This site
is mobile
responsive

Other Services – Telecommunications

電気通信

電気通信サブセクターは、通信およびマルチメディア(電気通信、郵便、放送)関連の事業を対象としており、これらはマレーシア通信・マルチメディア委員会(MCMC)が管轄します。

 

2019年1月-9月に認可された投資額は49億8,000万リンギットでした。 402件の電気通信関連プロジェクトを国内資本が推進しました。

 

国家ファイバー化・接続計画(2019 – 2023年)は、持続可能で競争力があり、包括的、高品質で手ごろな価格の接続環境の提供を目指しています。第4次産業革命に際し、政府は引き続き、マレーシアのデジタル経済の発展に対する国民と企業の関与を促進していきます

 

もっと高速で効率が良い接続を実現するため、電気通信業者は、超高速でより安定した接続ができる第5世代(5G )モバイル・インターネット接続のための準備を行っています。5Gを使えば、より手ごろなデータプランの提供、速度と容量の向上、提供範囲の拡大が約束され、企業がIoTやスマート・マシーンに依拠するのを支援します。恩恵を受ける分野としては、例えばネットワーク・スライシングまたはネットワーク機能仮想化(NFV)があります。NFV ではサービスの速度向上のため、ネットワーク・サービスをソフトウェアで開発するため、企業にとって枢要なシステムがモバイル・インターネット上で敏速性を維持できます。5Gの恩恵を受ける他の分野には、eヘルス、保安システム、遠隔調査などがあります。

RM49億8,000万

2019年の

認可投資総額
(2019年1月-9月 )

402件

認可プロジェクト件数

国家ファイバー化・接続計画(NFCP)の目的

 

国民のウェルビーイングと国家の進歩のために、確立され普及した、高品質で手ごろな価格のデジタル接続を提供することを目指す取り組み。

国家ファイバー化・接続計画(NFCP)

NFCPはマレーシアのウェルビーイングと進歩のために、確立され普及した、高品質で手ごろな価格のデジタル接続を提供することを目指す取り組みです。

ファイバー・ネットワーク

2022年までにファイバー・ネットワークを70%の学校、病院、図書館、警察署、郵便局に敷設します。

30Mbps

2023年までに人口密集地域の98%における平均通信速度を 30Mbps にします

100% の利用可能性

2021年までに州都および影響が大きい地域の屋内での利用可能性を100%とし、最低速度を500 Mbpsとします

接続普及率

出所:マレーシア通信・マルチメディア委員会(MCMC)の2020年第1四半期発表データ

127.4%

ブロードバンド

133.6%

モバイル-セルラー

87.0%

有料TV

19.8%

固定電話

注記:
1. ブロードバンド、モバイル-セルラー、固定電話については、住民100人ごとの普及率。
2. 有料TV については、100利用世帯ごとの普及率。

事業の開始

貴社の投資のためにマレーシアが提供する競争上の優位性と比較優位性を貴社が検討されているならば、MIDAは貴社の事業を全面的に支援します。貴社の事業運営の拡張を援助するための私たち専用のリソース、広範な施設、あるいは事業相談サービスをご利用ください。
電気通信サービス・サブセクターにおける政策、優遇措置、施設について、詳細はこちらから。
マレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)のウェブサイトで詳細をご覧ください。
wpChatIcon
X