日本語
contrastBtngrayscaleBtn oku-icon

|

plusBtn crossBtn minusBtn

|

This site
is mobile
responsive

東レ

東レは1926年に日本で設立されました。化学複合企業である当社は、世界各地で多角的な事業を営んでいます。1970年代から始まった東レのマレーシア事業は、東レによる日本国外での主な投資の1つです。東レはToray Group (Malaysia)という総称で呼ばれており、Toray Industries (Malaysia)の監督下で、ペナン州の戦略的工業団地において、Penfibre、PenfabricおよびToray Plastics (Malaysia)を通じて7つの製造工場を運営し、またパハン州のクアンタンで合弁事業Toray BASF PBT Resinを運営しています。現在、当グループはポリエステル・ステープル繊維、織物(織布、糸染織物、および縫糸用生糸)、エンジニアリング・プラスチック樹脂(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂およびポリブチレンテレフタレート(PBT)樹脂)、ならびにバッテリーセパレータフィルムを含むポリエチレン・テレフタル酸エステル(ポリエステル・フィルム)の製造とマーケティングを行っています。

工場の継続的な近代化・拡張活動や、他の合弁事業、国際調達センターおよびサービス会社のほかに、当グループの現地事業または国外事業を補うために、Toray Malaysia Systems Solutionが設立されました。

47年以上前に設立されて以来、東レはマレーシアの安定した経済的・政治的環境や、戦略的立地、うまく統合された原料サプライチェーン、近代的インフラ、豊富なエネルギー資源、寛大な税制度、投資奨励金、そして高スキルの人材に魅了されてきました。

より重要な点として、東レはマレーシア投資開発庁(MIDA)や国際貿易産業省(MITI)をはじめとする連邦当局から多大なサポートや助言、ご支援をいただき、マレーシアの経済発展と歩調を合わせながら、ますます成長を遂げてきました。東レは革新的なプロジェクトを通じてマレーシア事業を引き続き拡大しようとしており、このことは、当グループが地域のバリューチェーンの川上に移動することに役立つと思われます」と東レのマレーシアの首席代表兼Toray Industries (Malaysia)のマネージング・ディレクターであるTeh Hock Soonは言います。

責任ある企業市民として、東レは自然環境の保全に取り組み、様々なCSRプロジェクトを通じて現地コミュニティに還元しています。その一例としては、マレーシアにおける科学技術の振興を目的として1993年にマレーシア東レ科学振興財団を設立したことや、マレーシア科学大学(USM)に東レ USMナレッジトランスファーセンターを、スブラン・ジャヤにオリンピックサイズの水泳プール複合施設を、およびバトゥカワン・スタジアムに電光掲示板を寄贈したことが挙げられます。

東レ


Content Type:

Duration:

ソニーは1980年代にマレーシアでオーディオ/ビジュアル製品の製造を開始しました。当社はDVD、CD-RW、フラットスクリーン、TV、オーディオ製品およびハイファイ装置などのハイテク製品を製造しています。当社のマレーシアへの累積投資額はRM20億を上回ります。

マレーシアは事業拠点として非常に優れています。マレーシア政府が、優れたインフラの開発や、質の高い従業員の雇用を可能にする素晴らしい教育制度を通じて行ってきた支援は、称賛に値します。

マレーシアには多くのコンポーネント・サプライヤーが存在するため、当社はシンガポールから当地に拠点を移し、世界の他のソニー企業に部品を調達するための国際調達拠点を設立しました。

マレーシアの政治的・経済的安定性は、これまでも、これからも、我々が成功を収めるための理想的な投資環境を提供してくれるでしょう。

ソニー


Content Type:

Duration:

シャープは25年以上前からマレーシアで事業を営んでおり、今も拡大を続けています。現在は6社で8,500人超の従業員を雇用しています。各社はそれぞれ輸出市場および国内市場向け製品の製造を専門としています。

Sharp Electronics (M) Sdn. Bhd.(SEM)がマレーシアで事業を始めたのは6年前であり、マレーシアにあるシャープの企業としては最も若い企業です。SEMは、グローバル調達センター兼サービスおよび部品販売会社としての役割を果たすかたわら、R&Dセンターとして、当社の職員が新製品の研究、設計、開発および検査を実施することを可能にしてきました。

マレーシアの人員は魅力的であり、R&D活動をマレーシアに統合できたのはそのためです。シャープのマレーシア人エンジニア650人のうち、250人がSEMで働いています。当社の現地エンジニアは非常に独創的で、製品の設計と開発に積極的に関わっています。

マレーシアはシャープにとって世界最大の国外輸出・生産拠点です。我々はマレーシアを、多くの理由で理想的な投資先だと考えています。

第一に、マレーシアに投資する企業への、政府による手厚い支援が挙げられます。問題は迅速に解決され、すぐに支援を得ることができます。SEMが経営統括本部としての地位を申請した際も、滞りなく手続きを行うことができました。我々が1999年12月にISO 14001認証を取得できたのも、現地政府による支援のおかげです。

我々にとってのもう1つのメリットは、マレーシアは電気・エレクトロニクス産業の多くの企業の生産拠点になっているという点です。ここでは、完成財、部品および原料を製造する多くのメーカーが共存しており、この競争が激しい環境のために、マレーシアは高品質の製品を競争力のある価格で提供することが可能となっています。

シャープ (Sharp)


Content Type:

Duration:

wpChatIcon
X