日本語
contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Dutamas Waras Sdn. Bhd.

クアラルンプールのチャイナタウンにあるフォーポイントバイシェラトンは、Marriot Groupが経営する20階建ての新しい4つ星ホテルであり、客室数は318室です。

RM1億8,600万のプロジェクト投資を経て2019年11月に開業し、マレーシア人150人を雇用しています。

Dutamas Waras Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

Encore Melaka Impression Seriesは東南アジア最大の劇場であり、マラッカ州の600年にわたる歴史を描いた70分間の文化的パフォーマンスを上演しています。

RM4億かけたこのプロジェクトでは、長さ240メートルの舞台と、その向かいに360度回転する座席のプラットフォームを造り、中国のインプレッション・シリーズの高い基準に合わせて240人のマレーシア人に指導を行い、最もハイレベルなパフォーマンス・スキルを教えています。

PTS Impression Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

2004年に設立されたTOC Automotive Collegeは、自動車に関する教育と技術研修を提供する技術職業教育研修(TVET)のパイオニアであり、これまでに2,400人以上の生徒を育成し、生徒の100%が卒業後の就職を保証されています。

同校は2012年/13年と2016年/17年に教育省から私立大学品質評価制度(MyQuest)の5つ星を付与され、また人的資源省からマレーシア技術証明書発行機関の5つ星に認定されました。

また同校はマレーシア工業試験所(SIRIM)の認定委員会から認定を取得しており、英国の自動車工業協会(IMI)の提携校でもあります。

自動車分野の大きな機関である当社は、RM1,870万の追加投資を行い、2021年までに2つ目の大学を開校する予定です。

The Otomotif College Sdn. Bhd. (TOC)


Content Type:

Duration:

当社は過去数年間にわたり、本社の設置場所として最も適した土地を徹底的に調査しました。当社が特に重視したのは、顧客との近さ、人材プール、サプライチェーン、そしてとりわけ政府による支援でした。

マレーシアを訪問して以来、当社は政府から多大なご支援をいただき、マレーシアよりも良い立地を選ぶことは不可能でした。そのうえ、50エーカーの土地を取得するプロセスもわずか4週間以内で完了しました。

当社は創業から30年になりますが、時間と機敏さが極めて重要な今日の世界において、企業に対するこれほどまでの支援は他では聞いたことがありません。

Music Tribe


Content Type:

Duration:

Gading Kencana Sdn Bhd(GKSB)は1993年から太陽光発電産業を営んできた現地のパイオニア企業であり、マレーシア国内で再生可能エネルギー発電所とプロジェクトの開発を行っています。

当社を率いるのは、太陽光発電およびエネルギー効率化産業で25年以上の事業経験を持ち、マレーシアのグリーン産業の代表的人物として知られるDato’ Ir Guntor Tobengとその妻のDatin Hasnah Awangです。

当社はこれまで、マラッカ州アイル・ケローとペラ州ビドールにある2つのソーラーファーム(総発電容量:各46メガワット・ピーク(MWp))を所有、開発、建設および運営し、年間総発電量63,771 MWhをマレーシア電力会社(TNB)に販売してきました。ソーラーファームを開発する前は、産業用の多くの屋上太陽光発電プラントと、住宅用小規模太陽光発電システムの設計と建設を行っていました。当社は、太陽光発電システムやエネルギー効率化プロジェクトの実施における強みを活かし、ネットメータリング制度に基づいて商業施設と家庭への電力供給の範囲を拡大し、電気代削減を支援したいと考えています。

GKSBは、再生可能エネルギーおよびエネルギー保全分野で持続可能な黒字事業を構築するというビジョンと、最高品質のサービスを顧客に提供するというミッションを元に、自身の品質ポリシーおよびISO 9001:2015認証を遵守および実行しています。またプロジェクトを実施する際は、ISO 45001:2018に基づく安全性標準業務手順書(SOP)を実行しています。

GKSBの顧客には、Tenaga Nasional Berhad、Petronas、Daikin、Robert Bosch、Intel、Tesco、ACM Boeing、Kumpulan Melaka Berhad、Teleflex、Peps JV、Shangrila Group of HotelsおよびTop Gloveなどが含まれます。

重要な成功要因の1つは、助成金、税務上の優遇措置、免除その他の支援という形でのマレーシア投資開発庁(MIDA)からの支援です。こうした支援のおかげで現場でのプロジェクト作業を迅速に進め、プロジェクトを期限内に完成することができました。

詳細はGKSBの公式ウェブサイトhttp://gadingkencana.com.my/をご覧ください。

Gading Kencana Sdn Bhd (GKSB)


Content Type:

Duration:

Solarvest Holdings Berhad – 日光を投資に変える。

Solarvestは、人々のエネルギーの消費方法を変え、多くの人がクリーンエネルギーに容易にアクセスできる世界を作るというミッションを掲げ、2012年に設立されました。当社は、SEDA(持続可能エネルギー開発庁)、ISPQ(持続可能な電力品質研究所)およびGCPV(グリッド接続太陽光発電)から認証を受けたマレーシア初のグリッド接続太陽光発電装置据え付けサービス企業の1つでした。

以来、当社は太陽エネルギーの導入を推進し、太陽光発電装置の設計・調達・建設・試運転(「EPCC」)完全請負サービス・プロバイダー大手へと成長しました。大型太陽光発電プロジェクトのほか、住宅、商業施設、および工業施設向けプロジェクトでも実績を積んでいます。また当社は、太陽光発電システムの運営・整備(O&M)サービスも提供しています。加えて、Solarvestはケダ州ポコクセナに1メガワット・ピーク(MWp)の太陽光発電プラントを所有しています。

Solarvestは長年にわたり、プタリン・ジャヤ(本社)、アロー・スター、ペナン島およびジョホールバルでの業務を通じて新しい就業機会を創出し、太陽エネルギー業界の新進の専門家を育ててきました。

Solarvestのこれまでの成長は、マレーシア政府による前向きな再生可能エネルギー政策や、堅固なインフラ、そして官民でカーボン・フットプリント削減を重視する動きが高まったことによるものです。さらに、マレーシア投資開発庁(MIDA)が導入したグリーン投資税額控除(GITA)やグリーン所得税免除(GITE)インセンティブがマレーシアにおける太陽光発電への投資を後押ししたことは間違いありません。

Solarvest Holdings Berhad


Content Type:

Duration:

Pekat Groupは1999年、全世界が待ち望んでいた2000年が訪れる直前に設立されました。自身の専門的職業に対する深い熱意を持ち、わずかなことにも手を抜かない当社のディレクターたちは、迅速に当社を立ち上げ、長時間懸命に働き、卓越の域に上りつめるという信念を保ち続けました。

ほんの数年後には、Pekat Groupは避雷、アース、サージ保護システムの設計・供給・据え付けに関する専門家兼ソリューション・プロバイダーとして尊敬を集め、国際的な評判を高めました。元の 業界での数年にわたる経験、スキル、専門知識を基に、当グループは太陽光発電(PV)再生可能エネルギー事業に進出するための貴重な足がかりを得ました。Pekat Solarは太陽エネルギー管理システムのEPCC(設計・調達・建設・試運転)を専門とする子会社であり、2019年までに最大50MWPの太陽光発電システムの試運転を成功させています。この動きはタイムリーなだけでなく戦略的でもあり、避雷、アース、およびサージ保護システムでの豊富な経験に補われ、今やPekatは太陽光発電事業に関して、より全体的なアプローチを取ることが可能となっています。これは、ほとんどの他社にはない強みです。

現在、Pekat Solarはマレーシアの大手太陽光サービス・プロバイダーの1つとなっています。Pekatのウェブサイトwww.pekat.com.myをご覧ください。

Pekat Solar Sdn Bhd


Content Type:

Duration:

Mewaholeo Industries Sdn. Bhd(Mewaholeo)はMewah International Inc.(以下MewahまたはMewah Group)の子会社です。Mewahは世界的なアグリビジネス企業であり、マレーシアとシンガポールに製油所と加工施設を設置しています。1950年代に設立されたMewahは、2010年11月24日にシンガポール証券取引所のメイン・ボードに上場しました。現在、Mewahは世界最大の食用油脂企業の1つに成長しており、年間合計生産能力は350万MTとなっています。Mewahは、主としてパーム油を原料に、幅広い精製・特殊油脂を製造しています。またパーム核油やココナッツ油などのラウリン油や、大豆油、菜種油、ヒマワリ油、トウモロコシ油などの軟油からも油脂を製造しています。また食用油脂製品以外にも、当グループは消費者向けの包装で自社ブランドのお米や乳製品を販売してます。

Mewahは、2019年も引き続き、持続可能なパーム油の大手メーカーとしての地位を強化するための努力を続け、自社の持続可能なパーム油方針の導入と、マレーシアの国家的なサステナビリティ規格であるマレーシア持続可能なパーム油(MSPO)認証の推進に注力しました。MSPOは、マレーシアのパーム油産業の油ヤシの全バリューチェーンを通じてサステナビリティ基準を高める重要な運動として知られています。2019年9月、Mewaholeoは、MSPO認証を受けた精製パーム油(RBDPO)をマレーシアで初めて製造および国際市場に出荷した最初のパーム油製油会社となりました。

当社が中核的な食用油脂事業の開発と成長機会への投資を続ける中で、強力なガバナンスが当社事業の要であることに変わりはありません。当社は環境フットプリントを改善し、Mewahの長期的な成功にとって重要な機会を特定し、管理しなければならない重大なESGリスクを見極めるという責任を認識しています。そのため、日々の業務を運営する上で、当社は低カーボン経営へのコミットメントを維持しており、そのことは、新たに設定した気候温暖化ガス(GHG)排出目標にも表れています。

詳細はMewahのウェブサイトhttps://www.mewahgroup.com/をご覧ください。

Mewaholeo Industries Sdn. Bhd


Content Type:

Duration:

MATTANは、マレーシアで複数の再生可能エネルギー分野(太陽光発電、バイオガス、バイオマス、小水力発電)に関する設計・調達・建設・試運転(EPCC)ソリューションを提供する大手企業です。またMATTANはコンサルティング、運転および修理(O&M)、財務モデリング/資金手当からプロジェクト管理に至るまでの、ワンストップ・ソリューション・サービスも提供しています。

MATTANはマレーシア資本のエンジニアリング企業であり、Matt TanとLevin Tanが2012年に、固定価格買取(FIT)(および後に政府が提供した住宅および工業セクター向け大規模太陽光発電(LSS)プログラム)を利用する目的で創業しました。当初はごく小さな会社で、従業員が3人しかいなかった当社は、2020年までの8年間で飛躍的な成長を遂げ、完成したプロジェクトの総発電能力は100 MW超、工事中のプロジェクトは90 MW、従業員数は77人、全セクターの完成済みプロジェクト数は90件以上と、傑出した実績をあげています。

MATTANは、全プロジェクトを通じて顧客の収率を高めるために精密工学と価値工学を重視していおり、従業員を最も重要な資産として扱っています。「しかしこうした実績は、マレーシア政府からの支援と優遇措置なしでは不可能だったでしょう。我々は、政府がLSSプログラムや、バイオガス、バイオマスおよび小水力発電のFIT制度などの再生可能エネルギー(RE)プロジェクトを推進し、様々な魅力的な優遇措置を提供してくれたことに感謝しています。」とグループ会長のMatt Tanは言います。業務執行会長のLevin Tanは加えて、「プロジェクトを期限内に完成させることは、顧客にとって最優先事項であるだけでなく、政府がRE目標を実現できるようにするために欠かせないことです。地元業界の数少ないパイオニアの1つとして、当社は世界的な再生可能エネルギーへのシフトを先導する責任があるがと考えています」と述べました。MATTANはこれからも再生可能エネルギー産業に貢献し、マレーシア経済とのつながりを強化していく方針であり、マレーシアだけで MATTANは、全プロジェクトを通じて顧客の収率を高めるために精密工学と価値工学を重視していおり、従業員を最も重要な資産として扱っています。「しかしこうした実績は、マレーシア政府からの支援と優遇措置なしでは不可能だったでしょう。我々は、政府がLSSプログラムや、バイオガス、バイオマスおよび小水力発電のFIT制度などの再生可能エネルギー(RE)プロジェクトを推進し、様々な魅力的な優遇措置を提供してくれたことに感謝しています。」とグループ会長のMatt Tanは言います。業務執行会長のLevin Tanは加えて、「プロジェクトを期限内に完成させることは、顧客にとって最優先事項であるだけでなく、政府がRE目標を実現できるようにするために欠かせないことです。地元業界の数少ないパイオニアの1つとして、当社は世界的な再生可能エネルギーへのシフトを先導する責任があるがと考えています」と述べました。MATTANはこれからも再生可能エネルギー産業に貢献し、マレーシア経済とのつながりを強化していく方針であり、マレーシアだけで

Mattan Engineering Sdn Bhd


Content Type:

Duration:

「Pathgreen」は、マレーシアで本格的な運転・修理サービスを行っている太陽光発電サービス・プロバイダーの先駆けの1つです。

Pathgreenは2011年に設立され、その後2012年に6.5メガワット・ピーク(MWp)の最初の屋上太陽光発電プロジェクトの設計、据え付け、試運転を成功させました。

Pathgreenはこれまで、約20MWpの商業施設用屋上太陽光発電プロジェクトの試運転を期限内に実施しており、うちシャー・アラムに据え付けた、1ヶ所としては最大の3.5MWpの屋上太陽光発電施設は、2012年に試運転を行い、固定価格買取プログラムに基づいて年間約RM600万の収益をあげています。

2016年末から始まったネットメータリング(NEM)プログラムにより、企業は太陽光発電エネルギーを自社で使用し、余剰電力を送電網に販売して電気代のリベートを受け取り、電気代を一部相殺することが可能になりました。

企業が太陽光発電装置に投資する最大の理由は、マレーシア投資開発庁(MIDA)が定めたグリーン投資税額控除(GITA)にあります。この税務上の優遇措置を利用すれば、太陽光発電システムの所有者は、税務上の減価償却費(CA)に加えて、法人税を控除することが可能です。こうした税優遇政策のおかげで、費用回収期間は短くなっています。

Pathgreenは、GITAへの申請書提出から太陽光発電プロジェクトの建設・試運転に至るまで、太陽光発電プロジェクトに関するエンド・トゥ・エンドの業務をすべて手がけています。

ワンストップの太陽光発電サービス・プロバイダーとしてのPathgreenの主な特徴は、NEC 2017規格を遵守した最新の太陽光発電SafeDC技術を用いて火災や安全性に関するリスクを管理しており、太陽光発電システムの所有者に安心をお届けできる点にあります。過去9年間、Pathgreenは屋上太陽光発電池プラントの据え付けだけでなく、修理でも優れた手腕を発揮し、屋上太陽光発電の専門企業として誇りを持っています。

またPathgreenは太陽光発電プロバイダーとしての受賞歴もあり、2013年にACEMから表彰状を授与されたほか、2014年にアジア・エネルギー・センターから再生可能エネルギー・プロジェクトのベスト・プラクティス賞に選ばれました。

Pathgreenのウェブサイトwww.pathgreen.com.myをご覧ください。

Pathgreen Energy Sdn Bhd


Content Type:

Duration:

TechnipFMCは、海底、陸上、海洋および地表技術の世界的リーダーです。当社は独自の技術と生産システム、総合的な専門知識、および包括的なソリューションを元に、顧客のプロジェクトに経済的な変化をもたらしています。

TechnipFMCは1982年からマレーシアで事業を運営しています。クアラルンプールにあるオペレーティング・センターは、当グループのアジア太平洋地域の主要ハブであり、グローバル事業に大きく貢献しています。当社のマレーシアの資産には、ディープ・オリオエントとG1201という2隻の船舶の他に、ジョホール州の2つの製造工場(Asiaflex Productsとヌサジャヤ)が含まれます。

当社は、マレーシア初の深海プロジェクトの多くを手掛けてきました。メキシコ湾以外での最初のスパー型生産設備であるMurphy Kikeh Sparや、Shell Malikai Tension Legプラットフォームはその一例です。また世界初の洋上LNGプラント(FLNG)を手掛けたのもTechnipFMCです。PetronasのFLNG (PFLNG) Satuは、マレーシアのリモートガス田や中小規模ガス田の埋蔵ガス採掘に関するPetronasの取り組みにおいて、重要な役割を果たしています。当社はPFLNG Satuがケババンガンにある2つ目のガス田から最初のLNGの採掘に成功した際、その経験を共有できたことを嬉しく思います。FLNGの歴史の中で、リロケーションを行ったのはこれが初めてです。

他のプロジェクトとしては、ジョホール州で行った、Petronasの石油精製・石油化学総合開発(RAPID)プロジェクトの実行が挙げられます。当社は同プロジェクトで、プロジェクト管理コンサルタントを務めたほか、電気・ガス・水道、オフサイト設備および送電網との接続設備の設計・調達・建設管理(EPCM)を請け負いました。RAPIDは、差別化された特殊化学品に対するニーズの高まりや、アジア太平洋地域における将来の需要に応えることを目的とした、世界規模の複合施設です。

現在、TechnipFMCは地域初の総合設計・調達・建設・据え付け(iEPCITM)を実施しています。これは、グムスット-カカップのフェーズ2プロジェクトのために、アンビリカル、フローラインおよび海底生産システムを含む海底機器の配備・据え付けなどを行う総合プロジェクトです。さらに、ベトナムのロンソンで計画中の石油化学工場プロジェクトでは、クアラルンプールのオペレーティング・センターが大きな役割を担う予定です。

TechnipFMCにとって、マレーシアが重要な投資先であることは今も変わりありません。アジア太平洋地域の主な燃料埋蔵地の1つであり、強力な人材プールと堅固なサプライチェーンに支えられた、確立された石油・ガス産業を持つマレーシアは、引き続きこの地域の石油・ガス事業にとって重要な拠点となっています。

TechnipFMC


Content Type:

Duration:

Soft Spaceはマレーシアのクアラルンプールに本社を置くモバイル決済技術の会社であり、銀行・決済業界向けの革新的なソリューションの開発に注力しています。Soft SpaceのモバイルPOS(MPOS)ソリューションは国際的な認証を受けており、アジアの8つの金融機関によって使用されています。

若いテクノロジー系スタートアップ企業である当社は、政府が設立間もないテクノロジー企業を評価して支援し、比較的大規模な企業だけがその恩恵を受けられるという従来の認識を打ち破るのを目にして、心温まる気持ちになりました。

Soft Spaceは、マレーシア投資開発庁(MIDA)の支援(R&D、認証、研修および外注助成金)を得て、成長とイノベーション能力をより短時間で加速させることができるようになりました。またこれによりSoft Spaceは、今後チップ&ピン、非接触型および近接型決済などの新製品を導入するにあたっての、強力なR&Dの土台を構築することもできました。

助成金の取得プロセスからその後のフォローに至るまで、MIDAは多くの情報を提供してくれ、プロフェッショナルで、非常に親切でした。我々は、当社を担当してくれたMIDAチーム、特に常に近くで手を貸してくれたアカウント・マネージャーに感謝しています。Soft Spaceは急速に事業を拡大し、世界に存在感を示そうとしています。

Soft Space


Content Type:

Duration:

Taylor’s Schoolsは60年以上の伝統を持ち、60ヶ国の5,600人以上の学生に世界レベルの教育を提供しています。Taylor’s Schoolsは、優れた教育と、世界の若者がグローバル社会のリーダーとして生産的な役割を担えるよう教育することへの熱意で知られています。
マレーシア投資開発庁(MIDA)の投資税額控除(ITA)インセンティブは、我々が事業を拡大する上で、貴重な支援を提供してくれました。Taylor’s Schoolsにとって、継続的に投資を行い、世界レベルの教育施設を拡大・改良することは、パーソナライズド学習で選ばれる学校になるというミッションのためには必要不可欠です。ガーデン・インターナショナル・スクール、テイラーズ・インターナショナル・スクール クアラルンプール校およびテイラーズ・インターナショナル・スクール プチョン校は、MIDAのインセンティブの恩恵を受けています。

Taylor’s Schools


Content Type:

Duration:

Petrofacは、創業から15年以上が経過した後、マレーシアへの事業拡大を決定しました。Petrofac Malaysiaはマレーシア政府とPETRONASから権限を付与され、2006年から積極的に事業を実施し、石油・ガス生産を行っています。Petrofac Malaysiaの主な役割は、税務上の優遇措置を得てマレーシアの石油・ガス人材の確立を支援し、熟練した外国人専門家が現地の人材と協力しながら仕事ができる状況を整えることです。

PM304は当初、限界油田に分類されていましたが、現在ではマレーシア最大の油田の1つとなっています。さらにPetrofacは、センドー油田の運営会社となり、パートナーであるKuwait Foreign Petroleum Exploration Company(KUFPEC)、PetroVietnamおよびPETRONAS Carigali Sdn Bhd (PCSB)と協力しながら、段階的プログラムに基づいて同油田の開発を進めています。開発開始からわずか16ヶ月後の2006年にはファーストオイルを生産し、現在では約2億バレルを生産できると見られています。Petrofacは、センドーのフェーズ2プロジェクトで1,000万時間にわたり休業災害(LTI)ゼロを実現し、ウエストデサルではPETRONASの承認を得てからわずか18ヶ月後の8月にファーストオイルを生産するなど、引き続き優れた業績をあげています。ベランタイ・プロジェクトは、約10億米ドルの投資を伴う海洋ガス田の開発プロジェクトです。このファストトラック開発は、わずか21ヶ月で最初のガスに到達しました。

またPetrofacは、顧客のために設計・調達・建設・据え付け・試運転(EPCIC)の様々な一括プロジェクトを実施してきました。2011年12月には、SEPAT海洋油田の早期生産システム(EPS)でファーストオイルを達成しました。このEPCIC業務は東南アジア初の一括海洋EPCIC契約でした。またPetrofacはPCSBからベコックCプラットフォームの改修に関する2億2,000万米ドルの契約を受注しました。

Petrofacはさらに、設計から建設管理までの需要に対応するPetrofac RNZと呼ばれる傘下のエンジニアリング・サービス企業を通じて多くの海洋プロジェクトを完成させてきました。アジア太平洋地域の従業員は700人増加し、1,500人となりました。

Petrofacは、PETRONASと協力の下、トレンガヌ州にINSTEP総合石油・ガス研修センターを設立し、熟練労働者向けに世界レベルのプログラムを提供し、技術研修を行うためのインフラを設計および建設することで、成長を続けています。

Petrofac Malaysia


Content Type:

Duration:

IKEAは1943年にIngvar Kampradによって設立され、(ショールームを含む)店舗第1号は1958年にスウェーデンのエルムフルトにオープンしました。以来、IKEAは機能、品質、低価格に焦点を当てた、家庭用家具に関する強力なコンセプトと製品レンジを開発してきました。現在では33ヶ国/地域に合計229の店舗を展開しており、2005年の売上高は148億ユーロに達しました。これまでにIKEAの店舗を訪れた人の数は全世界で4億人を超え、IKEAのカタログは25言語、52版、累計1億6,000万部印刷されています。

マレーシアのIKEAは1999年に設立され、流通センターはアジア太平洋地域7ヶ国の16店舗に対する地域ハブの役割を担っています。

「地理的にアジアの中心に位置することや、高度に発達した物流網および港湾インフラを理由にマレーシアを選択しました」IKEAのマレーシア流通センターのジェネラル・マネージャーであるVic Kurzejaは言います。「マレーシアの事業・社会環境は安定しており、信頼できるため、長期的な事業拡大目標に集中することができます」。

現在、13万個のパレットを保管可能なIKEAの流通センターでは約220人が働いています。当社の流通網と戦略の重要なカギは、今後数年間でアジア太平洋市場におけるシェアを拡大することにあります。

IKEAは2007年に在庫の流れをモニタリングするための無線周波数(RF)技術を導入することで、マレーシアの物流ハブの開発と最適化を続けており、また現地での能力開発に対する投資も続けています。

マレーシアの民族的多様性や、十分な教育を受けた労働人口のおかげで、IKEAは人材ニーズに合致した適切な人材を確保することが可能となっています。

IKEA


Content Type:

Duration:

日立製作所は、1971年の最初の投資以来、マレーシアに合計約RM7億3,000万の投資を行ってきました。日立グループは現在、マレーシアで22の製造施設を運営し、地元従業員18,000人を雇用しています。そのため、マレーシアは日立製作所の最も重要な製造拠点の1つとなっています。

当社がマレーシアに引きつけられた要因としては、安定した電力供給や電気通信設備をはじめとする工業団地の高度に発達したインフラ、魅力的な優遇措置、そして最も重要な点として、柔軟な産業政策を取る安定した政府が挙げられます。

加えて、マレーシア人の大半は英語を話し、理解することができるため、マレーシアへの技術移転は難易度がはるかに低いことも特徴です。

日立製作所 (Hitachi)


Content Type:

Duration:

I-Berhadは1967年2月2日にSanyo Industries (Malaysia) Sdn Bhd.という社名で設立されました。1969年9月29日にクアラルンプール証券取引所のメイン・ボードに上場し、1999年8月12日から現在の社名となりました。

当グループは家電メーカーとしてスタートしたものの、現在では、未来の家―スマート住宅にサービスを提供することを目標としています。そのため、当グループは事業を多角化し、デジタル製品業界に進出しました。当グループがこの方向で踏み出した最初の1歩が「i」ブランドの立ち上げです。当グループはこの目標を実現するための新たな布石として、2000年にIT産業に進出し、その後さらにi-homeシステムを導入し、ホーム・オートメーション事業に乗り出しました。

2002年、当グループはデジタル製品にデジカメ、プロジェクター、DVDおよびMP3プレーヤーを加え、製品基盤を拡大しました。現在、当グループは情報家電部門とデジタル製品部門の2つを主要部門としています。

当グループはOEMメーカーとしてスタートしたとは言え、今ではマーケティング・グループに生まれ変わっており、ブランド、マーケティングおよび流通ネットワーク、品質保証およびサービス支援インフラが主要資産となっています。

マレーシア発の世界的ブランドである「i」製品は、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国やイスラム諸国機構(OIC)地域だけでなく、欧州でも販売されています。当グループは、製品イノベーション、市場化までの時間、パッケージ・デザインおよびコストパフォーマンスで世界と勝負しています。

I-Berhad


Content Type:

Duration:

マレーシアに初めて進出した時以来、Ericssonはマレーシアの電気通信産業の進化に重要な役割を果たしてきました。当社はお客様と共に、この国における電気通信サービスの発展に積極的に携わってきました。

マレーシア政府は、成長を促し、安定した政治情勢下での投資を促進する政策を取っています。マレーシアのインフラは高度に発達しており、裾野産業との工業連関が強く、優れた事業環境を提供しています。加えて、労働人口が教育を受けており、生産性が高いことも特徴です。

こうしたすべての要素が相まって、マレーシアは理想的な投資先となっています。

Ericsson


Content Type:

Duration:

1978年、James Dysonは、最上位機種の真空掃除機に絶えず粉末ゴミが詰まり、吸引力が低下することに不満を持ち、袋を取り除いて独自の真空掃除機の開発に乗り出しました。Dysonは5年間かけて5,127個の試作品を試した後、ついにマルチサイクロン技術を完成させました。特許を取得したその設計は、遠心力を利用してホコリや粉末ゴミ、固形ゴミを空気から分離する仕組みで、吸引力が低下せず、ゴミ袋も不要というものでした。多くの有名企業や銀行、ベンチャー・キャピタリストに断られたものの、消費者家電王国である日本で、その技術のライセンス契約を結ぶことができました。その後1986年に、同氏が設計・製造監督を行ったG-FORCEが発売されました。

同氏と少人数から成るチームは、G-FORCEのロイヤリティー収入によってサイクロン技術の開発を続けることが可能になり、庭に設けた研究所で開発を続けました。1993年5月、Dysonは自身の名前を付けた真空掃除機の製造を開始し、その第1号をDyson DCO1と名付けました。いくらかの紆余曲折を経て、DCO1は18ヶ月後には英国で最も売れ筋の真空掃除機となりました。

今や志を同じくする350人のエンジニアと一緒に働くようになったJames Dysonは、プロトタイプ0001を製造した後も、あらゆることに疑問を持ち、家電製品に対する、より良い、異なるアプローチを探し続けています。

DysonのRDD兼オペレーションズ・ディレクターであるSean Robinsonは言います。「当社が製品組立拠点としてマレーシアを選んだのは、製造業に秀でた国という世界的な評判のためです。当社の研究開発(R&D)エンジニアはマレーシアの同僚と密につながっており、逆も同様です。Dysonは現在、最新の製造技術と製造工程によって、毎年数百万台もの真空掃除機を製造しています。」

綿密なテストはDysonの基本です。英国とマレーシア双方のテストエンジニアは毎月3万時間かけてテストを行っており、最近、ジョホールバルに新しい検査施設が開設されました。検査技師は150種類以上の機械テスト装置を用いて、家庭での真空掃除機の使用方法を再現および誇張しています。

DC15 The BallTMはDysonの最新型真空掃除機であり、DCO1以来、最大の進化を遂げた機種でもあります。従来のアップライト型掃除機は柔軟性に欠け、かさばり、使うのに骨が折れました。BallTMは、モーターを内蔵した重心ボールの上に本体が来る設計となっています。そのため操作性に優れ、家具の周りを素早くジグザグに動かしながら、より効率的に掃除をすることができます。DC15の開発には3年を要し、当社はこの機種に関して182の特許を出願中です。

Dyson


Content Type:

Duration:

Cititel Express Kota KinabaluはIGB Corporation Berhad(以下「IGB」)の完全子会社であるLagenda Sutera (M) Sdn Bhdが所有しており、Cititel Expressというブランド名で開発された3つ星ホテルです。

これはIGBがマレーシア東部のサバ州で最初に開発したホテルであり、ホテルの建設費用総額は約RM3,500万でした。建設の完成までには2年を要し、2009年8月に開業しました。

同ホテルは現在、60人以上の従業員を雇用しており、そのほとんどが現地職員です。当社はマレーシアにおいて、特にCititelおよびSt Gilesホテル・ブランドで更なるホテル開発に投資したいと考えています。マレーシアには、そのためのインセンティブが設けられています。

Cititel


Content Type:

Duration:

BPは時価総額と確定埋蔵量において世界最大の石油会社の1つです。当社は世界的に事業を営んでおり、事業活動と顧客は100ヶ国以上にまたがり、従業員数は約9万4,000人にのぼります。BPは29ヶ国で探査・生産権益を有しています。当社の業務内容は、近代社会が依存している天然エネルギー資源の探査、生産およびマーケティングです。

マレーシア進出から40年以上が経過したBPは、事業活動を多角化し、エチレン/ポリエチレン、酢酸および精製テレフタル酸を製造する石油化学セクターの大手となっています。またBPの太陽光発電技術も、農村地域に影響を及ぼしています。またBPは、地元の生産施設で生産および混合された潤滑油製品をCastrol、BPおよびDuckhamsブランドで生産・販売しています。

BPの総投資額にはパートナーの株式15億米ドル相当も含まれており、このため英国最大のマレーシアへの投資企業の1つとなっています。従業員700人超を雇用しているほか、合弁事業の従業員として500人を雇用しています。

BPは、責任ある、倫理的な行動へのコミットメントを維持しています。当社は、学生向けメンターや、生物多様性保全、マレーシアで最初の海亀保護区であるマ・ダエラ海亀保護区、気候変動イニシアティブなどのコミュニティ向けプログラムを運営しています。

マレーシアのBP企業の責任者は、英国マレーシア商工会議所の会長として、経営上の観点や経験を交換し、英国-マレーシア間の貿易サービスや投資を推進および強化するための場を支援および指揮しています。

BP Malaysia


Content Type:

Duration:

数年前に始まった市場拡大とグローバリゼーションのトレンドを受け、電気通信システムの世界的大手サプライヤーの1つであるAlcatelは、外国市場での存在感の強化に乗り出しました。Alcatelはアジア市場の潜在的成長力の大きさに着目し、マレーシアを、地域のマーケティングおよび産業活動のプラットフォームとして選択しました。当社にとって、この決定は、業務上の多くの観点から理に適ったものでした。

第一に、マレーシアはAlcatelのハイエンド製品にとって重要な、発達した市場です。第二に、マレーシアは東南アジアの中心部に位置しており、高度なインフラ、熟練労働者、そして必要なすべての裾野産業が備わっています。第三に、マレーシア政府は、たとえ危機下であっても企業への積極的な支援を継続し、安定した取引環境を提供することに尽力しています。

最後に、マレーシアには多くの天然資産があり、文化的に豊かで、かつ多様でもあります。生活し、仕事をするのに快適な国であることは間違いありません。

Alcatel


Content Type:

Duration:

wpChatIcon
X