日本語
contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

Western Digital

大手デジタル・ストレージ機器メーカーであるWestern Digitalは、マレーシアの設備を改善し、生産力を拡大するため、RM23億の追加投資を決定しました。この新規投資により、2,000人超の就業機会が創出される見込みです。2019年のWestern Digitalのマレーシアからの輸出額はRM180億でした。

Western Digital


Content Type:

Duration:

46年の輝かしい歴史を持つBONIA Groupは、非常に優秀な従業員と、有利な事業環境に支えられ、多くの成功と画期的な成果を収めてきました。マレーシアの大規模で多様な人材プール、優れたインフラ、安定した経済、政府による強力な支援、寛大な投資インセンティブ、戦略的立地、安定した政治情勢のすべてが、ファッション業界における当社の影響力と地域を越えた人気の上昇を後押ししました。今やBONIA Groupは世界中に進出し、デジタル領域での存在感を高め、eコマース・プラットフォームを拡大しつつあります。

BONIA


Content Type:

Duration:

Cochlear Limited(Cochlear)は、オーストラリアに本社のある埋込み式補聴器の会社です。

Cochlearは2010年にマレーシアに経営統括本部(OHQ)を設立し、それ以来マレーシア投資開発庁(MIDA)は、事業と製造/グローバル修理センター・サービスを更に拡大するよう説得するため、当社への密接な働きかけを続けてきました。

Cochlear Malaysia Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

Daiichi Seiko (M) Sdn.Bhd.は日本の第一精工グループの子会社であり、精密機器の製造を専門としています。当社のコア・コンピテンシーは創業時から受け継がれた金型ツーリング技術に基づいており、当社の製品とサービスに新しい価値をもたらし続けています。当社は、開発や製造が難しいと思われていた製品を難易度の高い新手法で製造し、最先端技術によって付加価値を高めることにより、努力を続けています。

Daiichi Seiko (M) Sdn.Bhd.は2017年に、日本の第一精工グループの生産力を更に拡大するため、ジョホール州ヌサジャヤで設立されました。マレーシアだけでなく、全世界の顧客にサービスを提供することが主な目的です。当社は付加価値のある製品やサービスを提供し、次世代技術開発への投資を続け、世界に認められた技術を提案することにより、顧客に存在感を示したいと考えています。

第一精工グループは、グループ全体で協力することにより、未来のイノベーションを実現するための創造力を維持しています。当社はこの競争上の強みを磨くことで、成果を上げ、ステークホルダーやコミュニティ全体に貢献していく方針です。

マレーシアはASEAN地域内の戦略的な位置にあり、西洋と極東をつなぐアジアの主要海路が交わる所でもあります。ヌサジャヤ工場の設立により、シンガポールとの近さという強みを得たことで、より多くの事業機会が開けると予想しています。外国企業はマレーシアの有利な事業環境に魅了され、この国で事業拡大のための投資を行っています。

加えて、マレーシアの労働人口は、教育を受け、近代的な事業環境で必要とされる多くのスキルを備えています。もう1つの利点として、マレーシアの人件費は地域内の他の国々を下回っています。最も重要なのは、マレーシアの労働人口が安定しており、労働争議や暴動が比較的少ないことから、比較的低リスクで事業を行える点です。政治的に安定しており、平穏な暮らしができるマレーシアは、地震や津波、台風といった主な自然災害がない国でもあります。事業コストの低さの他にも、国の安定性や平和は、企業がリスクを評価する上で非常に重要な項目です。

とは言え、当社のマレーシア投資開発庁(MIDA)との関わりは常に非常に心地よいものでした。MIDAは情報を提供し、政府関係者との業務を支援することで、事業立ち上げの初期段階で我々を支援してくれました。MIDA職員は有能であり、事業の立ち上げや拡大、およびインセンティブに関する様々な分野について、幅広い知識を有しています。

Daiichi Seiko (M) Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

Testhub は、グローバルな多国籍企業に自動車用半導体テスト用のテスト ボード/テスト プログラム ソリューションのワンストップ設計、開発、製造を提供します。

技術的ノウハウ/R&D:

科学技術(S&T)指数:80%。自動車向け半導体のテスト・ソリューションのR&D活動(テスト回路図の設計、テスト・プログラム、プリント基板(PCB)の設計とレイアウト、テスト用ハードウェアとソフトウェアの開発、自動車規格に基づいた製品の特性化と適格性確認など)。研究所で投資を行った、Teradyne Flex、Eagleのテスタ群およびAdvantest T2000 IPSテスタを用いた検査手法について、幅広い経験を有しています。

プロジェクトのハイライト:

1) Testhub Sdn. Bhd.は、マレーシアで唯一テストボード/テスト・プログラムの設計・製造能力を有する事業体であり、世界中の多国籍企業にワンストップのテスト・ソリューションを提供しています。当社のテスト・ソリューションを利用している顧客は、大幅なコスト削減と生産性の向上を実現しています。

2) 当社は現在マレーシア人50人を雇用しており、S&T指数は80%となっています。当社は事業拡大プロジェクトを通じて、2018年から4年以内に、マレーシア人従業員の数を100人まで拡大する計画です。

3) 知識集約型企業である当社は、高所得国の仲間入りを果たすというこの国の野心に沿って、地元の電気・電子工学分野や物理学分野の高スキル人材を雇用しています。エンジニアの月間報酬はRM3,000.00~RM15,000.00です。

今後の展望

1) Testhub Sdn. Bhd.は地元企業であり、かつては国際的な多国籍企業に勤務していた経験豊富なパイオニア・チームや、長年にわたるグローバル顧客との幅広い技術協力/契約から技術的な専門知識を得ています。

2) Testhubの設立は、当社が今やパイオニアとなったテスト・ソリューションに従事するマレーシアの多くの地元企業にプラスの影響を与えています。またTesthubは、地元の大学と協力して、この分野のより多くの地元人材を育成しています。

3) 当社は2018年からの今後3年間で新しい検査技術、機器およびツールにRM3,000万の投資を予定しており、今後5年間で、科学技術分野のマレーシア人50人に新たな就業機会を提供する予定です。

Testhub Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

IOI Corp Bhd.の子会社であるIOI Oleochemicalは、世界最大のオレオケミカル・メーカーの1つであり、脂肪酸、グリセリン、ソープヌードル、脂肪酸エステルおよび川下の特殊オレオケミカル派生物を製造しています。マレーシア法人はペナン州とジョホール州に製造施設を設置し、80ヶ国以上の顧客に製品を供給しています。

詳細は当社のウェブサイトhttp://www.ioioleo.com/au_ioioleo.htmlをご覧ください。

IOI Oleochemicals Industries Berhad


Content Type:

Duration:

1991年に設立され、マレーシアに本社のあるTop Glove Corporation Bhdは、世界最大の手袋メーカーです。1つの工場と1つの手袋製造ラインしかない地元企業としてスタートした当社は、今や世界のゴム手袋市場の26%を占めています。当社はマレーシア、タイおよび中国で製造事業を展開しています。またこれらの諸国のほか、米国、ドイツ、ブラジルにマーケティング拠点を開設しており、世界195ヶ国の2,000以上の顧客に製品を輸出しています。

Top Gloveは、1万8,000人の従業員に支えられ、長年かけて有効性が実証された業務方針に従い、高品質な手袋を、効率的な低コストで生産し続けています。Top Gloveは、これまでの実績に満足することなく、2020年末までに世界市場のシェアを30%まで拡大するなどの、より高い目標に照準を合わせています。

Top Glove Corporation Bhd


Content Type:

Duration:

United Capsは、マレーシアに、人間の介入を最小限に抑えるよう設計された、全自動のスマート製造工場を所有しています。投資額はRM1億2,200万にのぼります。

United Caps


Content Type:

Duration:

Pengerang Refining Company Sdn Bhd と Pengerang Petrochemical Sdn Bhd (総称して PRefChem) は、世界最大で最も成功している国営石油会社 2 社の戦略的提携から形成された 2 つの合弁会社です。マレーシアとサウジアラビアの国営石油会社であるサウジアラムコ。 PRefChem は、マレーシア南部のジョホール州にあるペンゲラン統合コンプレックス (PIC) の重要な部分を形成する製油所および石油化学コンプレックスを所有および運営しています。

このスマートなパートナーシップにより、PIC 内の製油所、クラッカー、および石油化学施設の運営において、確保されたリソース、最先端のテクノロジー、膨大な量の経験、および 2 つの世界クラスの企業の商業的存在感が結集します。

精製施設は、1 日あたり 300,000 バレルの原油を処理する能力があり、Euro 5 燃料仕様を満たすジェット燃料、モーター ガソリン、ディーゼルなど、さまざまな精製石油製品を生産しています。また、年間 340 万メートルトン (mtpa) の銘板容量を持つ石油化学コンビナートの原料も提供します。

ペンゲラン統合コンプレックス (PIC) は、270 億ドルの投資です。この精製所は、1 日あたり 300,000 バレルの原油を処理できます。

prefchem.com/ にアクセスしてください。

PrefChem


Content Type:

Duration:

1992年に設立されたBaerlocher Malaysiaは、アジア、環太平洋地域、中東のプラスチック産業向けの主要な添加剤サプライヤーとして、Baerlocherグループの企業を代表しています。

現地市場へのサービス提供の他に、製品の90%以上がインドネシア、バングラデシュ、タイ、ベトナム、フィリピン、中東、台湾、韓国、パキスタン、スリランカ、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドに輸出されています。

首都クアラルンプールに近いセレンバンにある同社は、パイプやプロファイル、窓、ケーブル、ワイヤー、フレキシブル ホース、合成皮革、床などの硬質可塑化アプリケーション向けのカルシウム ベースおよび従来のベースの PVC スタビライザーを製造しています。 、リジッドフィルム、パッケージングなど。

Baerlocher Malaysia は、特許を取得した独自の AV 技術を使用して、ポリマー、ゴム、建築、紙、および木のラッカーの用途で広く使用されているステアリン酸亜鉛やステアリン酸カルシウムなどの高純度の金属ステアリン酸塩を製造しています。 AV 技術により、粉塵の少ない粒状および粉末状の製品形態を製造できます。

Baerlocher


Content Type:

Duration:

1993年にマレーシアで設立されたAIN MEDICARE SDN BHDは、信頼ある大手医薬製品メーカーであり、大容量非経口投与医薬品、小容量非経口投与医薬品、洗浄液、血液透析濃縮物および腹膜透析液を扱っています。

マレー半島東海岸のクランタン州に位置するAIN MEDICAREは、数百万ドルかけて設立した最新の医薬品複合施設から事業を行っています。この施設は、1997年に元首相のマハティール・モハマド博士臨席の下で落成式が開かれ、製造フロア、微生物学研究所、化学研究所、倉庫、事務管理センターを完備しています。

Ain Medicare Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

Sengenics Sdn Bhdは、2008年に本社をここマレーシアに開設した機能的プロテオミクス企業であり、生物学的製剤の製造業を営んでいます。特許を取得したタンパク質アレイ技術であるKREX™は、元々はケンブリッジ大学で開発されたものですが、現在はSengenicsが所有しています。当社はマレーシアにRM 3,800万超を投資し、現在はクアラルンプールで1万5,000平方フィート超の研究所を運営しています。

Sengenics Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

マレーシアの国民車メーカーであるPROTONは、省エネ車(EEV)の生産に乗り出しました。DRB-HicomとGeelyのパートナーシップにより、スケールメリットの実現、経営の効率化、投資の最適化、および知識移転と技術移転が可能になりました。

www.proton.com にアクセスしてください。

PROTON Holdings


Content Type:

Duration:

SMH Railは機関車、無蓋貨車、鉄道車軸を製造し、整備・修理・オーバーホール(MRO)サービスを提供するマレーシア企業であり、20ヶ国以上で事業を展開しています。現在の雇用者数は80人を上回り、RM1億500万を投資して事業を拡大しました。

SMH Rail


Content Type:

Duration:

年間売上高80億ユーロ、従業員数3万9,000人、世界に約1,100のオフィスを構えるSchenkerは、世界の大手統合物流サービス・プロバイダーの1つであり、陸上輸送および航空・海上貨物輸送のほか、包括的な物流ソリューション、グローバル・サプライチェーン・マネジメントをも提供するワンストップ・サービス企業です。SchenkerはDeutsche Bahn AGの輸送・物流部門の一部です。

Schenkerのサービス内容は、税関業務や倉庫業務、流通を含め、物流や輸送に関する需要に応えられるよう、幅広く設計されています。マレーシアでは、世界、地域および現地の顧客に対し、あらゆる物流サービスを提供しています。

マレーシアのSchenkerは1979年に設立されましたが、年月と共に急速に成長し、今ではフルタイムの職員320人を雇用するまでになっています。Schenkerの本社はスバン・ジャヤにあり、クラン港、ペナン州のクアラルンプール国際空港(KLIA)、マラッカ州クリム、ジョホールバル、タンジュン・ペレパス港、イポーおよびクアンタンに支店があります。

「物流業界では、強力なグローバル・ネットワークは極めて重要な競争上の強みであり、マレーシアはアジア地域の重要な市場です」Schenker Logistics (Malaysia) Sdn Bhd.のマネージング・ディレクターを務めるWolfgang Laabsは言います。「マレーシアが成長を続け、マレーシア経済がハイテク産業や知識集約型産業、資本集約型産業に牽引される形で輸出主導型経済に移行しつつあることは、我々の決定が正しかったことを裏付けています。」

ジョホール州タンジュン・ペレパス港(PTP)にある保税施設は当社の自慢です。この施設は主要コンテナヤードから50メートルしか離れておらず、(等級1および3を除く)危険物(DG)や、温度に敏感な貨物にも対応しています。当社はタンジュン・ペレパス港の施設を、PTPを地域流通センターとして利用したい顧客に最適だと考えています。

Schenkerのマレーシアにおける最も多い取扱い商品の1つは、SCHENKERの航空部品です。当社は航空宇宙分野の企業と協力し、時間効率の良い、信頼できる方法で航空機やヘリコプターの部品を輸送しています。マレーシアのSchenkerは週7日、1日24時間対応のSchenkerグローバルAOG(緊急部品供給)デスク・ネットワークに組み込まれており、このサービスはマレーシアの航空宇宙業界から非常にご好評をいただいています。

Schenker


Content Type:

Duration:

Samsungはマレーシアに12億米ドル近い投資を行っており、マレーシアは当社にとって最大の海外投資先となっています。またこのことは、マレーシアが事業をしやすい環境であることを裏付けています。

当社は投資家として、税務上の優遇措置、効率的で発達したインフラ、そして質の高い人材の恩恵を受けてきました。当社のマレーシア事業がうまくいっているのは、これらの要因によるものです。当社のような業種に対するマレーシアの強力な支援は心強く、当社はマレーシアでの投資拡大に意欲的な姿勢を維持しています。

またマレーシアの裾野産業はレベルが高く、現地で高品質のコンポーネントを調達可能なことも、グローバル市場における当社製品の競争力を高めることにつながっています。

Samsung


Content Type:

Duration:

オランダのRoyal Philips Electronicsは世界最大のエレクトロニクス企業の1つであり、欧州最大のエレクトロニクス企業でもあります。60ヶ国以上で159,709人の従業員が勤務しており、2005年の売上高は304億ユーロでした。

Philipsは1930年代後半からマレーシアで事業を行ってきました。当時のPhilips Group企業によるマレーシアでの事業活動は、製造、輸出および現地での販売・マーケティングなどでした。1960年に最初に設立されたPhilips Malaysia Sdn Bhdは、指定代理店を通じて電球を販売しました。1970年代までには、Philipsがマーケティング業務を引き継ぎ、製品レンジを拡大しました。当社は今や、照明、半導体、医療システム、デジタル・ネットワーク、家電・パーソナルケア製品、および消費者エレクトロニクスなど様々な業種で信頼できる評判の良い企業という名声を確立しており、当社の事業活動は、製造、販売・マーケティング、技術的サポートおよび応用サポートで構成されています。

1992年7月、PhilipsとMotorolaは半導体Semiconductor Miniature Products (Malaysia) Sdn Bhdと呼ばれる合弁事業を設立しました。スレンバンのトゥアンク・ジャファー工業団地にあるこの会社の工場では、世界市場向けに表面実装型のディスクリート半導体を製造しており、ハイテク組立・検査も行っています。現在、同社はオランダのRoyal Philips Electronicsの完全子会社であり、工場では900人超の従業員を雇用しいます。

2005年8月、オランダのRoyal Philips Electronicsは、Agilent Technologyが保有していたLumileds Lighting Int B.Vの株式47%を取得しました。これにより、Philipsはソリッドステート照明を製造するLumiledsの支配持分を獲得し、ソリッドステート照明事業を更に拡大し、照明分野におけるリーダーとしての地位を固めることができました。ペナン州にあるLumileds拠点の年間生産額はRM7億にのぼります。高輝度LEDの世界市場は今後数年間、年間約25%の割合で成長すると見られ、Lumiledsの高輝度LED生産拠点はここマレーシアにしかないため、Philipsはその恩恵を受けるのに有利な立場にあります。Lumiledsの米国、オランダ、アジアの総従業員数1,760人のうち、1,200人がマレーシアに勤務しています。

「マレーシア政府は事業に有利な政策を取っており、そのおかげでマレーシア経済はこれからも底堅さを保ち、外国人投資家を引きつけ続けるでしょう。マレーシアの教育制度は、才能ある有スキル人材を輩出し続けています。政府は既にマレーシアを地域の教育ハブとし、知識労働者の育成にインセンティブを提供することで、前に進みつつあります」とマレーシアのPhilips Group企業の会長兼最高経営責任者(CEO)であるRajah Kumarは言います。「誰もがオンラインやオフラインでつながるよう、インフラ環境を改善し、ICT環境の開発を進めることが重要です。そうすれば、大企業は取引活動を現地企業に外注することが可能になり、また通信回線をリースする余裕がない中小企業の業務を高度なブロードバンド技術で支援することが可能になるでしょう」とKumarは付け加えました。

Philipsは黒字成長を維持すると決意しており、年間約RM30億の売上をあげ、マレーシア経済に大きく貢献しています。Philipsの目標は、アジア太平洋地域における自社の地位を高め、同地域が自社のグローバル収益の約3分の1を占めるようにすることです。Philipsが成功するためのカギは、中国、インド、ASEAN諸国のニーズが拡大するかどうかです。PhilipsはASEANを1つの総合市場と見ており、そこではマレーシアが重要な役割を果たします。Philips Malaysiaは、PhilipsのASEANグループ企業の総売上高に対する貢献度で第2位にランクインしています。

「我々はマレーシアへの投資に非常に満足しています。成功の尺度は、我々が得た有形・無形の便益です。無形の便益は、当社の長期的かつ持続可能な成長にとって根本的に重要です。有形の便益は売上高の伸びや利益、投資利益率(ROI)で直接測ることができますが、無形の便益はより深く、観念的であり、会社やそこで働く人々、事業に対する愛着をもたらします」とマレーシアのPhilips Group企業会長兼CEOは言います。

Philips


Content Type:

Duration:

Panasonic Industrial Company (M) Sdn Bhdは1996年にマレーシアでの営業を開始し、マレーシアの電機メーカーを対象に、電子部品および工場オートメーション化サービスのマーケティング、販売およびサービスを提供しています。

当社の製品は輸出市場と国内市場に出荷されています。当社はパナソニックグループの一員であり、そのため当社の全製品は他のパナソニック子会社や、マレーシア内外の工場から調達しています。

当社はパナソニックの企業理念である「Ideas For Life」を遵守し、ワンストップの販売センターとして、成長を続ける輸出・国内市場をサポートしています。当社の売上は、当社の電子部品を真空掃除機、携帯電話、テレビ、コンピューターなどの自社製品に使用する他の消費財企業によってもたらされます。

当社がマレーシアで事業を開始した主な要因は、英語が堪能なマレーシアの多人種・多言語労働人口にあります。加えて、発達したインフラや活気のある事業環境も、当社の事業にとって理想的な立地となっています。

マレーシア政府の事業支援策や魅力的な優遇措置のおかげで、当社は質の高い製品を競争力のある価格で提供することが可能となっています。

Panasonic Industrial


Content Type:

Duration:

OSRAM Opto Semiconductors GmbHは、照明、センシングおよびビジュアライゼーション・セクター向けの光電子工学半導体を製造する世界的大手の1つであり、半導体、コンバータ素材およびパッケージングに関する幅広いノウハウを有しています。

ドイツのレーゲンスブルクにある本社と、ペナン州(マレーシア)の生産拠点、そして世界の営業所ネットワークでは、4,600人以上が働いています。

当社は、光電子工学半導体コンポーネントの30年以上にわたる開発・製造で培った経験を活かしています。

それを裏付けるように、当社は様々な半導体技術分野で3,000件以上の特許を取得しています。加えて、照明セクターでは、親会社OSRAMの100年前の実績にさかのぼる豊富な経験があります。

この集中的な知識や、革新的な製品、技術およびビジョンが相まって、OSRAM Opto Semiconductorsは照明アプリケーション向け半導体技術に関するあらゆる事柄において、非常に優秀なパートナーとなっています。

OSRAM Opto Semiconductors (Malaysia) Sdn. Bhd.には、精密性とタイムリーな製品開発を両立させた、優れた技術革新の実績があります。

当社のペナン州の拠点では20年以上にわたり、世界中に販売するLEDを製造してきました。現在、ペナン州には世界最先端のLEDチップ工場があります。

LED市場は成長著しい未来の市場であり、非常に大きな可能性を秘めています。Osramは長期的に、市場の首位の座を確保することを目指しています。

当社はイノベーションだけでなく、ドイツとマレーシアの施設の生産能力の拡大にも投資しています。レーゲンスブルクとペナン州は当社の成長戦略の重要な柱であり、革新的なLED技術の拠点でもあります。

レーゲンスブルクのメイン工場に加えて、ペナン州のウェーハ製造工場では、大量の照明および消費財アプリケーション向け需要の高まりに応えるため、最新の窒化技術を用いてLEDチップを製造しています。

新工場への総投資額は、最終的に数千万ユーロ台後半となり、800人超の新規雇用を創出し、OSRAMは北部地域で最大の雇用主の1つとなる見通しです。

OSRAM Opto Semiconductors (M) Sdn. Bhd.


Content Type:

Duration:

Knowlesの高精密音声機器の設計・製造能力は、数十年に及ぶ聴覚補助分野でのリーダーシップに由来します。1946年に設立されたKnowles Electronicsは、1950年代に聴覚補助コンポーネント市場を切り開き、今もこの市場における揺るぎないリーダーとして、聴覚補助機器の設計や、それ以外の音声機器についての新しいアイデアを提供し続けています。

当社は最近、1,000万米ドルを投じて現在4階建てのビルに2つのフロアを建て増しする追加投資を承認しました。さらにこの拡張は、高精密小型音響変換器(マイク)を製造する主要拠点の1つとしてのマレーシアに対するKnowlesの信頼を表しています。

Knowlesが投資先および事業拠点としてマレーシアを選んだ理由はいくつかあります。第一に、マレーシアは、十分な教育を受け、献身的で、高度な訓練を受けた労働人口によって支えられています。これは、多国籍企業が現地で過去30年にわたり事業を成功させてきた結果です。第二に、マレーシア政府による、企業を優遇する投資支援策を追い風に、国外からの投資が勢いを増しています。最後に、マレーシアには優れたインフラとサプライチェーンのサポートが整っており、そのためマレーシアは極めてコスト競争力の高い事業拠点となっています」Knowles Electronicsのバイス・プレジデント兼最高総務責任者であるRay Cabreraは言います。

Knowlesは、マレーシア事業の更なる躍進を期待しており、それが実現可能であると確信しています。

Knowles Electronics


Content Type:

Duration:

1981年、Lucasは、自動車向け電気・エレクトロニクス製品の低コストの製造拠点によって当時の英国の親会社を支援するため、海外生産施設を設立しました。当時Lucasがマレーシアを選んだ理由は、政治的・財政的に安定しているという評判や、政府の外資自由化政策、税務上の優遇措置、および十分な教育を受けており、学習意欲が高く労働人口にありました。もう1つの非常に重要な要因としては、海路と空路の交通手段が発達しており、欧州顧客へのジャストインタイム納品が可能なことが挙げられます。

Lucasは、生産施設の設立決定から26週間で、最初の建物を予算内で完成させました。1982年当時、精密プラスチック成形や金属プレス加工をはじめとする、支えとなるインフラは、現地のSMIが品質、コストおよび納期に関する国際社会の期待に応えられるよう、積極的なサプライヤー開発プログラムが必要な状況でした。今日の投資家は、Lucasのようなパイオニア企業が、現地のサプライチェーンを世界レベルの製造基準に適合するように開発した成果を享受しています。

元々有利だった事業環境は、進出初期の頃から年々改善されていき、Lucasは1988年に再び新しい建物への投資と拡張を行い、1998年後半に現地にR&D施設を建設しました。これにより、今後新 製品の研究、設計、開発および検査の自己充足度を高めることができる見通しでした。

マレーシア進出から20年間が経過するLucasは、マレーシアにおける優れた生活の質を全面的に証明することができます。

Lucas


Content Type:

Duration:

Mieco Chipboard Berhad(MIECO)は1972年に設立されました。1998年からマレーシア証券取引所のメイン・ボードに上場されています。MIECOは1976年に最初の生産ラインの操業を開始し、今では熱帯のオークの木として知られるゴムの木を使用して合板を製造するマレーシアのパイオニア企業となりました。

MIECOはパハン州ゲベンとクアラ・リピスに2つの工場を有しており、合計生産能力は年間90万立方メートルです。MIECO製の合板は、耐湿性合板と非耐湿性合板の両方に適用される、欧州共同体のBS EN 312規格などの国際的な環境基準に適合しており、ホルムアルデヒド放散等級はE1およびE2となっています。MIECOはAJA EQS CertificationからISO 9001品質管理システムの認証を受けています。またMIECOは、米国環境保護庁(EPA)のほか、欧州や日本の環境基準に合致する多くのエコ・マークを取得しています。

MIECOは創業時から常に、運営・製造管理拠点をマレーシアに置いてきました。マレーシアで生産される多くの豊富な天然資源を活用することで、MIECOは国内外の市場のリーダーの地位を確立することに成功し、中国、韓国、日本、インドその他多くの市場で幅広い顧客基盤を有しています。現在、MIECOは製品の約80%を地元市場で、残りの20%を国外市場で販売しています。

継続的な品質改善というスローガンや、新たな経営陣の方針に従い、MIECOは一連の事業拡大計画に乗りだし、その一環として2018年にGreat Platform Sdn. Bhd.(Great Platform)を買収しました。この買収により、MIECOの生産力は大幅に拡大し、効率性とスケールメリットが更に改善されました。さらに、中密度繊維板という新しい製品セグメントが加わったことで、MIECOの市場における存在感が自動的に高まり、マレーシアで販売する製品の種類も拡大すると見られます。

MIECOは、創業からの46年間を通じて、熱帯性気候、熟練労働者、健全なインフラ、安全で政治的に安定した環境などのプラス要因を持つマレーシアの有利な事業環境の中で事業を営み、収益をあげてきました。MIECOは、マレーシアでの事業拡大により、自社を1段高いレベルに引き上げることができると確信しています。

MIECO


Content Type:

Duration:

カネカは現在、ベルギー、米国、シンガポール、マレーシア、中国、台湾、オーストラリア、インド、ベトナムなど国外に合計23の子会社を有しており、全世界の総従業員数は8,600人超にのぼります。カネカのマレーシア事業は、PVC製品用の強化剤と加工助剤の製造を目的として、1995年8月にパハン州クアンタンのゲベン工業団地にKaneka (Malaysia) Sdn. Bhd.を設立した時から始まります。他の企業は、発泡ポリエチレンおよびポリプロピレンペレット、ビーズおよび厚板、DPVC & EPVCペースト、合成繊維、ポリイミドフィルム、グラファイトシートおよびグラファイトシート・ステッカーなど様々な製品を製造するために後から設立されました。マレーシアのカネカグループ企業は以下の5社で構成されています。

1.Kaneka (Malaysia) Sdn. Bhd [KM]

2.Kaneka Eperan Sdn. Bhd [KEP]

3.Kaneka Paste Polymers Sdn. Bhd [KPP]

4.Kaneka Innovative Fibers Sdn. Bhd [KIF]

5.Kaneka Apical Malaysia Sdn. Bhd [KAM]

またカネカは、アジアシフト政策に基づき、RM10億超をかけてマレーシアにMSポリマー、生分解性ポリマーPHBHおよびモダクリル繊維プロジェクトなどの新たな事業を設立している段階です。

カネカがマレーシアへの投資を続けると決定した大きな理由は、失業率や債務返済比率が低く、力強いマレーシア経済、魅力的な税務上の優遇措置を通じた政府による支援策、高度に発達したインフラ、政治的安定性、教育を受けた労働人口、および他の支援設備が整っていることにあります。

カネカ(Kaneka Corporation)


Content Type:

Duration:

INTEL Microelectronics (M) Sdn. Bhd.-Intel Corporationは1968年にカリフォルニア州で設立されました。当社はシリコンに関するイノベーションの世界的リーダーであり、世界最大のメモリチップ・メーカーでもあります。Intel Malaysiaは1972年にペナン州で設立されました。当初の従業員数は100人に過ぎませんでしたが、Intel Corporationの米国外で最大かつ最も多様性に富んだ拠点へと進化しました。現在、Intel Malaysiaはマイクロプロセッサ、チップセット、ネットワーク・プロセッサおよびマイクロコントローラーを含む幅広い製品レンジに対応しており、これまでに製造したマイクロチップは40億個を上回ります。

Intel Malaysiaは、最新のIntel製品のハイテク製造・設計・開発活動、グローバル・シェアードサービス、および企業の社会的責任(CSR)活動を通じて、この国の社会と経済の発展に貢献してきました。当社は過去42年間でRM140億超の投資を行い、高スキルのマレーシア人9,000人を雇用しています。

Intel Malaysiaのマレーシアにあるグローバル・サービス・センター(GSC)は、半導体その他のコンピューター・デバイスの研究、設計、開発およびそれに関連する付随的活動や、財務、人事、IT、調達、製造、物流、倉庫保管および営業サービスに関連したサービス活動を実施しています。

Intel Microelectronics


Content Type:

Duration:

Ismeca Malaysia Sdn. Bhd.はアメリカ合衆国のCohu Semiconductor Equipment Groupの完全子会社です。Cohuは、ICおよびLEDテストハンドラ、微小電気機械システム(MEMS)テストモジュール、半導体メーカーおよび検査下請会社による最終テスト、バーンインおよびシステムレベルテストに用いるバックエンドの仕上げ装置および熱サブシステムの大手サプライヤーです。

当社の国際調達センターは、製造業務に必要な原料やコンポーネントの調達と、完成財のグローバル市場への販売を支援する従業員63人の雇用を創出し、所得RM3,000超の仕事をマレーシア人に提供する予定です。

​Ismeca Malaysia


Content Type:

Duration:

wpChatIcon
X