のための投資を行っています。

加えて、マレーシアの労働人口は、教育を受け、近代的な事業環境で必要とされる多くのスキルを備えています。もう1つの利点として、マレーシアの人件費は地域内の他の国々を下回っています。最も重要なのは、マレーシアの労働人口が安定しており、労働争議や暴動が比較的少ないことから、比較的低リスクで事業を行える点です。政治的に安定しており、平穏な暮らしができるマレーシアは、地震や津波、台風といった主な自然災害がない国でもあります。事業コストの低さの他にも、国の安定性や平和は、企業がリスクを評価する上で非常に重要な項目です。

とは言え、当社のマレーシア投資開発庁(MIDA)との関わりは常に非常に心地よいものでした。MIDAは情報を提供し、政府関係者との業務を支援することで、事業立ち上げの初期段階で我々を支援してくれました。MIDA職員は有能であり、事業の立ち上げや拡大、およびインセンティブに関する様々な分野について、幅広い知識を有しています。

Daiichi Seiko (M) Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

Testhub は、グローバルな多国籍企業に自動車用半導体テスト用のテスト ボード/テスト プログラム ソリューションのワンストップ設計、開発、製造を提供します。

技術的ノウハウ/R&D:

科学技術(S&T)指数:80%。自動車向け半導体のテスト・ソリューションのR&D活動(テスト回路図の設計、テスト・プログラム、プリント基板(PCB)の設計とレイアウト、テスト用ハードウェアとソフトウェアの開発、自動車規格に基づいた製品の特性化と適格性確認など)。研究所で投資を行った、Teradyne Flex、Eagleのテスタ群およびAdvantest T2000 IPSテスタを用いた検査手法について、幅広い経験を有しています。

プロジェクトのハイライト:

1) Testhub Sdn. Bhd.は、マレーシアで唯一テストボード/テスト・プログラムの設計・製造能力を有する事業体であり、世界中の多国籍企業にワンストップのテスト・ソリューションを提供しています。当社のテスト・ソリューションを利用している顧客は、大幅なコスト削減と生産性の向上を実現しています。

2) 当社は現在マレーシア人50人を雇用しており、S&T指数は80%となっています。当社は事業拡大プロジェクトを通じて、2018年から4年以内に、マレーシア人従業員の数を100人まで拡大する計画です。

3) 知識集約型企業である当社は、高所得国の仲間入りを果たすというこの国の野心に沿って、地元の電気・電子工学分野や物理学分野の高スキル人材を雇用しています。エンジニアの月間報酬はRM3,000.00~RM15,000.00です。

今後の展望

1) Testhub Sdn. Bhd.は地元企業であり、かつては国際的な多国籍企業に勤務していた経験豊富なパイオニア・チームや、長年にわたるグローバル顧客との幅広い技術協力/契約から技術的な専門知識を得ています。

2) Testhubの設立は、当社が今やパイオニアとなったテスト・ソリューションに従事するマレーシアの多くの地元企業にプラスの影響を与えています。またTesthubは、地元の大学と協力して、この分野のより多くの地元人材を育成しています。

3) 当社は2018年からの今後3年間で新しい検査技術、機器およびツールにRM3,000万の投資を予定しており、今後5年間で、科学技術分野のマレーシア人50人に新たな就業機会を提供する予定です。

Testhub Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

IOI Corp Bhd.の子会社であるIOI Oleochemicalは、世界最大のオレオケミカル・メーカーの1つであり、脂肪酸、グリセリン、ソープヌードル、脂肪酸エステルおよび川下の特殊オレオケミカル派生物を製造しています。マレーシア法人はペナン州とジョホール州に製造施設を設置し、80ヶ国以上の顧客に製品を供給しています。

詳細は当社のウェブサイトhttp://www.ioioleo.com/au_ioioleo.htmlをご覧ください。

IOI Oleochemicals Industries Berhad


Content Type:

Duration:

wpChatIcon
X